生活の知恵で人生をバージョンアップ

生活の知恵で人生をバージョンアップ│知恵のガイド

幼稚園の年少さんからの習い事!今は当たり前の時代です

2017.9.4

幼稚園の年少さんから習い事を始めるなんて早すぎる!
いえいえ、今の時代は幼稚園の年少から習い事をするのは「当たり前」なんですよ。
幼稚園の年少さんから始められる習い事を調べてみました。
一番人気はやはり水泳教室!
始めやすいことと、周りのみんなが通っているというのが主な理由だそうです。
年少さんから習い事を始める時に重要なのが習い事の「先生との相性」です。
ここは親がしっかりと見極めて通う教室を決めるように頑張ってくださいね!

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

【部屋の防音対策】窓から漏れる音をシャットアウト!

部屋の防音対策していますか?外からの音は窓に対策を施す事で効果が期待できますよ。 自分で簡単に出来...

鳥をペットにしたい!静かに飼える鳥って?オススメ騒音対策

鳥をペットにする場合、静かに飼うことはできるのでしょうか。そもそもマンションで飼うのは大丈夫? ...

赤ちゃんから保育園に預けるのは心配だけれどメリットもあります

保育園に赤ちゃんを預けるのは、どのママさんも心配になっちゃいますよね! 小さい赤ちゃんなら尚更...

冷凍した魚が生臭い・・・解凍の仕方にポイントがあります!

冷凍した魚を焼いたらなんだか美味しくない・・・水っぽいし何といっても生臭い! あの生臭いニオイ...

産後、義母のことを苦手と感じるようになってしまいました

産後、義母のことを苦手と感じる人、多いようです。 私もその一人です。 みんながみんな、そうではな...

結婚式が遠方なら要チェック!結婚式の荷物や服装のポイント

遠方での結婚式に出席する場合、どうしても荷物が多くなってしまいがちですよね。 持ち物や当日荷物...

友達が多いアピールをする人ってどう思う?周囲からの反応とは

たくさん友達がいり乗ってとってもいいことだと思いますが、わざわざそのことを周囲にアピールしてくる人っ...

産後で仕事を(パート)始める時期や仕事復帰のポイントと注意点

今の時代、共働き夫婦が多く見られることから産後にすぐ、(パート)などで職場復帰をするワーキングマザー...

胎児の体重の増やし方とは?胎児の体重について紹介します

胎児の体重に関係のある栄養素にはどんなものがあるのでしょうか? 妊娠中の過ごし方で、胎児の成長...

入籍報告にもマナーがある!職場に入籍報告する時のポイント

入籍が決まったら職場へ報告することになりますが、、報告するタイミングや報告する人の順番などに迷うこと...

退職の挨拶で渡すお菓子の選び方や渡すポイントについて

会社を退職するとき、退職の挨拶としてお菓子を用意する人も多いと思います。 お菓子買うべきか迷っ...

新婚でも料理上手になる!料理下手から脱却する方法

新婚の時の悩みのひとつに、「料理が下手」ということがあるでしょう。 誰でも慣れない事をすると、...

犬のシャンプーを冬にする場合、こんな所に注意をして下さいね

冬場の犬のシャンプー、皆さんどうしていますか? 特に家でシャンプーをする場合は風邪をひいてしま...

猫が人間の食べ物を食べるとどうなるの?パンが良くない理由

人間が当たり前に食べていても、猫に与えてはいけない食べ物や与えないことが望ましい食べ物がたくさんあり...

ステンレス水筒の洗浄・消毒の注意点と目からウロコの洗い方

ステンレス水筒は軽くて丈夫。レジャーや普段のお弁当と合わせて使っている人も多いでしょう。 直飲...

スポンサーリンク

幼稚園の年少さんから始める習い事ってどのようなものがあるのでしょうか?

幼稚園児が通いやすい習い事ってなんでしょう?

・スイミング(水泳教室)
・ピアノ
・体操
・英会話
・幼児教室
・絵画・芸術教室
・ペン習字・書道
・ダンス

現在、幼稚園の年少さんからでも習い事を始めやすいように「クラス分け」している教室が多いようです。
また、無料体験レッスンなどもあり自分の子供が興味を示すのかどうかを試すことができます。
どんな習い事でも「入会金」や「教材費」「ユニフォーム」など初期費用が掛かります。せっかく一揃えしても子供が泣いて嫌がってしまってはその習い事に通い続けることは無理です。
ですから無料体験レッスンなどを通して、子供が興味を示しているのかを見極めましょう。
年少さんの子どもが自分の意志で「習いたい」「習いたくない」の判断をすることはできませんからね。

親が「させたい」と思う習い事と子どもが「やりたい」と思う習い事にズレが生じた時の判断を、誤らないように注意しましょう。
また、「ピアノ」を習わせることを決めても一つの教室だけを見て決めることはやめましょう。
年少さんの子供が習い事を続けるためには「先生(指導者)」との相性も重要です。
「習い事は好きだけど先生が嫌だ」
親が子どもと先生の相性を見極められればこういったことは避けられますからね。

幼稚園年少さんの習い事。一番人気はスイミング!

