生活の知恵で人生をバージョンアップ

生活の知恵で人生をバージョンアップ│知恵のガイド

車を購入する場合年収の半分以下の予算にするといい

2017.11.16

車を購入しようと考えた場合まず予算をどのくらいにするのか考えましょう。

ムリなローンを組むと後からの支払いが大変になり生活が圧迫します。

今の年収から考えるとどのくらいの車の予算がいいのか、予算の目安についてまとめてみました。

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

リビングに置くテレビは何インチが適正なのかご紹介!

リビングのテレビの大きさって皆さんどれくらいですか?実はリビングの広さによって適したテレビのインチが...

電車の座席に荷物を置くのはダメです!マナーについて

電車に乗った時に荷物はどこに置いていますか?座席に荷物を置いて占領しているような人たまにいますよね。...

雪の中に車を放置するのは危険!?お役立ち情報をご紹介します!

突然の大雪で車を雪の中から掘り出すことができない状況を、経験されたことはありませんか? 2~3...

スポンサーリンク

車を購入したい!車は年収の半分以下の予算にしよう

年収の半分以下にすることで生活に余裕が出来ます。そのことを元に各年収別に金額を出してみると以下のようになりした。

年収1.000万円以上:500万程の車が目安になる。
このくらい年収を毎年稼いでいる人の場合、年収の割合は全然気にしなくてもいいのかもしれません。ベンツ、BMWなどの高級な外車はいかかでしょうか。

年収800万円以上:400万円程の車が目安になる。
高級車にすることも可能になります。

年収600万以上:300万程の車が目安になる。
新車で購入できる車も多いですが、中古車も視野にいれると選択肢がさらに増えます。

年収400万以上:200万程になる。
軽自動車ならほどんどの車種を新車で購入することが出来ます。中古車も視野にいれると選択肢がさらに増えます。

年収300万以上:150万程になる。
軽自動車なら新車で購入ができる車も多くあります。

年収300万以下:100万程度が目安。
軽自動車や中古車が主になります。

少し無理をして、ワンランク上の車が欲しいと思ったり、余裕がある生活にしたいと考えている場合は目安を下げたりするといいですね。

車は年収によって乗れる車は決まる?予算はよく考えて

可能なら車は新車又は新車に近い新古車を買った方がいいです。なぜなら修理や税金が安くなるから。新しいと修理が少ないです。確率にしても間違いなく中古車よりも新車の方が修理するリスクは低くなります。

税金は13年経過すると自動車税が増税、重量税も上がります。これは大きな負担になりますよね。新車の場合今はエコカー減税と言うものがあります。自動車税や重量税が軽減や免税されますのでとてもありがたい話です。13年経過なんて遠い話になります。

新車に近い車を購入した場合10年以上は乗れます。なので10年計画で車の予算を決めましょう。

長く目で見て、いくら位の車を購入出来るのか!きちんと考える必要があります。理由は車はすごく費用が掛かるからです。

10年間と考えて300万の車だとしても年間に30万円かかると言うことになります。年間、車に30万も支払えないをなるともう少し低い予算にしないといけません。

車を購入したい!年収が少ないから予算が・・・。

年収250万円の場合は軽自動車がいい!と思っていませんか?本当は軽自動車じゃなくてもいいんです。

軽自動車が悪いという訳ではありませんが、予算で諦めてしまい、軽自動車しか購入できないと思って欲しくありません。

今は軽自動車はそれなりのグレードの物を購入しようとすると、普通車のコンパクトカーよりも高い場合もあります。中古車でもそのような傾向があるので、今は軽自動車は安いをいう時代ではないんです。

新車を購入する場合軽自動車、普通車の場合は中古車を検討するのがいいかもしれませんが、軽自動車が安いということはないので確認が必要になります。

中古車は新車を購入するより危険があると言われています。新車でもノーリスクとは言えません。高いお金を支払いしたり、ローンを組んだ車が事故や盗難に合う可能性もあります。

ですから中古車を購入するということは故障するかもしれない可能性が新車を買った時を比べると高く、質の悪い車でなければ差ほど変わりはないのではないでしょうか。

そのような危険があることで車を安く購入できるのなら中古車を購入すると言う決断もあります。

車には維持費もたくさんかかる。年収だけで予算は決めないで!

車の購入を考えている人は、年収に見合う車を考えている人が多いです。よく聞くのが「年収の半分を車の購入代金にする」といいます。でもこれには確かな根拠はないのです。

実際に年収(手取り)よりも車を持っているメリットを考えて、どのくらいの予算にするかによります。車の維持にかかるお金は、新車価格や燃費うんぬんよりも、駐車場代やガソリン代、保険代などがかなりかかりませす。

他にも、気になる人が多いのが世間体ではありませんか?

我が家もも車を購入する時は色々悩みました。インターネットで検索すると「年収○○円以上に合った車は○○!」という見出しを・・・。

一応参考にはしましたが、自分が購入する車は他の人の評価で決めるのはおかしいですよね。お家や服などと一緒で車も自分の好きな車を選んで購入すればいいんです。好きな車を買うと大事にしますよ。

車の購入はローンよりも現金で買える範囲がいい

家賃が手取りの3割は必ず必要な固定支出です。なので家賃と合わせて手取りの3割までなら車にかけていいお金だと考えらえています。

そのような考えだと、月収20万の場合家賃6万円払っている人は現金で購入した軽自動車を維持するのがやっとだと思います。逆に実家に住んでいる人で家賃の支払いがない人はローンを組んでもそれなりの車を購入できると思います。私は車は現金で購入するものだと思っています、

私の意見としては年収の半分位までて、現金で購入するのが一番いいです。私も車にはちょっと興味があって、乗るのもカッコよくするのも好きです。でも車は生活を圧迫することのない現金で帰る範囲で購入するものだと思っています。

 - 家電・乗り物