生活の知恵で人生をバージョンアップ

生活の知恵で人生をバージョンアップ│知恵のガイド

運転免許証がゴールドだと利点が多い!出張中の方も必見!

2017.8.30

運転免許証には3種類の色がありますが、ゴールド免許になった時の利点って何があるのでしょうか?

更新時の講習や料金が違うだけではく、他の事でもさまざまな特典があるんですよ。

長期の出張が多い方必見!この利点を知ったら、あなたもゴールド免許を目指したくなるでしょう♪

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

結婚式をキャンセル!招待されたのに欠席する場合のマナーとは

結婚式に招待してもらったのに、都合がつかずにキャンセルしなくてはいけないことがありますよね。 ...

入籍報告にもマナーがある!職場に入籍報告する時のポイント

入籍が決まったら職場へ報告することになりますが、、報告するタイミングや報告する人の順番などに迷うこと...

声が小さい女性の特徴とは?原因や改善策もご紹介

声が小さいことに悩む女性も多いようです。 なぜ大きな声を出すことが出来ないのでしょうか?調...

服を捨てるときは燃えるゴミ?燃えないゴミ?出し方について

着なくなった服、着れなくなった服・・・これって何ゴミになるの? かさ張る洋服のゴミの出し方とは...

食事の時のマナー違反?!口をあけながら食事をするのはNGです

食事をする時のマナー、皆さんは気を付けていますか? 食卓に肘をついて食べたり、口を開けて食べる...

雨の日に洗濯物を早く乾かすコツとエアコンの運転モードについて

雨の日に洗濯物を室内に干すと、室温が上がってジメジメしてしまいますよね。 乾くのに時間がかかる...

幼稚園の年少さんからの習い事!今は当たり前の時代です

幼稚園の年少さんから習い事を始めるなんて早すぎる! いえいえ、今の時代は幼稚園の年少から習い事をす...

女性の一人暮らしの場合はどうする?引っ越しの挨拶事情をご紹介

女性が一人暮らしを始める場合、ご近所さんへは挨拶に行くべきかどうか悩みどころですよね。 調べて...

酒に酔って記憶がない!思い出すことができる場合できない場合

酒に酔って記憶がない経験はありますか?思い出すことができなくても脳には記憶されている可能性もあります...

男の一人暮らしにかかる生活費についてじっくり考えよう!

大学生や社会人になって一人暮らしを始める男性も多いのでしょう。 その時に気になるのが「生活費」...

母親が過干渉だと拒食症のリスクが高くなる?拒食症の原因とは

拒食症になってしまう原因として、母親が過干渉ということが挙げられます。 お母さん自身は気が付い...

水道の蛇口が回らない時の対処方法をご紹介

水道の蛇口が回らない、きつくて回りづらい。そんな経験をした方いらっしゃいませんか? そんな時、...

親に感謝できないことは悪い事ではない!考え方を変えよう

親の事が嫌いで感謝できない。親は何でもしてくれるのが当たりまえと思うので感謝する必要がない。 ...

友達の結婚式は祝福したいけど、人気がある子には嫉妬する心理

友達の結婚式に招待されたら嬉しいけど、素直に喜べないときもあるもの。 特に人気がある可愛い子な...

簡単にできて、夕飯にかかる食費を節約する方法

毎日の夕飯を作るのに簡単にできて、食費を節約したい考える主婦の方も多いのではないでしょうか? ...

スポンサーリンク

免許証がゴールドになった時の利点とは?

ゴールド免許になると、更新時講習は近年の交通事情とビデオ講習で30分で終わります。交付された免許証は5年間有効なので、頻繁に更新する手間やお金をかけずに済みますね。その他に特典って無いのでしょうか。

優良ドライバーに一番直結する特典と言えば、自動車の任意保険なのではないでしょうか。
契約者がゴールド免許を保有している場合は、『ゴールド免許割引』が適用になります。これは自動車保険会社によって割引率は異なりますが、少しでも保険料が安くなると家計に優しいですよね。

任意保険の更新月でなければ適用にならない保険もありますが、ゴールド免許を交付された時に連絡すると、その月または翌月から割引になるケースもあります。ゴールド免許を交付してもらった時は、すぐに契約している自動車保険会社に連絡して問い合わせてみるといいでしょう。

主契約者以外の配偶者や家族もゴールド免許の場合、さらに割引率が上がるプランもあるようです。いろいろ調べてみると、ご家庭に合った保険を見つけることができるかもしれません。

免許証がゴールドの場合ローンでも利点がある!?

