生活の知恵で人生をバージョンアップ

生活の知恵で人生をバージョンアップ│知恵のガイド

主人と旦那の呼び方の違いについてをご紹介します!

2017.10.26

自分の夫の事をなんて呼んだらいいのか悩んでいる主婦の方もいるのではないでしょうか?

主人…旦那…何か違いはあるのでしょうか?話す相手によって呼び方を変えた方がいいのでしょうか?

そんな夫を呼ぶときの違いについてをご紹介します!

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

コンビニはバイト初心者にもおすすめ!選ぶポイントはここ

バイトを考えて、候補にあがりやすものの一つにコンビニがありますよね。 高校生でバイトをするのが...

旦那が仕事でいつも帰りが遅い!大変なのは主婦も同じ…その訳は

「旦那の帰りがいつも遅い!」そのように感じる主婦は多いのではないでしょうか。 その原因が仕事や...

ストレスとイライラが涙になってあふれそう!その理由と対処法

常に感じているストレス、気づかずにため込んだイライラ。思いがけず涙があふれることはありませんか? ...

トイレの水垢汚れをそうじするなら○○○を上手に使えば簡単!

こまめにトイレそうじをしていても気付くと蓄積されている水垢汚れ・・・ついてしまった水垢汚れは落とすの...

お葬式のときの服装とは?ネックレスのマナーについて

お葬式のときの服装は、いち大人としてきちんとしておきたいものですよね。 意外と知らないお葬式の...

大学進学で東京へ!楽しい大学生活を送るためには

地方から東京の大学に進学するのは、新しい環境にドキドキしつつ新しい出会いにわくわくもしますよね。 ...

麦茶のパックを捨てる前に!再利用方法についてご紹介!

麦茶のティーパック。 美味しい麦茶を飲むだけで充分なはずなのに… 出がらしをそのままポイと捨てる...

旦那は仕事が忙しい・・・その時あなたが出来ることはコレ!

「旦那は仕事で忙しい人」こんな旦那さんがパートナーの奥様もたくさんいますよね。 仕事が忙しいと...

洗濯にはお湯か水、どちらが良いか紹介します。洗濯のコツも!

毎日の洗濯、どうせならキレイに仕上げたいですよね。 洗濯するときは水道水だけですか?洗剤が溶け...

旦那が料理に文句をつける!いい加減にして欲しい!

旦那さんが料理に文句をつける家庭って多いですよね? どこに文句を付けますか? メニューですか?味...

実母でも同居となると難しい。共同生活を円滑に進めるためには

「同居」と言えば「嫁姑問題」と思われがちですが最近では「実母と娘」と言うスタイルも多いようです。 ...

赤ちゃんの服は何枚必要?月齢や季節ごとに考えよう

出産準備で赤ちゃんの服を用意すると思いますが、何枚準備すべきか悩みますよね。 生まれたばかりの...

鳥をペットにしたい!静かに飼える鳥って?オススメ騒音対策

鳥をペットにする場合、静かに飼うことはできるのでしょうか。そもそもマンションで飼うのは大丈夫? ...

母親が過干渉だと拒食症のリスクが高くなる?拒食症の原因とは

拒食症になってしまう原因として、母親が過干渉ということが挙げられます。 お母さん自身は気が付い...

【部屋の防音対策】窓から漏れる音をシャットアウト!

部屋の防音対策していますか?外からの音は窓に対策を施す事で効果が期待できますよ。 自分で簡単に出来...

スポンサーリンク

主人や旦那、話す相手によって正しい言い方が違います!

夫の事をなんて呼んだらいいのか、なんて呼ぶのが正解なのか悩んでしまう方もいるのではないでしょうか?

