生活の知恵で人生をバージョンアップ

生活の知恵で人生をバージョンアップ│知恵のガイド

東京の一人暮らしを楽しいものにするちょっとしたコツをご紹介

2017.8.25

一人暮らしをするなら楽しいのは東京?それとも東京近郊?

東京に住むメリット、デメリットにはどんなものがあるのでしょうか?

おひとり様を楽しむ方法とは?気になる東京の一人暮らしについて調べてみました。

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

一人暮らしの場合1ヶ月の光熱費はこのくらいです

一人暮らしをする場合、1ヶ月分の光熱費はどのくらいかかるのでしょう? その人の生活スタイルや、...

独身女性の一人暮らしを楽しく過ごす方法!

一人暮らしは男性も女性も独身の間にしか経験することができません! 一人暮らしをするとどんなこと...

酒に酔って記憶がない!思い出すことができる場合できない場合

酒に酔って記憶がない経験はありますか?思い出すことができなくても脳には記憶されている可能性もあります...

一人暮らしの人必見!1ヶ月にかかる生活費を見直してみよう!

一人暮らしを始めると、こんなにお金がかかるのか・・・と驚く人も多いのではないでしょうか? 1ヶ...

猫はお留守番を何日くらいまでならできる?準備しておくものとは

犬や猫などのペットをを飼っていると、なかなか長期間自宅を空けることができませんよね。 しかし、...

新生児の準備品をリストアップ!1月生まれの場合

新生児の準備には何が必要なの?1月生まれだと何か特別に準備するものはある? 赤ちゃん用品って本...

血液の汚れ。普通の洗濯で落ちない汚れをスッキリ落とす方法!

血液の汚れはうっかり時間が経ってしまうと洗濯してもなかなか落ちないものです。 まずは血液がつい...

パート勤めでの旦那との家事分担、旦那が手伝ってくれる方法とは

パート勤めで共働きの時、旦那さんは協力的に家事を手伝ってくれてますか? 世の中の旦那さんはどの...

夫が育児に不参加!夫が育児に協力してくれるようにする方法とは

赤ちゃんが産まれたら夫にも育児を手伝ってもらいたいと思いますすよね。 一日中赤ちゃんのお世話や...

免許証の写真は笑顔?それとも真顔?キレイに撮るコツもご紹介!

免許を持っている方なら一度は気になったことがあるはず・・・。そう、免許更新のための「写真」です。 ...

飲み会を欠席する際に相手が思わず納得する言い訳をご紹介

飲み会を欠席する時には、欠席する「言い訳」が必要ですよね。その言い訳に苦労するあまり、嫌々参加する人...

節約生活でも貧乏には見られない!OLの賢い節約術♪

一人暮らしは節約が大切です。 家賃に食費に洋服代にコスメ代。 もちろん友達と遊ぶお金も必...

ステンレス水筒の洗浄・消毒の注意点と目からウロコの洗い方

ステンレス水筒は軽くて丈夫。レジャーや普段のお弁当と合わせて使っている人も多いでしょう。 直飲...

dvシェルターに入りたい!期間やルールはある?条件などを調査

配偶者からのdv被害から逃れるためにある“シェルター”ですが、どのようなところなのでしょうか? ...

一人暮らしの洗濯物。女性物は基本的に室内干しがおススメです

一人暮らしを始めた女性がちょっと考えてしまう一つが洗濯物を干す場所。 外に干すと防犯上のリスク...

スポンサーリンク

東京の一人暮らしは楽しい?東京に住むメリット

東京の一人暮らしにはどんなメリットがあるのでしょうか?

なんと言っても、東京は電車やバスなどの交通機関が充実していますよね。車がなくてもじゅうぶん生活できるというメリットがあります。

終電も遅くまであるので、時間に余裕ができます。東京というと治安が気になりますが、いたるところに交番があるので安心できます。コンビニやスーパー、ドラッグストアなどが多くあるのも特徴。

東京は、ライブやセミナーなどさまざまな催しが毎日行われているのでスキルアップするのにもってこいの場所と言えます。
どんなものでも手に入りやすく、最先端であることが多いです。テレビで紹介されるような話題のスポットも行きやすいです。

人にあまり干渉しない人が多い。これはメリットでもありデメリットでもあるかもしれません。しかし、電車やバスなどで困っている人がいればクールに助けてくれるのが東京人とも言えます。

