生活の知恵で人生をバージョンアップ

生活の知恵で人生をバージョンアップ│知恵のガイド

納豆を毎日、子供に食べさせてる?納豆についてをご紹介!

2017.9.4

納豆は体にいいとよく言うので子供に毎日食べさせている方も多いのではないでしょうか?

しかし、毎日食べることで本当にいいことが起こっているのでしょうか?また、悪いことはあるのでしょうか?

そんな気になる納豆を毎日食べることなどについてをご紹介します!

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

子供の手のカサカサの原因は!?子供の手荒れ対策

気付くと子供の手がカサカサ! 乾燥が進み、ひび割れが進むとハンドクリームも滲みてしまい可哀そう...

便が黒いのはコーヒーが原因?気になる黒い便を調査!

便がいつもより黒いと気になりますよね~。 コーヒーの飲み過ぎで便が黒くなるって聞きますが、本当...

耳にイヤホンをつけると痛い!こんな症状が出る時の原因はコレだ

耳にイヤホンを装着すると痛い・・・。そんな事ありませんか? その痛みの原因はただ単にイヤホンが...

離乳食はレトルトばかりだと影響はあるの?離乳食の安全性

赤ちゃんに離乳食作りは手間が掛かり大変です。 時間のない時にも便利なレトルトフードの離乳食です...

風邪で熱が37℃越えの時に、やって良いこと悪いこと

風邪をひくと37℃台の熱が出ることがありますが、これは「熱が出た」と言って良い体温なのでしょうか? ...

吐血は上部消化管の病気が原因。肺の病変では喀血を引き起こす

なんらかの病気が原因で口から血を吐いてしまう場合「吐血」と「喀血」の2種類があるのをご存知でしょうか...

ロキソニンの効果とは?マラソン時の服用は注意が必要!

鎮痛剤として知られているロキソニンですが、今ではマラソンランナーに欠かせないものとなっているようです...

寝起きの辛い吐き気!妊娠初期の対策方法!

妊娠がわかりママになる喜びと同時に、避けては通ることのできないの妊娠初期の「つわり」の吐き気。 ...

乳児の熱に冷えピタはアリ!?その注意点と熱の対処法

乳児が熱を出したとき、つい熱を出した時によく貼る「冷えピタ」を使いがちですよね。 でも、これって実...

朝食にパンを食べるがんになる?その噂の真相を調査!

パンは朝食の定番ですよね?我が家ももう何年も朝食は毎日、パンです。 ですが、朝食にパンを食べる...

赤ちゃんがタオルを噛む行動の原因と対処方法

小さい赤ちゃんがタオル噛むことは、よくある行動です。 子育てが一段落したママはそんな仕草を見る...

歯医者の通院期間が長い理由とは?良い歯医者を見つけよう

歯医者って通院期間が長くかかると思いませんか? 長くかかると通うのが段々面倒になってしまって、...

耳の付け根が切れる”耳切れ”の原因をご紹介!

耳の付け根が切れてとっても痛い…。 何だか膿も出てきてどう対処していいのやら…と苦痛に耐えてい...

酒とタバコとコーヒーが体に与える影響を調べました

酒、タバコ、コーヒーなどの嗜好品。 タバコは辞めたいと思ってもなかなか辞められないという方も多...

矯正後のリテーナーは喋りにくいってホント?理由やお手入れ方法

矯正後に「リテーナー」を付けることは知っていますか? 矯正は矯正器具を外したら矯正完了ではあり...

スポンサーリンク

子供が納豆にはまってるけど毎日食べさせて大丈夫?

子供が納豆を好きだからと言って毎日食べさせてもいいのでしょうか?
そんな時の対処の仕方についてをご紹介します。

保健所での幼児の栄養量は、ご飯などの炭水化物、肉や魚、大豆などのタンパク質、野菜などと言う順番が理想的な栄養量と言われています。
野菜は体の調子を整える役割があり多く摂取しようとしがちですが、幼児期はたくさんのエネルギーを使い、体が成長しているのでエネルギーになる炭水化物や体を作るタンパク質がとても重要です。

大豆は低カロリーなのに高タンパク質なのでとても体にいいですが、肉や魚も摂取している場合摂取し過ぎてるのではないかと気になる方もいるかと思います。
納豆が好きであまりに食べるようなら、他のタンパク質を少し控えるようにするといいですよ。ま
た、タレを入れると塩分が多いので、入れずに食べさせると気になりませんよ。

いつまでもはまって食べているわけではないと思うので、はまって食べている時期は他のものでタンパク質の調整をして塩分に気をつけて食べさせてくださいね。

納豆を毎日食べて子供の成長に必要な栄養を摂取しよう!