話す相手によっては違和感を感じたり不快に思うなんてこともあります。現代では、女性も仕事をしている方が増え昔よりも男女平等になり夫婦のあり方も変わり呼び方もとても変わりました。

相手を呼ぶときには公的の場での会話なのか、プライベートの場での会話なのかを分ける必要があります。

<公的の場>
会社や仕事の関係の人との会話の中では、「夫」「妻」が無難な呼び方です。

また初対面の相手や、電話で話すとき、話す相手がまだ理解できていないような時には「主人」「妻」が無難な呼び方になります。

<プライベートの場>
親し友人や気心の知れた仲の人と話すときには「旦那」「嫁」でもOKです。「うちの旦那」「うちの嫁」の方が軽い感じがしますよね。

また、子供がいる場合「おとうさん」「おかあさん」「パパ」「ママ」など呼び合う夫婦が多いですよ。

主人や旦那…。イメージの違いについて

結婚している女性は配偶者の事をなんて呼んだらいいのか悩んだことがある人が多いと思います。そんな呼び方に疑問を持っている方についてご紹介したいと思います。

私は旦那と言う呼び方に抵抗があります。「うちの旦那が…」っと話している方が多いのですが、勝手に思っていることなのか旦那と言う言葉は尻に敷かれているように感じてしまいます。
新婚でつかうイメージも持てずなんて呼んでいいのか悩んでしまいます。

また、主人と言う言葉にも違和感を感じてしまいます。主人と使うのは年配の夫婦のイメージがあります。なのでまだ若い私が使うのは違和感の何物でもありません。

そして、ある所で知り合った方が「うちの相方が…」と話していました。心の中で「芸人か」と突っ込んでしまいました。自分にあう呼び方は何なのかいまだに悩んでいます。

夫婦によってしっくりくる呼び方は違うと思いますのでいい呼び方が見つかるといいですね。違和感を感じた呼び方でも意味を調べる事で少しイメージが変わるかもしれませんよ。

主人と旦那、使う場面で違いがあります!

人と話すときに話す相手によって配偶者の呼び方を変えている人も多くいるのではないでしょうか?

私は、仲の良い人と話すときには「旦那」を使い、気の使う人には「主人」と使い分けています。

このように主婦の方は普段「旦那」と呼び、気を使う場面では「主人」と呼んでいる人がとても多いです。

「旦那」と言う呼び方は「主人」と呼ぶ言い方より砕けた感じがしますよね。雑に扱っているような、尻に敷いているようなイメージを感じると思います。

このように感じるのは「旦那」の言葉の由来からって知っていましたか?サンスクリット語の「ダーナ」と言う言葉が由来でこの言葉の意味は「贈る」「与える」などなのです。

由来を知って使っている人は少ないと思いますが、なんとなく配偶者を雑に扱ったようなイメージで話す方が話しやすいようですね。

主人や旦那…呼び方の違いを知り印象よく話そう

主人という呼び方にどのようなイメージを持っていますか?

なんとなく相手にへりくだっている感じがしませんか?このように感じ使うのをためらう女性もいます。

ですが 、相手の立場が分からない場合や、目上の方と話すときなどには「主人」と言う呼び方が適切です。また主人では固すぎて違和感を感じる方は「夫」を使いましょう。

学生の頃からの友人であったり、共通の友人の前や、職場での結婚で配偶者を呼ぶときに、「夫」や「主人」を使うと他人行儀に感じるものです。

結婚してからの年数にもよりますが、共通の昔からの仲の人達と話すときには、結婚前に呼んでいた呼び方で話すと違和感を感じさせずに話すことができますよ。

「主人」や「夫」と呼んで違和感を感じさせてしまうと印象も悪くなります。今までと変わらない呼び方をし、印象よく話すようにしましょうね!

主人や旦那の意味の違いについて

旦那や主人、夫、結局なんて読んだらいいのかわからない…。そんな方は言葉の持つ意味を知るとイメージが変わり呼びやすくなるかもしれません。

まず、「旦那」です。多くの主婦の方が使う呼び方ですよね。これは、もともと芸者などがお金を提供してくれるパトロンに使うような言葉でもありました。
かしこまった言い方ではなく、砕けたような言い方で旦那を尻に敷いたようなイメージが持たれます。

次に「主人」です。こちらを使う方も多くいます。主人は一家の主という意味があります。使用人などが「ご主人さま」と使うように、妻が一歩引いているようなイメージがあります。

最後に「夫」です。こちらは、特に意味はなく夫婦の男性を指すだけになるので、固いイメージはありますが悪くもよくも思われないような呼び方です。

このように同じ配偶者を指す言葉ですが、イメージが変わるので、話す相手や場面などで使い分けましょう!

 - 生活