東京で一人暮らしをすると、さまざまな価値観に触れることができます。
また、東京に住むことで地元の良さを再認識することができます。

東京の一人暮らしは楽しいけれど・・・こんなデメリットが

東京の一人暮らしは楽しい!けれどデメリットもあります。

まずは家賃や物価の高さではないでしょうか?オシャレな場所やオシャレなものはだいたい高いものが多いです。

東京であっても場所によっては都会の雰囲気からかけ離れる。とにかく、人が多い。どこに行くにも混んでいるのが当たり前となります。
また、交通機関は充実していますが道路で渋滞が起きると身動きが取れません。必ずしも近いからといって時間がかからないというわけではないのです。

実家が遠い場合には帰省費用がかかります。

オシャレな街であれば、だらしない恰好で外に出られない、気を抜けないというのもデメリットではないでしょうか?
東京に住んでいると、気がつきにくいのが空気の悪さ。確かに深呼吸したい場所かと言われたらそうでもないですね。
もともとの場所を離れたからこそ、変化に気がつくことができるようです。

いろいろなデメリットがありますが、とくに多く言われるのがお金がかかること。東京はお給料が高くはありますがそのぶん支出も多いと言えるでしょう。

東京で楽しい一人暮らしを送る方法

東京という土地柄を生かして、とにかく行きたいイベント、してみたいことに挑戦してみてはいかがでしょうか?

とにかくお金がかかってしまうのが東京ですが、そんな東京でもお金をかけずに楽しむことはできるんです。

都庁展望台は無料で見ることができますし、国会図書館なら漫画も雑誌もタダで読めます。東京であっても、公共のものはお高くありません。区立のプールや体育館を利用してみてはいかがでしょうか?

東京には、世界で一番安い動物園があるのを知っていますか?なんと、入場無料の動物園が江戸川区にあるんです。その名も江戸川区自然動物園。

また、ボランティア活動に参加したり一人ではなかなか行きにくいところにも行けてしまうのが東京です。

家族や恋人と一緒ではなくとも、気にする必要はないのです。周りを見ると、1人でいる人のほうが多いかもしれませんよ。

東京で一人暮らしを楽しいものにするかどうかは住む場所次第!

どんな場所でも住めば都と言いますが、東京に住んだとしても楽しい、充実したものになるかどうかは場所次第ではないでしょうか?
それは、人気のエリアや有名な場所ということではなく自分自身が満足できる場所かどうかではないでしょうか?

どんなに住みたい場所だとしても、家賃を払って他に何もできないようであればそこの場所選びは間違っていると言えるでしょう。
東京で一人暮らしをするのには不便なところしか暮らせないと安い家賃の場所に住むこともおすすめはできません。まずは、何を一番に優先したいのかはっきりさせることが大切です。

とにかく、会社に近い場所、便利な場所など時間を優先したいのか、家賃や物価、お金のことを優先したいのか、自分の趣味や楽しみたいことに便利な場所に住みたいなど優先順位をつけてみてから東京で一人暮らしをする場所を決めてはいかがでしょうか?

また、家賃の関係で都心から離れるときには電車の乗り換えなど交通機関のことを考えて決めるといいでしょう。

一人暮らしの楽しみ方はなんにもしない事!?

東京でなくとも、1人暮らしを満喫したいという人におすすめな楽しみ方をご紹介します。

1人暮らしの醍醐味と言えば、「自由」!ではないでしょうか?毎日毎日、一生懸命働いている、勉強しているのであればお休みの日は思いっきりダラダラしちゃいましょう!

どこかに行く事、何かをすることが有意義ではないのです。
何もしないで、ただただ好きな事をするダラダラするということは十分に心と体を休ませることができるでしょう。

一人暮らしは、誰に文句を言われるわけではありません。うるさくする、ゴミの日じゃない日に出すなどのマナーやルールは守らなくてはいけませんが、家の中であれば裸でいてもいいですし、夜中にお菓子を食べることだってできます。

部屋の中を好きなもので、そろえることだって自由です。今まで、両親と暮らしているときには、「お風呂入りなさい」や「ご飯よ」という声がかかってきていたかもしれません。

誰にも邪魔をされないことは、とにかく自由ですが自由がゆえに自分に無頓着になってしまいがちです。

好きなことをするのはかまいませんが、熱中しすぎて食事がおろそかになったり眠る時間が少なくなったりしても誰も声をかけてくれません。一人暮らしですから。
自分の健康を考えながら一人暮らしを楽しんでくださいね。

 - 生活