生活の知恵で人生をバージョンアップ

生活の知恵で人生をバージョンアップ│知恵のガイド

朝パンはデメリットだけじゃない!バランスの良い朝食を

2017.9.14

朝食にパンを食べることもあるかと思いますが、それはデメリットばかりじゃありません。

朝食にパンを食べることによって、補える効果もあるのです。

そこで、パン朝食を楽しむためのバランスの良い朝食についてご紹介致します。

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

食事中に料理の写真を撮るのはマナー違反?気になる疑問解決!

最近飲食店でよく見る光景があります。提供された料理を写真に撮ることです。 いろんな角度で料理を...

レタスとキャベツ、女性に嬉しい栄養素が豊富な野菜なんです!

日頃よく食べる機会の多い、レタスとキャベツ。 冷蔵庫に入っていることも多い野菜ですよね。 ...

ファミレスのバイトは楽しいことばかり!その理由を教えます!

飲食店のバイトの中でも人気の「ファミレス」。実際に長期間働く人も多いと言います。 ファミレスのバイ...

男子大好きごはんのおかず!夜に食べたい料理を紹介

最近は料理をする男性も増え、男の料理や男子ご飯などの本なども多くみかけますね。 男子が好きな夜...

コンビニで人気の揚げ物。油を交換する頻度は・・・

コンビニはどこにでもあって、手軽に買い物が出来て便利ですよね。 コンビニの揚げ物は人気がありま...

料理ができない男性はモテない!?料理男子が求められる理由

あなたは料理ができない男性とできる男性、どっちが好きですか? 共働き世帯も増えている昨今。今は...

女性で料理ができないのはどうなの!?男性の意見や克服法を紹介

世の女性は誰しもが料理上手というわけではありません。料理ができない女性もたくさんいるのです。 ...

バナナを冷蔵庫に入れると黒くなるワケと、黒くならない方法

バナナを冷やして食べようと冷蔵庫にいれておいたら、真っ黒になっていた…これって食べられるの? ...

新婚なのに料理が苦痛・・・あなただけじゃない!こんな方法も!

料理はあまりしたことがない。なにを作っていいのかわからない。 新婚なのに?だから?料理が苦痛に...

離乳食で野菜が柔らかくならない_02時にはこんな方法が便利

離乳食で使う野菜は、離乳食時期に合わせた固さに調理します。 野菜の中でも、ニンジンを柔らかくす...

アボカドが固い時は料理に使う前に一手間を

森のバターと言われる『アボカド』。 栄養価も高く、お料理に使う方も多いですよね。 そんな...

タルト生地のサクサク感がたまらない!手作りタルトに挑戦

私は数あるケーキの中から選ぶのは必ずタルトです。 季節のフルーツにクリーム、タルト生地のサクサク感...

セロリの葉っぱは栄養満点!たくさん食べられるレシピを紹介

私はセロリが大好きです。子供の時は苦く感じてしまい苦手だったけれど、今では独特の強い香りも大好物! ...

世界中で大人気!日本の食文化が海外で広まっている!

日本の食文化は海外から見ると驚くことがたくさんあり、味以外の部分でも興味を持たれることがあります。 ...

野菜の上手な冷凍方法!冷凍温野菜を作って時短料理

料理の時短や節約のため、温野菜を冷凍庫にストックしておくと便利です。 市販の冷凍温野菜ミックス...

スポンサーリンク

朝食にパンを食べることのデメリットとは?

朝食にパンを食べることがあまり良く思われないのは、やはりカロリーの割合でしょう。
日本のパンというのは、少しの量の小麦粉をイーストにより膨らませて、それに砂糖やバターを入れて作っているため、とてもふんわりと柔らかくて、甘みがあります。

しかし、パンを主食として食べる国のパンは、小麦粉がずっしりと詰まっているため硬さもあり、味もあまりついていないものが多いのです。

ですから、日本のパンはお菓子のような食べ物なのです。

しかも、そのパンにさらにジャムやマーガリンを塗ったりもするので、ますますカロリーは高くなりますよね。そう考えると、毎日朝食として食べるのはあまり体に良いとは言えません。

