生活の知恵で人生をバージョンアップ

生活の知恵で人生をバージョンアップ│知恵のガイド

一人暮らしの人必見!1ヶ月にかかる生活費を見直してみよう!

2017.12.15

一人暮らしを始めると、こんなにお金がかかるのか・・・と驚く人も多いのではないでしょうか?

1ヶ月にかかる生活費の平均金額はどのくらい?どうすれば節約できる?

一人暮らしの人必見!1か月にかかる生活費を見直してみませんか?

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

会社の先輩が苦手な人必見!上手に付き合うポイント

会社に苦手な先輩や上司がいると、仕事もやりにくいですしストレスも溜まることでしょう。 では苦手...

こんな夜中に電話が!友達から夜中に電話が来た時の対処法

「もうこんな時間!そろそろ寝ようかな」「眠いから早く寝たい!」夜中になると眠くなるのが人間の本能です...

血液の汚れ。普通の洗濯で落ちない汚れをスッキリ落とす方法!

血液の汚れはうっかり時間が経ってしまうと洗濯してもなかなか落ちないものです。 まずは血液がつい...

東京の生活はやっぱり楽しい!地方に移住してから思うこと

東京での生活と地方での生活。 それぞれに良さがあると思います。 それは、離れてみて気付け...

旦那が料理に文句をつける!いい加減にして欲しい!

旦那さんが料理に文句をつける家庭って多いですよね? どこに文句を付けますか? メニューですか?味...

会社の飲み会に参加したくない!だって上司の説教が苦痛だから!

会社の飲み会って、あんまり楽しいものでは、ありませんよね。 特に、上司からの説教が始まると、最悪。...

夫が育児に非協力的だとお悩みのママへ

夫が育児に非協力だと悩むママは多くいますね。 「イクメン」や「カジメン」など言われる昨今ですが、基...

インコアレルギーがあるってホント?気になるその症状とは

インコに対してアレルギー症状を発症してしまう場合があるのはご存知ですか? 鳥類に対して強いアレ...

猫のキッチン侵入対策は「キッチンは嫌い」と思わせること!

キッチンは猫が興味を引く物で溢れています。でも、調理器具には猫にとって危険なものもいっぱい。 ...

女性の一人暮らしの場合はどうする?引っ越しの挨拶事情をご紹介

女性が一人暮らしを始める場合、ご近所さんへは挨拶に行くべきかどうか悩みどころですよね。 調べて...

仕事と家庭どちらを優先!?日本は世界的に見ても少数派です

「日本人は働き過ぎ」そう言われていますが、なかなかそこから抜け出せん。 しかし、今は女性も仕事...

赤ちゃんの服は何枚必要?月齢や季節ごとに考えよう

出産準備で赤ちゃんの服を用意すると思いますが、何枚準備すべきか悩みますよね。 生まれたばかりの...

赤ちゃんの前髪につむじを発見!性格に影響するウワサの真相

赤ちゃんの前髪にあるクセは、もしかして“つむじ”!? 頭をよく見ると、つむじが二つあると驚かれ...

子供を産むのにいくらの貯金があれば大丈夫?必要な金額とは

初めての妊娠の場合は特に、子供を産むのにいくらくらい貯金があれば大丈夫なのか、気になりますよね。 ...

玄関ドアの鍵に簡易的な鍵を追加して防犯対策!2ロックを基本に

玄関のドアや勝手口の鍵はいくつですか?一つしかないという方は、ピッキングされやすいので注意が必要です...

スポンサーリンク

一人暮らしの1ヶ月の生活費・・・家賃も考えよう

一人暮らしをする場合、一番頭を悩ませるのが家賃ですが、もしワンルームを借りる場合その相場はどのくらいなのでしょうか?