車の維持にはいろいろとお金がかかってしまいます。購入や自動車保険などのコストは、できるだけ安く済ませたいですよね。その時にゴールド免許を持っていると、さまざまな利点があるのです。

車を購入する時は、自動車ローンを組まれる方が多いのではないでしょうか。車両の価格が高いため、金利もそれなりにかかってしまいますよね。その時にローンを申請する本人がゴールド免許だと、金利を優遇してくれる金融機関もあるのです。

優遇してくれる金利は0.1~0.2%というところが多いですが、それでも完済するまで期間を考えると金額に差が出てきますよね。ゴールド免許の優遇が0.5%になる金融機関もありますので、ローンを組む時は下調べしておくといいでしょう。

それと合わせて、ディーラー独自のローンやキャンペーンと比較してみると、お得に組めるローンを見つけることができるでしょう。

また、購入後の車検でも「ゴールド免許割引」を適用してくれる会社もあります。購入時も購入後もメリットがあるのが、魅力的ですね。

免許証がゴールドの利点はSDカードの特典を受けれる

「SD(セーフティー・ドライバー)カード」というものを耳にしたことがありますか?これは、自動車安全運転センターで『運転記録証明書』を取得した方が無事故無違反が1年以上続いていた場合に、安全運転者の証として『SDカード』を発行してくれます。

SDカードは無事故無違反の期間に応じた種類があり、グリーン、ブロンズ、シルバー、ゴールド、スーパーゴールドの5種類あります。免許証とは全く異なるのですが、こちらのSDカードを全国約25,000店舗以上の加盟店に提示することで、特別優遇されるのです。

SDカードの加盟店はグルメやショッピングをはじめ、自動車・バイク、ガソリンスタンド、レンタカーなどの車やレジャーに関する店舗が加盟しています。

ドライブに出かける前の給油ではガソリン・軽油が会員価格になったり値引きしてくれます。また、ドライブ中の昼食にはハンバーガーショップで割引価格で購入したり、帰宅後のオイル交換はカーショップでお得にすることができます。

このように普段の生活でも利用することで、運転記録証明書の発行手数料(630円)の元が取れてしまいますよ。

ゴールド免許だと更新時にこんな利点が!よく出張する方必見

運転免許証の有効期限は、70歳以下の場合は免許証の色によって年数が異なります。

‣ グリーン(3回目の誕生日の1ヶ月後まで)
‣ ブルー(最長3年、または最長5年)
‣ ゴールド(最長5年)

ブルーの3年免許と5年免許の違いは、過去5年間に軽微な違反(3点以下)が何回だったのかで判断されます。軽微な違反が1回であれば『5年免許』、軽微な違反が2回以上になると『3年免許』になるのです。しかし、重大な違反や事故(4点以上)が1回でもあった場合は、『3年免許』になります。

違反があると、頻繁に更新しなければならなく出費や時間がかかってしまいますね。71歳以上の方は、どの色でも3年に1度の更新が必要になります。

またゴールド免許の場合、更新時の手数料が安かったり講習の時間が短いのが利点でよく知られていると思います。これ以外にも、ゴールド免許だけにある制度があります。

それは、『経由地申請ができる』ということです。長期的に他の都道府県に出張されていて、なかなか帰れないという方も多いと思います。その時に“次の免許証がゴールドになる優良運転者”のみ、出張先の都道府県の運転免許試験場を経由して免許の更新をすることができるのです。居住地に帰る費用や時間を作らくてもいいですし、更新を断念して失効させなくてもいいのが、最大の利点と言えるでしょう。

運転免許証をゴールドにしたい!そのためには?

運転免許証を金色(ゴールド)になる条件は、いたって簡単です。『5年間無事故・無違反』でいることです。もっと正確に言うと、『免許の有効期限の年の誕生日の41日前から遡って5年間に、違反や人身事故が無い』となります。

なぜ誕生日の41日前から遡るのかと言うと、次回の更新時の区分の判定が誕生日の40日前に行われるためです。

よく、「追突事故したことがあります」という方がいらっしゃいます。事故には『物損事故』と『人身事故』があり、人身事故を起こしてしまった時のみ違反点数が引かれます。追突事故が幸いにもケガがない事故だった場合、『無事故』として判断されます。

車を運転する頻度が高い人は、シートベルトや携帯電話で捕まることがある方もいらっしゃいます。そのため「ゴールド免許に手が届きそうだったけど今回も届かなかった…」という方もいます。

そういう方は、今のところ5年間無事故・無違反だと分かった段階で現在の上位免許や他の免許(普通の上位は中型・大型、各二種免許、他の免許は大型特殊やバイクなど)を取得すると、申請した時にゴールドになるための条件(取得年数や違反歴など)が満たされているとゴールド免許が発行されますよ。

更新まで待てないという方は、この方法を試してみるのもいいでしょう。

 - 生活