生活の知恵で人生をバージョンアップ

生活の知恵で人生をバージョンアップ│知恵のガイド

子供が風邪をひく頻度には違いがあった!免疫力が大事なんです!

2017.9.8

保育園や幼稚園、学校など多くの人が集まる場所では何かしらの病気がうつってしまいますね。

子供がよく風邪をひくのは当たり前なのでしょうか?風邪の頻度には個人差がありますが、免疫力に関係があるようです。

風邪をひきにくい体にする方法も紹介します。

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

朝食にパンを食べるがんになる?その噂の真相を調査!

パンは朝食の定番ですよね?我が家ももう何年も朝食は毎日、パンです。 ですが、朝食にパンを食べる...

離乳食はレトルトばかりだと影響はあるの?離乳食の安全性

赤ちゃんに離乳食作りは手間が掛かり大変です。 時間のない時にも便利なレトルトフードの離乳食です...

妊婦さんの胃痛は病院に行くべき?正しい対処法はコレ!

赤ちゃんを妊娠した妊婦さんの体は、それまでと違って色々な体の変化が見られるようになります。 つ...

寝起きの辛い吐き気!妊娠初期の対策方法!

妊娠がわかりママになる喜びと同時に、避けては通ることのできないの妊娠初期の「つわり」の吐き気。 ...

夢が怖い・・・眠れない!そんな時は疲れがたまっているのかも!

私たちが眠っている時に見る夢、楽しい夢や幸せな夢なら、朝の目覚めも気分がいいですよね! でも、...

赤ちゃんの心拍が弱い・・・正常な心拍は?流産の可能性について

赤ちゃんの心拍が弱いと言われてしまうととても心配になりますよね。元気に生まれてきてくれるのか不安に思...

陣痛で苦しむ妻へ、旦那が出来る対応とは・・・

陣痛中、奥さんは想像を絶する痛みに襲われています。そんな時、旦那はどのような対応をすれば良いのでしょ...

声変わりと身長は関係があるの?本当のところを調査しました!

「声変わりすると背が伸びなくなる」という話を聞いたことはありませんか? この話、本当のところは...

子供と一緒に飛行機旅行で耳がキーン!耳抜きの方法とは

子供と飛行機に乗って楽しい旅行へ出かよう! でも、飛行機に乗っていて耳がキーンってなったことは...

子供が歩く時期の平均は?平均より遅くても気にしないで!

子供の成長はとても早いもので、その成長のスピードに驚いてしまうこともあります。 子供の年齢が1...

ウイルスは生物ではない?生物との違いと共通点とは

インフルエンザなどでおなじみのウイルス。細菌とはどう違うのでしょうか。 また、ウイルスは「生物...

腱鞘炎の注射でしびれは治まる?腱鞘炎の治療と予防について

なんだか腕や指や肘が痛い・・・なんてことはありませんか? もしかしたらその症状腱鞘炎かも!?治...

風邪をひいたら運動して汗をかいて風邪を吹き飛ばそう!

風邪をひいた時どのような対処をしていますか?温かくしてとにかく静かに寝るという方も多いと思いますが、...

長く続く咳は背中や腹筋に筋肉痛を引き起こすことがある

咳が続く喘息や、ひどい風邪。そのうち背中に痛みが…もしかして筋肉痛? 風邪などで出る咳は、身構...

どうして?!牛乳だけではカルシウムを充分取れない理由

カルシウムが取れる食品で思い出すのは、なんといっても牛乳ですよね! ところが、牛乳では思ったよ...

スポンサーリンク

子供が風邪をひく頻度に違いはあるのでしょうか?

子供が小さいうちは、「家の子、よく風邪をひくの」というお話しを聞きます。
また、あまり風邪をひかないという子がいるのも事実です。
違いはどこにあるのでしょうか?

結論からいえば、健康で強い体は「毎日のバランスのよい食事から」ということがいえます。

風邪をひきにくい子供はよく食べます。毎日3食をきちんと、質も量もよい食事を食べています。
好き嫌いがないのが理想ですが、好き嫌いを克服するのは大人でも難しいものですね。

しかし、好き嫌いの多くは見た目やニオイがイヤなど、食わず嫌いによるものが大きいのです。好き嫌いは、慣れや調理法によって食べられることも多くありますので、食べないから出さないということは避けてください。

どうしても食べられないとい場合は、他の食材で摂るようにしましょう。
牛乳が飲めないのなら、チーズ料理やヨーグルトなど、葉物の野菜が苦手ならかぼちゃやニンジンなど。

また風邪の予防には、タンパク質やビタミンA群・ビタミンCが大切です。

子供の風邪の頻度が増えるのは集団生活で?

