生活の知恵で人生をバージョンアップ

生活の知恵で人生をバージョンアップ│知恵のガイド

夜に心臓がドキドキ!動悸の原因や対策について

2017.9.4

夜にいきなり心臓がドキドキして眠れない…動悸が起こると焦りますし不安になりますよね。

なんで突然動悸は起こるのでしょうか?また動悸を起こさない為の対策はあるのでしょうか?

そんな気になる動悸についてをご紹介します。

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

子供への遺伝!親から受け継ぐ遺伝の秘密を紹介

私には娘と息子がいますが外見は二人とも主人にそっくりです。 兄妹も性別こそ違いますがよく似てい...

風邪で熱が37℃越えの時に、やって良いこと悪いこと

風邪をひくと37℃台の熱が出ることがありますが、これは「熱が出た」と言って良い体温なのでしょうか? ...

肝臓や腎臓に良い食べ物は結構あります!こんな食材も。

最近、むくみの症状や倦怠感を感じることはありませんか?もしかして肝臓や腎臓が弱っているのかもしれませ...

大学は休学した方がいいの?うつ病になって学校に行けない

気分が沈んでしまう、やる気がまったく起きないこの症状は「うつ病?」 うつ病が理由で大学を休学す...

境界性人格障害の特徴とは?女性に見られる特徴について

境界性人格障害と言う言葉を知っていますか?あまり聞きなれない言葉かもしれませんが、あなたの身近な女性...

ロキソニンの効果とは?マラソン時の服用は注意が必要!

鎮痛剤として知られているロキソニンですが、今ではマラソンランナーに欠かせないものとなっているようです...

初産の年齢に限界はあるの?年齢による妊娠と出産のリスク

初産の年齢に限界はあるのでしょうか? これから子供を出産しようと思っている女性の皆さんは、初産...

電車など移動中でもコンタクトをつけたまま寝るのはやめましょう

朝の通勤や通学に時間のかかる人は電車の中で眠ってしまう人も多いのではないでしょうか? 長く電車...

職場でアスペルガーの人への具体的な対応について

職場で一緒に仕事をしていて、なんとなく違和感のある同僚や上司、部下はいませんか?冗談が通じなかったり...

子供のお腹が大きいのは子供メタボ!?その原因と対処法

子供が小さいうちは沢山食べて大きくなって欲しいと、つい好きな物を食べさせてしまいがちですよね。 ...

赤ちゃんの心拍が弱い・・・正常な心拍は?流産の可能性について

赤ちゃんの心拍が弱いと言われてしまうととても心配になりますよね。元気に生まれてきてくれるのか不安に思...

鎖骨を骨折してしまったときのお風呂や着替え、治療法

鎖骨を骨折してしまったら、あまり動かさない方が良いそうですが、お風呂は入っても良いのでしょうか? ...

出産での入院中の食事は食堂で食べるのがいい?病院選びの基準

出産する時に病院を選ぶ時には、どんなことを基準にして選びますか? 中には入院中の食事を美味しく...

陣痛で苦しむ妻へ、旦那が出来る対応とは・・・

陣痛中、奥さんは想像を絶する痛みに襲われています。そんな時、旦那はどのような対応をすれば良いのでしょ...

吐血は上部消化管の病気が原因。肺の病変では喀血を引き起こす

なんらかの病気が原因で口から血を吐いてしまう場合「吐血」と「喀血」の2種類があるのをご存知でしょうか...

スポンサーリンク

夜に心臓がドキドキして眠れない…

夜中に突然動悸が起こり起きてしまうような時ってありませんか?原因として考えられるのは、ストレスや心身症です。不整脈などが頻繁に起こることで不安になり眠れないという事もあります。

不整脈は健康な人でも約7割の人に見られると言われています。そして動悸も同時に起こるのは約3割くらいです。ストレスなどの精神的な事が原因になっている場合はパニック発作などを引き起こすことも考えられます。

夜に起こる動悸は正常な状態とは言えませんので、心配のある場合は早めに病院に行って専門の医者に診てもらいましょう。

また動悸が死に繋がるような病気であることは少ないですが、動機が起こると心配になりますし眠れなくなると体によくありません。安心する為にも病院で心電図などの検査をしてもらい原因を調べましょう。

夜に心臓がドキドキしたら脈を確認して落ち着こう!

