生活の知恵で人生をバージョンアップ

生活の知恵で人生をバージョンアップ│知恵のガイド

一人暮らしの場合1ヶ月の光熱費はこのくらいです

2017.12.15

一人暮らしをする場合、1ヶ月分の光熱費はどのくらいかかるのでしょう?

その人の生活スタイルや、住んでいる場所や料金体系によっても違いはありますね。

一人暮らしでかかる光熱費の平均額を紹介します。

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

主人と旦那の呼び方の違いについてをご紹介します!

自分の夫の事をなんて呼んだらいいのか悩んでいる主婦の方もいるのではないでしょうか? 主人…旦那...

大学進学で東京へ!楽しい大学生活を送るためには

地方から東京の大学に進学するのは、新しい環境にドキドキしつつ新しい出会いにわくわくもしますよね。 ...

子供が昼寝から起きない時にママが出来る対処法や起きない原因

子供の成長にとって昼寝はとても良いものですが、寝たらなかなか起きないという場合は少し困ってしまいます...

親が病気で介護が必要になっても仕事は続けられますよ

親が病気になったら自分が面倒を見なくては!と仕事を辞めてしまう方も少なくはありません。 しかし...

赤ちゃんの前髪につむじを発見!性格に影響するウワサの真相

赤ちゃんの前髪にあるクセは、もしかして“つむじ”!? 頭をよく見ると、つむじが二つあると驚かれ...

産後で仕事を(パート)始める時期や仕事復帰のポイントと注意点

今の時代、共働き夫婦が多く見られることから産後にすぐ、(パート)などで職場復帰をするワーキングマザー...

【部屋の防音対策】窓から漏れる音をシャットアウト!

部屋の防音対策していますか?外からの音は窓に対策を施す事で効果が期待できますよ。 自分で簡単に出来...

夫が育児に不参加!夫が育児に協力してくれるようにする方法とは

赤ちゃんが産まれたら夫にも育児を手伝ってもらいたいと思いますすよね。 一日中赤ちゃんのお世話や...

春に活動を始めるイヤな虫!部屋に侵入させないためにすべきこと

春になると、どこからともなく出てきた虫が部屋のあちこちにチョロチョロ……。 たとえ数ミリの小さ...

胎児の体重の増やし方とは?胎児の体重について紹介します

胎児の体重に関係のある栄養素にはどんなものがあるのでしょうか? 妊娠中の過ごし方で、胎児の成長...

お米に小さい虫が・・・でもきちんと対処すれば食べられます!

お米の中に小さい虫が・・・そんな経験ありませんか? でも大丈夫!きちんと対処すれば、虫がついて...

会社の先輩が苦手な人必見!上手に付き合うポイント

会社に苦手な先輩や上司がいると、仕事もやりにくいですしストレスも溜まることでしょう。 では苦手...

女性の一人暮らしの場合はどうする?引っ越しの挨拶事情をご紹介

女性が一人暮らしを始める場合、ご近所さんへは挨拶に行くべきかどうか悩みどころですよね。 調べて...

同性の友達がいない・・・こんな特徴がありました。

同性の友達が少ない・・・いない・・・なぜ?と思ったことはありませんか? 同性の友達が少ない人に...

夜中の空腹にラーメンは魅力的!でもその一口が後悔に・・・。

夜中に空腹を感じたらラーメン食べちゃくなっちゃいませんか? でも次の日の胃腸の調子を考えたり、...

スポンサーリンク

一人暮らしの1ヶ月の光熱費は?電気代が高いようです

一人暮らしする時、光熱費っていくらぐらいかかるかわかりませんよね?

「光熱費」とは電気・ガス・灯油などの生活に必要なエネルギーを買うための費用のことです。

調理器具や暖房器具や電灯など、最近では様々なタイプのものが発売されていますね。
それらは各家庭の光源・熱源によって、かかる料金に差がでることがあります。

総務省が2014年に行った調査をみてみましょう。
一人暮らし世帯では、1か月あたりの光熱費の合計が約11,800円となっています。

光熱費のなかで一番割合が高いのは何だと思いますか?
やはり電気代が多くを占めていて、約半分近くの5500円ほどが電気代となっていました。
2012年には、大幅な値上げを行った電力会社が多くあり、2012年を境に電気代は上昇を
続けているそうです。

一人暮らしと二人暮らしの1ヶ月の光熱費を比較!

