生活の知恵で人生をバージョンアップ

生活の知恵で人生をバージョンアップ│知恵のガイド

髪の毛をショートにして失敗しちゃう原因と対処法について

2017.9.24

髪の毛を急にショートにしたくなる時ありますよね。でも失敗が怖い・・・。

失敗しない為にはどうしたらいいのか、失敗する原因や対処方法をご紹介いたします。

スタイリング次第では失敗をカバーする事もできますよ♪

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

冬に髪を洗う頻度はどれくらい?実は毎日洗う必要はないのです!

夏と冬では汗のかき方も違うため、髪を洗う頻度にも悩みますよね。 日本では毎日シャンプーを使って...

髪を洗う頻度はどれくらい?適切なシャンプー回数について

髪を洗う頻度はどれくらいですか? 抜け毛が多い、髪がパサつく、切れ毛が多いなど、髪のトラブルは...

【40代必見】肌のハリが戻る方法は体の中からがポイント

肌のハリ次第で年齢よりも若く見えますよね。 40代になると肌は老化一直線!10代や20代の頃の...

お洒落女子必見♪セルフネイルのオフの仕方とケア方法をご紹介!

ネイルをしていたら必ず必要になってくるのは【オフする作業】 セルフネイルをしている人、間違って...

パンプスを冬に履くと寒い…寒さに負けそうな時の対処法!

パンプスを冬にも履きたいけど、寒いという理由でためらってしまうことはありませんか? 寒さを我慢...

女性の手が柔らかいとメリット沢山!?柔らかい手にする為には

手が柔らかい女性というのは、何かとメリットがあります。運気が良かったり、男性から好意を持たれることも...

パーマやボブが想像と違って変!失敗しないオーダー方法とは

パーマをかけたり、ボブって失敗しやすいヘアスタイルですよね。 仕上がりイメージを伝えたつもりで...

髪をショートカットにして後悔しない?バッサリ切る前の確認事項

失恋をした時や気分転換をしたい時など、女性は髪をバッサリとカットすることがあります。 ショート...

女性の体重が変動しやすいのはなぜ?その理由と対処方法

女性のほうが体重が変動しやすいのはどうして? 体重が変動しやすいのは、こんな理由からでした!?...

朝にフルーツの梨でダイエット効果も期待できますよ!

朝にフルーツ摂取していますか? 梨は食物繊維が豊富ななので、便秘でお困りの方にはおススメのフル...

肌のハリが戻る方法はある!お肌に良い方法は試す価値あり!

私は30代後半の主婦です。20代前半のつるつるでハリのあった肌も、今ではすっかりたるみハリも感じなく...

毎日、腹筋10回!続ければ素敵なボディを手に入れられる!

毎日、腹筋を10回するだけでもポッコリお腹を改善することができます。 塵も積もれば山となる! ...

頬や小鼻の毛穴が黒い原因は?対処方法についてご紹介

頬や小鼻の毛穴が黒いと悩んでいる方少なくありません。 ちゃんと洗顔しているのに、なぜ毛穴に黒ず...

スポンサーリンク

髪の毛をショートに!失敗しない為の対策はコレ

思い切ってイメチェン!長い髪をショートにするには結構な覚悟が必要ですよね。

それなのに失敗をしてしまうと本当にガッカリ!では美容室で失敗をしない為にはどうしたらいいのでしょうか?
まずは自分のイメージをキチンと美容師さんに伝える事!これが一番重要です。

しかし意外と言葉では伝わらないことが多いんです。また伝わっていると思っても出来上がったヘアスタイルを鏡で見ると、伝わっていなかったことを実感する場合も・・・。

自分のイメージ通りの髪型に仕上げたいなら画像を見せてみてはいかがでしょうか。失敗を回避する事ができるのでは!?

ヘアカタログの切り抜きやスマホやパソコンで見つけた自分好みのヘアスタイルを保存して美容師さんに見てもらいましょう。これなら全然違った髪型になってしまう事を防げますよね。

ただ一つ注意をしたい事は、そのモデルさんの顔を自分の顔に置き換えてみる事。自分に似合うかどうかを見極める事が大切です。

ここをキッチリと抑えておかないと髪型は同じでも、何だかしっくりしないという事になってしまいますよ。

髪の毛をショートにして、失敗したと思う時は?