保育園に通う子供がいるママのおはなしを紹介します。

「我が家には2歳と3歳の女の子がいます。
春から保育園に行っていますが、月に4回は何らかの病気を運んできます。保育園や幼稚園に行くようになると風邪や病気の回数が増えるよーとは聞いていましたが、ほぼ毎週です。
また、小さいからなのか下の子のほうが頻度は多いです。

仕事をしていますが、ひと月に3日しか会社に出ることが出来ませんでした。会社は融通がきくので助かっています。
子供だけでなく自分も体調が悪い日が続き、子供をお風呂に入れて頭を洗わなかったり、ご飯はお弁当で済ましたりしています。
「小さい頃にたくさん病気をしておいた方が、大きくなってからはかからないよ」と言われたことを思い出し、早くそうならないかなと思いながら毎日頑張っています。」

子供の風邪の頻度を減らすには、免疫力をつけましょう

インフルエンザの予防接種は毎年受けていますか?予防接種をしてもインフルエンザにかかる人はいますね。

インフルエンザにかかったといえば、病院や保育園などで必ず「予防接種をしたどうか」を聞かれます。
予防接種も大事ですが、それよりも大事なことがあります。
子供の体の免疫力を高めてウィルスに負けない体を作ることです。
お金を払って予防接種を受けても、免疫力が無ければインフルエンザにかかりやすことがいえます。

保育園でも時期になると毎日のようにお休みする子がいて、全員揃うことは少ないといいます。
未満児クラスでは特にその傾向が大きくみられます。
「月に一度は風邪をひくのが当たり前」かというとそうではありません。

やはり毎日の食事が大切です。
・外食・ファーストフード
・子供が喜ぶ菓子パン
・添加物などを多く摂る食事ばかりだと、風邪をひきやすい体になってしまいます。

昔ながらの食事が子供の免疫力をアップさせます!

子供の免疫力を上げるには、「一汁三菜」の和食のメニューがオススメです!
この昔ながらの食事が、体に重要な栄養素が豊富で強い体を作ってくれます。
■一汁三菜の献立とは
・主菜・・・メインのおかず、肉や魚。(焼いたり、煮込んだり、揚げたりしたもの)
・副菜・・・野菜中心で炒めたり和えたりしたもの。
・汁物・・・同じく野菜中心のお味噌汁。
おかずはなるべく手作りしましょう。
お惣菜や加工品は栄養素が抜けていることがほとんどです。

またビタミンEや亜鉛などが含まれている食品をとるように心掛けてましょう。
ビタミンEは、緑黄色野菜、豆類、魚介類に多く含まれています。血の流れが良くなり色んな栄養素が体中に運ばれます。
また、老化防止にも繋がりますのでママさんも積極的にとりましょう!

亜鉛は、卵、海藻、ナッツ類に多く含まれています。細胞を活性させてくれます。不足すると病気にかかりやすくなってしまいます。

風邪をひきにくい体にするには?

・体を動かす!
天気の良い日は、近所の公園でもいいので外に出ましょう。
外の空気は、呼吸器を強くしてくれる効果もあります。仕事などで子供となかなか一緒に遊べないという人は、野球チームやサッカー教室などの習い事をさせてあげられるといいですね。

・十分な睡眠時間をとる!
理想的な睡眠時間は、入学前で8時間程度。早めに布団に入り十分な睡眠をとることで、翌朝もすっきり起きることが出来ます。

・手洗いを習慣をつける!
手洗いは大事です。外から帰ったらまず手洗いを促してあげましょう。
「手を洗ってからおやつにしよう!」などと声をかけ、毎日の習慣にしましょう。

・薄着で過ごす
寒さに慣れましょう。大人に比べて子供の体温は高めですので、少し寒く感じるくらいの服装でも大丈夫です。

他に薬に頼り過ぎないことも大事なことです。

 - 医療・健康