生活の知恵で人生をバージョンアップ

生活の知恵で人生をバージョンアップ│知恵のガイド

田舎では結婚が早いという説は本当?トップは男女共に福島県

2017.9.14

都会でバリバリ働いて、遊んで、たまに田舎に帰ると同級生がみんな結婚している!?

田舎では結婚が早いってよく耳にするけど実際はどう?

考えられる地方早婚の理由ってどんなことがあげられる?田舎では本当に早婚なのか調べてみました。

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

彼女を実家に呼ぶイコール結婚??両親に彼女を紹介

彼女を実家に呼ぶことになった! これって結婚を前提に両親へ彼女を紹介するということ?! ...

友人を結婚式に招待したい!海外で行う場合は費用がポイント

結婚式を海外で行うカップルも増えてきているようですが、その時に問題になるのが「参列者をどうするか。」...

旦那に子供の面倒を見て欲しい妻たちへ!旦那を変える方法とは

二人の子供なのに旦那がちっとも子供の面倒を見てくれなくて不満がたまって文句を行ってしまった経験はあり...

会社の先輩が好き!告白する?しない?注意する事とは!

あなたは会社の先輩を好きになったら、告白をしますか? 告白がうまくいくタイミングがあるそうです...

あなたは旦那の転勤にはついていく派・残る派?悩める転勤問題

旦那が急に転勤になった!その時あなたはついていく?それとも残りますか? アンケートによると「つ...

結婚式の交通費事情!兄弟や身内の場合の交通費の場合!

結婚式で兄弟が遠方から駆けつけてくれた!そんな時は交通費としていくらかを負担したという人が多いと思い...

結婚式を挙げたいけど貯金がない!式を挙げたいカップルへ

結婚が決まると、結婚式はどうするかという話になりますよね。 貯金がある人なら良いですが、みんな...

ハワイで挙式を挙げるなら!2人にとって素敵な挙式にする方法!

ハワイで挙式を挙げたい!と思っているカップルは多いはず。 憧れのハワイでの挙式を挙げるにはどう...

中学校の先生が好き!アプローチの方法など対処法を紹介します!

中学校の先生が好き!こんな経験はありませんか? 先生が好きだけど、どんなアプローチをしたらいい...

結婚式で花束贈呈を子供にしてもらったほうがいい?披露宴の演出

結婚式をこれから挙げる予定の方は、披露宴での花束贈呈の演出をどうしようか悩みますよね。 子供達...

彼女と仕事…。うまく行かない時に別れを考えてしまう

仕事が忙しく、彼女と別れるか考えてしまう男性っていますよね? 彼女との関係がうまく行かなかった...

同棲の初期費用は100万円!?初期費用の内訳や節約する方法

ワクワク楽しいことが待っていそうな同棲生活ですが、同棲を始めるにはお金も必要です。 同棲を始め...

自分の彼女のスタイルが良いと自慢できる?男性の心理とは

自分の彼女のスタイルは良いにこしたことはない! 彼女の自慢できるところや、うらやましいと思う所...

彼女が仕事でストレスを溜めている時に、彼氏がしてあげられる事

彼女が仕事でストレスを溜めている時、彼氏としては何をしてあげるだろう?と悩みますよね。 何...

大学生の恋愛事情まとめ!異性と仲良くなって恋人を作る方法

大学生になったら恋愛を楽しみたいと考えている人も多いでしょう。 大学生活を充実させるために、恋...

スポンサーリンク

田舎では結婚が早い!同級生がみんな既婚・子持ちに。

上京して仕事を頑張っている人たちが、たまに田舎に帰ったときに、一番驚くのは、同級生たちの結婚と出産のスピードの早さでしょう。
都会で働いていると、30歳を過ぎても未婚はまったく珍しくなく、もちろん出産経験のない人が多数です。

ところが地方では、結婚もして子供も2人、3人は当たり前です。結婚する年齢も、出産する年齢もびっくりするほと早いのが現実。

仲良く遊んでいた同級生が、いつの間にかパパやママになっているのを目の当たりにすると、ちょっと焦ってしまいました。
都会でやりがいのある仕事をこなし、給料もそこそこもらっているけど、湧き上がってくるこの気持ちってなに・・・?