動悸を起こした時に不整脈やめまいなどの症状が出ていませんか?突然動悸を感じたら心配になり焦ってしまいますが、パニックにならないように落ち着くことが大切です。手首や首筋などで脈拍の乱れや脈拍数を確認してみましょう。

通常の場合脈拍数は1分間に約50から90回と言われています。また同時に起こる症状でどのような疑いがあるのかがわかります。
脈が速くなって落ち着いた時にめまいがあるようだと、除脈頻脈症候群の疑いがあります。
脈が遅くなり息切れやむくみがあるようだと房室ブロックの疑い、脈がスキップしたり胸の辺りがもやもやするようだと期外収縮の疑いがあります。
また急に脈が速くなって急に落ち着くような場合は発作性上室性頻脈の疑いがあります。
この場合長く続くとめまいや呼吸困難なども起こり失神することもあります。発作性上室性頻脈は、全身に血液を送り出す心房に異常が起こることで動きが不規則になり早くなり動悸が起こります。原因は高血圧です。
高血圧の原因はストレスや運動不足、お酒の飲みすぎなどの生活習慣なので、普段の生活の改善が必要になります。

夜、心臓がドキドキしないために出来る事!

動悸が起こると焦りますし出来れば感じたくないですよね。できるだけ動悸を起こさない為に何かできることはないのか気になる対策についてご紹介します。

睡眠不足やストレスなどは自律神経に影響し動悸を起こす原因になります。また動悸が起こることで不安を感じさらにストレスや睡眠不足になり悪化させるという事もあります。不安が抜けない場合は病院に行って検査してもらい安心しましょう。

そして自律神経に影響を与えない為に健康を保ちましょう。簡単なようで難しいかもしれませんが、規則正しい生活を心がけるのが一番の対策です。早寝早起き、毎日の運動、ストレスを溜めないというのを心がけましょう。

大きな不安などでストレスや不安などを感じて精神的に不安定になっている場合は心療内科や精神科などで診察してもらい治療を受けるようにしてくださいね!

夜に心臓がドキドキして辛いときはツボを押そう!

夜眠れないほどの動悸を感じている場合一度病院で検査を受けることをおすすめしますが、病院で異常がないと言われたけどやっぱり動悸を感じるという人もいるかと思います。そんな時には動悸の辛さを和らげるツボを押してみてください。

左右の胸の真ん中の胸骨の上にある少し凹んだ場所を、動悸で辛いときに少し下方向に向かって指で押してみてください。焦らずに落ち着いてゆっくり息を吐きながら押してみましょう。

また不安やイライラを抑えリラックスの効果を期待できるツボもあります。手首の内側の手首のシワから肘の方向に指3本くらい下がった場所を反対の手の親指でゆっくり押さえて離すというのを繰り返しましょう。どこででもできるツボ押しなので時間の空いているときに簡単に行うことができますよ。

異常はないけど動悸で辛いという方はぜひ試して見てくださいね!

夜の寝つきをよくするために出来る事!

夜眠れなくなる原因に自律神経の乱れがあります。自律神経が乱れると、眠りが浅くなってしまったり、寝付けなくなってしまったり、途中で目が覚めてしまったりして寝ているつもりでも結果寝不足になってしまっている事もあります。
寝不足になると、朝起きる時に辛かったり、日中に眠気があったりだるかったりします。
自律神経が乱れる原因としては、ストレスや疲れ、不規則な生活などが考えられます。日ごろからストレスや疲れを感じないよう心がけ規則正しい生活を送るようにしましょう。

また寝付きをよくするために、就寝前にホットミルクを飲むことがおすすめです。マグカップ1杯程度で効果を感じる事ができます。
牛乳には必須アミノ酸が含まれていてこれが神経伝達物質に合成され睡眠ホルモンを促進する働きをします。牛乳にはカルシウムも含まれているのでこのカルシウムによる精神安定の効果も期待できます。そして温めることでリラックスの効果も得る事ができ寝つきが良くなるのです。ぜひ試して見て下さいね!

 - 医療・健康