ちなみに、お茶碗一杯のご飯とトースト一枚は同じくらいのカロリーになるそうです。
しかし、そのトーストのカロリーのほとんどは油と砂糖からの割合が高くなります。

朝食にパンを食べる!メリット・デメリットとは

朝食にご飯を食べることがほとんどないという人に、朝パンのメリットを聞いてみました。すると、パンを食べることのメリットとは、ずばり美味しいということだそうです。

そして、紅茶やコーヒーなどの朝に飲むのにピッタリな飲み物ともパンは相性が抜群なのです。

もちろん、ご飯食に比べるとカロリーが高くなってしまうことは、デメリットかもしれませんが、朝にパンを食べながらコーヒーを飲むのはとてもリラックスした時間になるそうです。

ただ、時にはご飯も食べるようにした方が、朝食のバラエティーが豊かになりますね。

ご飯にはやっぱりお茶やお味噌汁が合うのではないでしょうか。

パンはやっぱり美味しいということが魅力になるんですね。

朝ご飯にパンを食べることは、デメリットばかりじゃない!

人間は主に「糖質」「脂質」「タンパク質」の三大栄養素をバランスよく食事によって摂取することが大切です。

炭水化物というのは、ダイエットにとってデメリットのイメージが強いですよね。

では、炭水化物にはどのような栄養や働きがあるのでしょうか?

炭水化物であるパンやご飯や麺類には、三大栄養素である「糖質」が含まれているのです。

炭水化物というのは、体の中で消化されることによって「ブドウ糖」へと分解されます。
そして、それは体内の肝臓や筋肉において「グリコーゲン」として蓄えられるのです。

また、ブドウ糖の一部については、血液の中の血糖としても使われます。

グリコーゲンとは、お腹がすいた時や運動をした時の血糖値を調整する働きがあるそうです。

ですから、朝ご飯にパンを食べるということは、デメリットばかりじゃありません。

朝にパンを食べることによっても、その効果は得ることができるのです。

パン食派とご飯食派に聞く!メリット・デメリットとは

パンを朝食に食べるメリットと言えば、まずはすぐに手軽に食べられることがあげられるでしょう。

そして、実はご飯よりも塩分を抑えられるメリットがあるのです。

ただ、ご飯に比べるとお腹もちが良くないのが残念なところ。また、おかずが何でも合うというワケにもいきません。

ご飯はその逆でお腹もちが良く、あらゆるおかずを一緒に栄養バランスを考えた朝食が楽しめます。

しかし、パンに比べると何かと用意などに手間がかかりますよね。

ちなみに、朝食にパンを食べる時には、野菜を挟んでみたり、サラダも一緒に食べるようにすると栄養のバランスも良く朝食が楽しめるでしょう。

ご飯はそれに比べて、いろいろなおかずにも合いますが、その分醤油や味噌を使う物が多かったりするために塩分が高くなってしまいがちです。

和食以外にも、塩分が控え目な洋食や中華などの料理でも楽しんでみましょう。

パンでも、ご飯でも、バランスの良い朝食を心がけよう!

朝食は、一日に活動するエネルギー補給になります。

また、脳や体のエネルギーを補給する他にも、お腹の調子を整えてくれたり、昼食の食べ過ぎ防止にもなります。

そして、パンでも、ご飯でも、バランスの良い朝食を心がけることも大切です。

パンは調理の手間があまりいらないので、忙しい朝にはとても助かりますよね。

それだけでも十分美味しいし、種類も豊富にあるので楽しむこともできます。

しかし、ご飯に比べるとカロリーが高くなるので、毎日食べていると太りやすくなります。

そして、ご飯は炭水化物以外にも、食物繊維やタンパク質、マグネシウムやカルシウム、さらにビタミンや鉄分なども含まれているため、それだけでも栄養のバランスが良いのです。

値段で比べても、菓子パンなどに比べたら断然お得になります。

ただ、ご飯の場合、ご飯を炊いたり、おかずも用意したりといった手間もかかるし、メニューによってはカロリーが高くなってしまうこともあるので、気をつけたいですね。

 - グルメ・料理