仕事は面白いし、都会は地方より圧倒的に楽しくて魅力的ですが。都会ゆえに不便ななこともありますよね。

同級生たちの姿を見て、もしかしたら私が本当にしたかったことは、田舎でマイペースに過ごしながら結婚、出産をして家族中心で暮らすことなんじゃないかと疑問すら持ち始めてしまいました。

都会では気づかない、田舎では結婚が早いのが当然な事実

東京在住です。

最近、地方から来た人が近所に越してきて、色々とお話をするのですが、田舎では20歳を過ぎたら結婚という流れが、今でも根強く残っているそうです。

その人自身も25歳でお子さんは2人がいますし、大学進学も「女はダメ」という今時では考えられない理由を言われ諦めざるを得なかったそうです。

女だからと進学させてもらえないなんて、はっきり言って信じられません。

結婚相手は、高校卒業後に就職した先で付き合い始めた2歳年上の彼。彼女は21歳、彼は23歳というから、2人とも本当に若いです。

驚いていると「特にめずらしい話ではないよ」と。
こちらでは、30歳でも独身は普通ですし、それどころか結婚しないという考えの人もたくさんいます。

考えてみれば、私の親も結婚しろとうるさく言っていた時期はありましたが、30歳を過ぎても未婚だからご近所に肩身が狭いとは言われたことはありません。

彼女いわく「友達や先輩が都会に出て独身生活を謳歌しているのが羨ましい。でも、地元では白い目で見られる。そんな風潮がイヤです」と。

田舎ではまだ古い考え方が残っているなんてびっくりです。

なぜ田舎では結婚が早いのか。その理由とは??

理由(1)社会人になるのが早い

田舎の友人たちを見ていると、早く結婚した人は、高卒ですぐに就職をした人がほとんどです。同じ22才でも、都会の大学に行った人はまだ社会人1年目ですが、高卒の人はすでに社会人4年目です。

4年目にもなると会社にも慣れていますし、ある程度貯金も貯まっています。この時点で都会の22才とはぜんぜん違います。

都会だと「やっと社会に出たばかりで、結婚なんて考えたこともない」という人が圧倒的に多いでしょうが、田舎では本人も周囲も「そろそろ?」と思ってしまう時期なのです。

理由(2)同級生と一緒に過ごす時間が長い

一緒に田舎に残っている同級生たちの存在も結婚が早い原因のひとつだと思います。

実際に私の地元で多いパターンはこちら↓

①同窓会などをきっかけに、地元に残っているメンバーで遊ぶ機会が増える。

②何度も会っているうちに、自然と恋愛に発展

③そのままゴールイン!

同級生は元々お互いのことを知っているため親しみもありますし、地元から出ていないという点で環境も同じ。親兄弟も近くにいるので、結婚をして遠くへ嫁ぐという心配もありません。

もしかしたら結婚自体のハードルも低めかもしれません。

田舎では結婚が早い。それは昔ながらの結婚観が残っているから

①結婚についての価値観の押し付けが強い

僕の1つ年下の妹は、祖母やおばに会う度に「良い人はおらんのか?結婚はまだか?」としつこく聞かれています。年配の親戚は、恋愛結婚ではなくお見合い結婚が当たり前だった世代です。

結婚する年齢も今よりずっと早かったので、その当時の価値観を妹に押し付けているように見えます。

また、気が強い女性が多い家系ほどその押し付けの傾向が強いと感じています。妹もそうですが、そういう家系に生まれた女の子は大変ですね。

②外の世界を知らない人ほど口うるさい

口うるさい人を見てみると、生まれも育ちも田舎の人がとても多い事に気付きます。

つまり地元以外の人や生き方に触れる機会が少ないので、柔軟な視点が持てず、余計に考え方が凝り固まってしまうのでしょう。田舎ほど頑固な人が多いのも、この影響がありそうです。

つまりその人の親もそうしてきたし自分もそうしてきたので、これこそ常識だ!となっているのです。
逆に田舎から出たことのある人は、柔軟な価値観を持っていることが多いので、結婚に関してもあまり口うるさく言わない人が多いと感じます。

③女の仕事=家事だと信じている

女性=家で家事をするのが当然という意識もとても強いです。

先ほども出てきましたが、女性が大学進学を反対されることは田舎ではそんなに珍しくないのかもしれません。

都道府県別で結婚が早いのは、男女とも福島県!

女性で結婚が最も早いのは、福島県の27.8歳です。

同じ福島県でも地域によって初婚年齢は異なりますが、福岡県の女性たちには、ロマンチストが多く、恋愛中は相手に、ポエムや手作りのマフラーやセーターなどを贈る人も少なくありません。

福島は「人は結婚するのが当たり前ですか?」に対して、「はい」と答えた人が65.6%と全国一多いところでもあります。

逆に結婚が最も遅いのは、東京都の30.1歳です。東京では、女性の能力を認めてくれる環境にあるだけに、仕事を優先してしまう人が多いようです。

また、周りを見渡してもみんな晩婚の傾向にあるので結婚を焦る人は少ないでしょう。

では、男性ではどうでしょう。結婚するのが最も早いのはこちらも福島県で、29.6歳。

福島は結婚は当然と思っている人が日本一多いので、これは自然な結果といえるでしょう。逆に遅いのは、男性も東京都の31.9歳です。

 

 - 恋愛・結婚