ショートにして失敗!?と思う時は、朝鏡を見た時に髪が思いっきり浮いてしまっている時。そう答える方も少なくないはず!

そうなんです。ショートにすると髪が上に浮いてしまったり、横に浮いてしまったりと厄介なんですよね~。
しかも美容室ではちゃんときまっていたのに、自分でどうにもできない・・・。

どうして髪の毛が浮いてしまうのでしょうか?その原因は主に二つ考えられます。

まず一つ目は髪質。
毛の量が多い方やくせ毛の方、髪質の硬い方など髪が膨らむため、ショートにすると浮いてしまうようです。

また二つ目の原因は髪の重さ。
髪が短くなるとその分重さがないので、髪が頭にそって真っすぐに生えてしまい髪が浮いてしまう原因に!

髪が浮いてしまう場合は髪が伸びるまで待つか、スタイリングで調整するしかありません・・・。

髪の毛をショートにして失敗したら、どうごまかす!?

【髪の色で雰囲気を変える】
ショートにしても髪が重たく感じる場合、髪にインパクトがありすぎる場合は、髪の色を少し明るくして見ると印象が違ってきます。美容師さんと相談をしてカラーリングをしてみてはどうでしょうか。

【パーマをかける】
かなり短くした場合以外ならパーマをかけてみるのも一つの手です。柔らかな軽い印象を演出する事ができますよ。

【スタイリング材を利用する】
男性や髪が極端に短い場合は、ワックスやムース、スプレーなどのスタイリング材を利用して髪型をアレンジしてみて下さい。髪の膨らみなどには十分に対応ができます。

その他には女性なら短くても髪の毛を耳にかけたりピンでとめるなど工夫をするだけでも印象を変える事ができます。まずは手軽な所から試してみてはいかがでしょうか。

くせ毛の髪の毛でもショートに出来ますよ♪

くせ毛の方は髪が広がりやすい特徴がありますが、髪の長さを少し変えたり、アレンジを加えたりする事でショートを楽しむことが出来ます。

また少しくせ毛がある方が、毛先を遊ばせることが出来て、ステキなヘアスタイルになる場合もありますよ!

くせ毛が強く出る場所によっては、カットの仕方でくせ毛を抑える事も出来るので、美容室に行ったときにキチンと髪質を美容師さんに伝えて対処してもらいましょう。

くせ毛が全体的に強いという方は、ストレートパーマや縮毛矯正をかける事でくせ毛を真っすぐにする事も可能です。

その他にもアイロンを使ったりしてくせ毛を伸ばす事も出来るので心配をしなくても大丈夫ですよ~。

ショートはスタイリングが難しい?!コツを掴めば大丈夫!

髪が短いと寝ぐせも出来やすいですよね~。クセが付いてしまった髪はスタイリングするのも大変!まずは軽く頭をお湯で洗ったり、水を根元からしっかりと付けて、クセを取りスタイリングをしやすくしましょう。

髪がパサついてまとめずらい時には洗い流さないタイプのトリートメントを使用するのもいいですよ。

髪の毛の水分をキチンとタオルで吸収したら、いよいよドライヤーの出番です。髪を広がらないようにする為にはドライヤーの風を上から45度の角度であてていきます。

決して下から風をあてないで下さいね。キューティクルに逆らって風をあてると髪が広がってゴワゴワの原因になってしまいます。

軽く髪が乾いたら少しずつ髪を手に取り、ねじりながらドライヤーを当てていきましょう。髪を指にくるくると巻き付けていくような感じです。そうすると髪が広がらず、いい感じにまとまりますよ。

髪が乾いたらワックスなどのスタイリング剤で毛先の向きなどを調整して出来上がりです。

最初は時間がかかっても、だんだんと慣れてコツもつかめてくると短時間で仕上げられるようになります!髪を自分のイメージ通りにスタイリングして、気持ちのいい1日を過ごしてくださいね♪

 - 美容・ファッション