幼稚園のうちから習い事を始めるきっかけの一つに「幼稚園のお友達が通っている」というのがありますね。

調べてみると幼稚園児でも通いやすい習い事でダントツの一位は「スイミング(水泳)」でした。
「スイミング(水泳)」を始めるきっかけは

・体力を付けさせたいから
・まわりのお友達が通っていたから
・ほかの習い事に比べて初期投資がかからなかったから
・自分では教えられないから
・家の近くで水泳教室を開催していたから
・上の兄妹がやっていたから
・学校で水泳授業があるから
などの理由が多くみられました。

習い事を始める時には準備が必要ですね。
その点でも水泳は習い事を始めやすいのかもしれませんね。

幼稚園の年少さんから習い事って早くない?今は普通だよ!

幼稚園の年少さんから習い事を始めるなんて早すぎる…そんな考えは古いのでしょうか?
今は年少さんでも二人に一人は、なにかしらの習い事やお教室に通っているそうです。
一つではなく複数通っている子どもも、珍しくはありません。

幼稚園の年少さんのうちから、習い事をさせる必要があるのかないのかと言う議論も目にしますが、この件に関しては答えはないでしょう。

小さいうちから始めたからと言ってプロになれるわけではありませんし、小学校3年生から始めた子の方が年少さんから続けてきた子を抜かしてしまうなんてこともよくあることです。

親としてはお金も時間もかけているので「上達」することを望んでしまいがちですが所詮「習い事」です。
親がどんなに熱くなっても実際に習うのは子どもですからね。

せっかく早いうちから始めたから続けて欲しいけど…

スポーツ系の習い事で多いのは最初、習い事として初めても続けていくと「選手コース」に上がらなければならないことがあります。
練習時間も増えますし、もちろん費用も掛かってきます。
その時に「続ける」「やめる」選択を迫られることもあるようです。
やはり学校の勉強と両立していくことは大変なことですし、費用面も大きな支出となってしまいます。

子どもの習い事はある程度のところまで上達したり、時間をかけてしまうと「楽しくやりたい」だけでは続けることができなくなってしまう事もあります。

時間もお金も限られていることですから難しいですよね。

せっかく早いうちから始めてそれなりのレベルまで達したのに…
そう考えてしまいますがもし、時間と費用の面で続けることが困難になってしまった時には「新しいことにチャレンジ」してみてもよいのではないのでしょうか?

今までしてきた習い事やスポーツは必ず次のチャレンジに活かされることでしょうから

幼稚園のうちから習い事をさせています

私個人の考えとしては「幼稚園年少さんにの習い事の必要は全くない」でした。
娘は幼稚園から帰ってきておやつを食べてすぐにお昼寝。
幼稚園に通うだけで手一杯の様子。
「なにか習い事をするならこの眠たいモードのグズグズさんで習うということ?無理無理!」
そう感じていたので、習い事をさせるなんて全く考えもしていませんでした。
ところが年長さんになったとたん、体力がついてきたのか幼稚園から帰ってきてもあばれるようになりました。
天気の良い日は公園へ行って一時間はフル回転!
これが続けば親の私が疲れてしまうし、このエネルギーをもっと有益に使いたい!と考えて体操教室に通わせることにしました。
技術を身に着けるスポーツの世界でしたので、厳しい先生でした。
必死に言われたことをしようと頑張る娘。
あまりにも先生の厳しい指導に「体操教室を選んで失敗したな」と感じましたが、本人は身体を動かすことが楽しかったようで、小学校3年生になった現在でも続いています。
体操教室へ通い厳しい先生と出会えたおかげで、小学校へ入学しても担任の先生に対して物怖じすることなく接することができたのではないのかと感じています。
幼稚園の先生と違って小学校の先生は威厳があり厳しいですからね。
こういった面でも習い事をさせて、色々な大人と接する機会を持たせることができて良かったのでは?と思っています。
体操のセンスはありませんが…。

 - 生活