納豆は骨の成長にとてもいい食べ物です。骨の成長と言えばカルシウムを思い浮かべますよね?このカルシウムはとても吸収されにくく、さらに子供は不足しがちな栄養素なのです。

納豆はカルシウムを含んでいるのはもちろんですが、このカルシウムを吸収するのを助けるポリグルタミン酸というものも含んでいます。
ですので、カルシウムをただ摂取するよりもカルシウムをたくさん体に吸収することができるのです。
また、骨の代謝に必要な栄養素も含まれているので納豆は骨の成長にとても適した食べ物なのです。

その他、たんぱく質や鉄分など成長期に必要な栄養素がたくさん含まれています。
特に皮膚や粘膜の健康を維持したりする亜鉛が摂取できるのはとても重要です。
亜鉛が不足すると、細胞の生成などがうまく出来なくなり身長や体重などの発達に遅れがでたり思春期の成長に影響が出るようになります。

不足しない為にもしっかり食べたいですね!

毎日、子供に納豆を食べさせるのはやめた方がいい?

納豆はとても体によく上でも説明した良いことがたくさんありますが、食べるのを控えた方がいい場合はあるのでしょうか。
そんな、納豆の摂取を控えた方がいい場合についてをご説明します。

私たちは季節によってさまざまな影響をうけます。
特に春は水や土地の影響を大きく受けます。このような影響は、心臓より上の部分に症状が出やすくアレルギーの症状や気管支の症状などが現れやすいです。
このような症状がある場合は納豆などのねばねばの食べ物を控えた方がいいかもしれません。

納豆やオクラなどねばねばの食品には体にいい影響を与えるものが入っていて健康にいいと言われますが、このような食品を食べ過ぎると体内の管の流れを悪くさせてしまい免疫力が落ちることがあります。

症状が出ているときは免疫力をあげなければいけないので摂取は控えた方がいいですよ。

子供に毎日、納豆を食べさせるなら冷凍しちゃおう!

納豆は賞味期限ぎりぎりの方が体にいいってご存知でしたか?
納豆は発酵食品だという事は有名ですね。なので、日にちが経てば発酵がさらに進むので栄養や効果が高まります。
納豆は、買ってきてすぐに食べるよりも賞味期限ぎりぎりの方が効果を感じることができますよ。

また納豆は冷凍できるという事をご存知でしたか?
だいたい3食のセットで売っていますが毎回買うのもめんどくさいですよね。そんな時はセールの時などに大量に買ってきて冷凍しちゃいましょう。
冷凍しても納豆菌は死なずに栄養が落ちることはありません。解凍するときには、レンジなどを使わずに冷蔵庫でゆっくり解凍するようにしてくださいね。
レンジを使っても納豆菌は死にませんが一部の成分が失われてしまうので気をつけましょう。

納豆を毎日食べるために子供の喜ぶレシピをご紹介します!

健康の為にも納豆を摂取したいですが毎日のように食べていると飽きてしまう事もあるかと思います。そんな時には、納豆を使っていつもの納豆とは違う料理にしましょう。
おすすめのレシピをご紹介します。

おすすめの納豆料理は納豆チャーハンです。
材料は二人分でご飯400g、納豆2パック、卵2個、ねぎ2分の1本、しょうゆ、ガラスープ、こしょう、サラダ油、お好みでごま油です。

まず卵2個をほぐしましょう。フライパンにサラダ油おおさじ3を入れ温めて卵を油の中心に流しいれ包み込むように混ぜて半熟の状態にしましょう。

そこにご飯400gを入れて卵をご飯に混ぜ込むようにして炒めます。パラパラになってきたら、納豆2パック、粗みじん切りにしたネギ2分の1本分をくわえてさらに炒めます。

納豆のねばねばが切れるくらいになったら、しょうゆ大さじ1、ガラスープ大さじ1、こしょう少々を加えてお好みでごま油を回し入れて出来上がりです。

納豆のねばねばがなくなるまでしっかり炒めて作ってくださいね!

 - 医療・健康