生活の知恵で人生をバージョンアップ

生活の知恵で人生をバージョンアップ│知恵のガイド

男の一人暮らしにかかる生活費についてじっくり考えよう!

2017.11.9

大学生や社会人になって一人暮らしを始める男性も多いのでしょう。

その時に気になるのが「生活費」。その内訳はどうなっているのでしょうか?男性でもできる節約のコツとは?車を持つことも可能?

男性の一人暮らしにかかる生活費や節約のコツについてご紹介します。

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

実母でも同居となると難しい。共同生活を円滑に進めるためには

「同居」と言えば「嫁姑問題」と思われがちですが最近では「実母と娘」と言うスタイルも多いようです。 ...

意外!独身男性はこんな休日を過ごしています

独身男性は休日に何をしているのか?気になりませんか。 休日を持て余している?それとも趣味に没頭...

結婚式をキャンセル!招待されたのに欠席する場合のマナーとは

結婚式に招待してもらったのに、都合がつかずにキャンセルしなくてはいけないことがありますよね。 ...

子供が熱を出して会社を休むのは理解がある?働くママ必見!

あなたの会社は子供が熱を出して会社を休むのは、理解がありますか? しかし世の中はまだまだ、子育...

一人暮らしの場合1ヶ月の光熱費はこのくらいです

一人暮らしをする場合、1ヶ月分の光熱費はどのくらいかかるのでしょう? その人の生活スタイルや、...

祖母の葬儀に孫は参列するのは当たり前?世間の常識とは

祖母が亡くなったと連絡が入った場合、孫は葬儀に参列するべき悩んでしまう人も多くいませんか? 一...

子供は三人欲しい!年収ではなく工夫次第で生活は出来る!

子供は出来れば三人欲しいと思っている人は多いのではないでしょうか? 今の年収で生活出来るのか、...

ストレスとイライラが涙になってあふれそう!その理由と対処法

常に感じているストレス、気づかずにため込んだイライラ。思いがけず涙があふれることはありませんか? ...

東京は田舎の違いとは?気になる違いを調べてみました

日本の首都である「東京」この最先端の場所である東京と「田舎」の違いとはどんなものなのでしょうか? ...

子供を産むのにいくらの貯金があれば大丈夫?必要な金額とは

初めての妊娠の場合は特に、子供を産むのにいくらくらい貯金があれば大丈夫なのか、気になりますよね。 ...

お葬式のときの服装とは?ネックレスのマナーについて

お葬式のときの服装は、いち大人としてきちんとしておきたいものですよね。 意外と知らないお葬式の...

友達と喧嘩したまま卒業してしまったときの仲直り方法について

友達と喧嘩をしてしまった・・・。学校に行っていればなんとなく仲直りができたけれど卒業してしまうと仲直...

雨の日に洗濯物を早く乾かすコツとエアコンの運転モードについて

雨の日に洗濯物を室内に干すと、室温が上がってジメジメしてしまいますよね。 乾くのに時間がかかる...

【主婦必見!】家事が面倒だと感じたら試してみたい事

主婦は家事が仕事!?でも面倒だと思う事だってあるんです。 家事が面倒くさいと感じたら、掃除や料...

胎児の体重の増やし方とは?胎児の体重について紹介します

胎児の体重に関係のある栄養素にはどんなものがあるのでしょうか? 妊娠中の過ごし方で、胎児の成長...

スポンサーリンク

男性の一人暮らしにかかる生活費の内訳について考えよう

男性が一人暮らしをする場合の生活費の内訳は「家賃+光熱費+食費+日用品+洋服等の衣類+携帯代金等+雑費」となるのではないでしょうか?

携帯代金等にはインターネットも含みます。雑費は飲み会やたばこなどでしょう。スマートフォンの普及によって、携帯代金も高くなってしまうかもしれません。

では、一般的な男性の生活費はどのくらいかかるのでしょうか?

ワンルームで生活するとなると、家賃が約7~10万円くらい、食費は一日2,000円として1か月30日間として考えると6万円、雑費などを含めても15万円あれば暮らしていけると考えられます。

しかし、初任給の手取りが20万円切っている場合や仕送りで生活している学生は、食費等を節約する必要があるでしょう。

スマートフォンを使っている人は、パソコンを使わないなどして固定インターネットの費用を節約しているようです。

男の一人暮らしの生活費・・・まずは食費を節約しよう!