家賃は東京都内と地方とで差があります。例えば東京都内でワンルーム・風呂トイレ別・キッチンIHコンロ付の部屋を借りるとなると最低でも7万円前後はするでしょう。駅から近いとなると、もっとするかもしれません。

それに対して地方の場合は、同じ条件だったとしても4万円台で借りることができるでしょう。

一概には言えませんが、都市部の物件は地方の物件の1.5~2倍はすると考えておいたほうがよいかもしれません。さらに敷金・礼金などもかかるので、家賃が高くなれはそれだけ最初にかかる費用も高くなります。

物件を探す時は家賃の安さばかり考えてしまいますが、家賃とアクセス面を両方考えた方がよいでしょう。

家賃は1万円安くても、往復で1時間違う物件を選ぶと時間をムダに使ってしまうような感覚になります。その分交通費がかかり、生活費を圧迫してしまうかもしれません。

一人暮らし 1ヶ月 生活費

大学生になって初めて一人暮らしをする人もいれば、社会人になってからの人もいるでしょう。

一人暮らしをする場合の1カ月にかかる生活費は年代によっても性別によっても違いがあります。

そして収入によって食費にかける割合も変わってくるかもしれません。

あくまでも目安ですが、生活費の中でも食費の平均額について年代別で調べてみました。

大学生の場合の食費の目安は「25,000~30,000円」となっています。飲食店のバイトをしているともう少し抑えることもできるようですが、成人の大学生になるとお酒を飲む機会もあるので、交際費として増えることもあるようです。

大学生であれば外食する機会は少なく、友達の家で鍋パ-ティ-などをして節約しているようです。

しかし、社会人の場合の食費の目安は「30,000~50,000円」と大学生の倍近くになっています。

新社会人であれば30,000円前後でおさまることもあるようですが、30~40代になると付き合いも増え、食事の質も上がるせいで食費の金額も上がるようです。

一人暮らしの人が1ヶ月の生活費を節約するなら「食費」から始めよう

1ヶ月にかかる生活費を節約したいのであれば、まずは食費から考えましょう。

スーパーではまとめ買いをした方が安くなる場合があります。例えば1個買うよりも3個セットで買った方が金額が安くなることが多くありませんか?

もちろん使い切ることが前提とはなりますが、よく利用するものであればまとめ買いして節約しましょう。冷凍でできるのであればまとめて作って、冷凍保存しましょう。その方がガス代や電気代も節約できます。

調味料やドレッシングを手作りするのもおすすめです。自分の味覚に合わせて作ることもできますし、節約にもなります。

市販されているドレッシングは意外に高く、一人暮らしだと余ってしまいませんか?思い切って自作ドレッシングを作ってみましょう。

食費は1週間単位で管理するようにしましょう。例えば1週間に使える食費は3,000円と決めましょう。そうすると「残り3日だから、1日〇〇円使えばいいかな。」というふうに計算できます。

一人暮らしなら電気代も節約できる!

一人暮らしの電気代の平均はいくらぐらいなのでしょうか?

電気代は季節によっても代金が変わりますが、一人暮らしの場合の電気代の平均は約3,000~4,000円となっているようです。しかしこの金額は、あくまでも春や秋などエアコンを使っていない時期の平均の金額です。夏は冬のようにエアコンを使う時期だと5,000円前後になります。

一人暮らしの電気代金はそれほど高くはありませんが、上記の金額よりも高い場合はもう一度見直してみましょう。見ていないのテレビをつけっぱなしにしている、いない部屋の電気もつけたままにしているなどといったことをしていませんか?

一人暮らしの場合は電気をつけっぱなしにしていても誰も消してくれません。自分で気をつけなければならないのです。

エコな家電製品も増えていますが、電気のつけっぱなしには注意しましょう。その分だけ電気代金は高くなります。

一人暮らしのガス代の平均とは?どうすれば節約できる?

一人暮らしのガス代金は、都市ガスとプロパンガスとでかなり違うのでしょうか?

あるデータによると、一人暮らしの平均のガス代金は以下のようになっています。

《冬の場合》
都市ガス・・・約3,000~5,000円
プロパンガス・・・約7,000~12,000円

《夏の場合》
都市ガス・・・約2,000~3,000円
プロパンガス・・・約3,000~5,000円

なぜ金額にこのような差が出るのでしょうか?

都市ガスは、道路の下にあるガス導管を通して、そしてガスメーターを経て各家庭に供給されます。料金体系は公共料金となっているため、プロパンガスよりも安くなています。

しかし、地域によっては使えないところもあります。

プロパンガスは、LPガス会社によって各家庭にボンベが置かれることになりますが、料金体系は各会社によってバラバラです。自由に価格設定をすることができ、都市ガスよりも高くなっています。

ガス代金を節約したいのであれば、シャワーの設定温度を見直す、調理するときは中火にするなどしてみましょう。

 - 生活