1ヶ月の水道光熱費について紹介します。
・一人暮らしの水道光熱費の平均額・・・約7,300円
・二人暮らしの水道光熱費の平均額・・・約19,600円
という調査結果がありました。

一年間で計算すると、
・一人暮らしの水道光熱費は年間約88,000円
・二人暮らしの水道光熱費は年間約235,000円
となるそうです。
一人暮らしから二人暮らしになると、一人暮らしのときと比較して約3倍ほどにもなっています。

二人暮らしのほうが水道光熱費がかかってしまうというのは驚きの結果ではないでしょうか。
水道光熱費は家計を大きく占めていますので、節約していきたいところですね。

ガスや電気の契約には様々な料金プランがあります。

昼間の時間帯は仕事や学校などでほとんど家にいないという家庭も多いことと思います。生活スタイルに合わせたプランを見直してみてはいかがでしょうか。

20代女子の一人暮らしの1ヶ月の光熱費をみてみよう

生きていくにはお金が必要です。
一人暮らしをするようになって、実感がわいたという人もいることでしょう。

みんなはどうやって生活しているのか気になりませんか?

一人暮らし女子はどのくらいお金を使っているのでしょうか?

電気代は、冷暖房を使うか使わないかによって大きな差があります。

そのままで過ごしやす春や秋の季節は、3000円くらいです。
冷暖房を使って電気代がかかってしまう夏や冬は、5000円くらいが相場のようです。

2016年に始まった電力自由化によって、民間企業からも電気を購入することが可能になりました。
色々と比較して選ぶのもいいかもしれませんね。

プロパンガスや都市ガスなどのガス代は、大体4000~7000円くらいとなっています。
水道代は住んでいるところによって多少の違いがありますが、3000~4000円くらいです。合計して1万円以内におさえたい光熱費ですね。

一人暮らしで1ヶ月の平均の光熱費は?

私の光熱費を紹介します。

電気代・・・3000円~6000円
ガス代・・・2000円~3000円
水道代・・・2000円以内
といったところです。
一人暮らしで1Rですが、電気代で6000円は高いかもしれません。
私は自室で仕事をしていて、夏の時期は冷房をつけっぱなしにしているせいだと思います。なので7月と8月は電気代が一番高い月です。

水道代の支払いは2か月に一回で、高くても4000円もいかないです。なので割ると2000円以内ということになります。

水道光熱費は一か月で1万円を目安に考えています。
内訳は、電気3、ガス3、水道2、余裕2といった感じです。多くなってしまう月もありますが、一年をトータルで考えるとおさまっています。

やはり季節で光熱費は変わるということが言えると思います。
熱いものを冷ましたり、冷たいものを温めるのはエネルギーがとてもかかったしまいます。
夏の暑い時期は冷房代があがり、冬の寒い時期は湯沸かしでガス代が上がっています。

都会での一人暮らし光熱費

東京で一人暮らしという人も多いですよね。

東京は物価が高いとされていて、ほかの地域と比較して光熱費や生活費が多くかかってしまうということがあります。

東京という場所柄、深夜の時間帯に活動する人は多くいます。その分電気を使う時間も長くなりますので、結果として高くなります。
また東京は基本的に家賃も高いといえますね。
安い物件があったとしても、そこは古いことが多く理想と違うという結果に・・・。
安い物件を探すと都心から離れてしまうために、通勤費や通学費がかさんでしまいます。
東京は娯楽の施設や設備も多いので、友達と遊んだり娯楽費や交際費なども高くなりますね。
東京での一人暮らしでは、色々なシーンでお金がかかるということがいえます。

このようなさまざまな事から、東京での一人暮らし光熱費の平均額は高くなる傾向があるそうです。
ですが、「電気代」「水道代」「ガス代」などの基本料金はそれほど他の地域との違いはないそうです。

 - 生活