一人暮らしの男性が食費を節約するためには、どのように工夫すればよいのでしょうか?

よく食費の節約のために、1週間ごとの食費を封筒に入れて管理する・・・という方法がありますが、月によっては5週ある場合もあるので、10日ごとに区切って3つの封筒に分けるという方法もあるようです。

月によっては31日の時もあれば28日の時もありますが、そこについては細かく気にしなくても良いでしょう。

3つの封筒に分けた金額は、食費専用の財布に入れて買い物するのもおすすめです。

10日単位に食費を分ければ、お金の残金がはっきりとわかるようになります。そのため、きちんと計画を立てて買い物する習慣も身に着くようになるでしょう。

給料が入った直後はぜいたくをしたくなるものですが、3つに分けることによって食費をきちんと管理できるようになります。そして買い物することで、物の値段の相場もわかってくるのではないでしょうか?

食費が余った時にちょっとおいしいものを食べる・・・そんな楽しみ方も良いものです。

東京での男性の一人暮らしは、生活費の中でも家賃の占める割合が高い

東京の一人暮らしの家賃の相場はどのくらいなのでしょうか?

家賃の全国平均は約66,000円となっていますが、都心の物件であれば、最低でも地方の1.5倍以上となっているようです。

入居の時にかかる敷金・礼金は、だいたい「家賃の2ケ月分」となっているところが多く、家賃が高くなればなるほど、初期費用も高くなります。

さらに、アクセスの良さによっても家賃は高くなるでしょう。

家賃が高くでも駅に近い物件にするか、駅まで遠くても家賃の安いところにするか迷う人も多いでしょうが、アクセスの良い場所に住んだ方が良いと考えられます。

もし家賃が1万円安いかわりに、往復で1時間かかる物件を選んで住んだとします。学校や会社へ行くために1ケ月で20日間外出した場合、1ケ月で20時間余計にかかってしまうことになります。さらに、駅からの距離が遠くバスなどを使う場合は、交通費がかかってしまうこともあるかもしれません。

家賃の安さを優先させるかアクセスの良さをとるかどうかは、しっかり考えてから決めましょう。

一人暮らしをするなら、電気代や水道料金も節約しよう

一人暮らしの場合の電気代について考えてみましょう。

電気の基本代金は、契約するアンペアによって違います。

契約するアンペアの数が大きいほど基本料金は高く、アンペア数が低い場合は安くなりますが、低いアンペア数にしてしまうと、人によってはブレーカーがよく落ちてしまう可能性もあります。

どのくらい電化製品を使うかによって、アンペア数を考えましょう。きちんと気を付けることができるのであれば、低いアンペア数でも問題ないでしょう。

水道料金については、メーターの大きさ(口径)や使用する量によって基本代金は変わります。水道を利用する場合は下水道料金も請求されますが、使用しなくても請求されることになります。

スマートフォンやパソコンを使う人は、通信費用もかかります。今ではWi-Fiが使えるアパートなども増えてきているので、そういう場所に住めば節約できるでしょう。

一人暮らしで車を購入するのは大変です!

一人暮らしで車を購入する場合、代金はどのくらいかかってくるのでしょうか?

車の購入代金はもちろんですが、維持費もかかります。車の維持費は意外にかかります。どのくらい維持費がかかるかを把握した上で、車の購入を考えた方が良いでしょう。

車の維持費に以下のようなものが含まれます。

〇ガソリン代(約5,000~10,000円。昔ほど安くはありません。燃費の悪い車であれば、さらにかかる可能性もあります。)

〇自動車税

〇駐車場代金(場所によって差がありますが15,000~30,000円くらい)

〇自動車保険料(約20,000~40,000円)

〇車検代金(一般乗用車であれば約65,000円)

〇車のローン(約10,000~50,000円)

ざっと計算してみると、1カ月で最低でも約5万円、車種によっては10万円以上かかる場合もあるでしょう。

一人暮らしで車を購入するのであれば、安い駐車場を探す、ネットなどの安い自動車保険を契約するなどして節約しましょう。

 - 生活