生活の知恵で人生をバージョンアップ

生活の知恵で人生をバージョンアップ│知恵のガイド

子供を寝かしつける方法は?1歳の子供がぐっすり寝てくれる方法

2017.9.8

子供を寝かしつける時、なかなか寝てくれないと大変ですよね!

1歳くらいの子供を寝かしつける時、ママたちはどのような工夫をしているのでしょうか?

子供がぐっすり寝てくれる寝かしつけの方法についてまとめました。

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

【育児中のママ必見】夜中のミルクのやめ方や断乳について

離乳食が進んでくると夜中のミルクいつやめたらいいのか?やめ方はどうしたら?と頭を悩ませます。 ...

幼稚園での個人面談が最後になるのは何故?その理由について

希望を出したのに、個人懇談のプリントをもらったら幼稚園の個人面談で最後に・・・ 何かうちの子問...

自閉症のコミュニケーションには絵カードが効果的!その作り方

人とのコミュニケーションが苦手な自閉症にとって、絵カードは言葉と同じなのです。 目からの刺激に...

子供のわがままは自我の芽生え!4歳児のわがままと向き合う方法

子供も4歳になると自我も芽生え、体格も良くなり、わがままがパワーアップします…。 魔の2歳児を...

朝食にパンだけ!朝食がもたらす子供への体の影響について

朝食にパンだけは、子供の脳や体に良くない!? 脳を働かせるには炭水化物が必要。でもパンだけでは...

弥生時代はどんな時代?小学校の授業で学ぶ弥生時代の特徴

小学校で学ぶ歴史の授業では、弥生時代はどのような内容で教えられているのでしょうか。 縄文文化と...

子供を二人目持つかどうか、経済的な不安で迷っている人へ

子供を一人授かった後に悩むのが、二人目問題です。調べてみると、経済的な理由で二人目を諦めてしまう家庭...

高校で不安に感じる勉強の悩み・・・勉強の不安を解消するには

高校に入学すると勉強についていけなくなって不安を感じてしまう生徒もいるようです。 また、高校の勉強...

子供が言葉につまる!その原因と対処法・考えられる病気について

子供が言葉を話している時、言葉がつまるような様子があれば心配になりますよね。 子供が言葉につま...

兄弟姉妹を差別する親、どうして平等じゃないの?実態を調査!

物心ついた時から、兄弟姉妹間で親から差別を受けていると感じている人も実は多いのではないでしょうか。 ...

子供の意思を無視したりネガティブな態度や感情が与える影響

子供は些細なことでも親の影響を強く受けて育つものです。 愛情を注がれたら愛情を、苛立ちをぶつけ...

子供に全くお菓子を与えない方針を貫く注意点

子供に甘いお菓子を与えない家庭も多いのではないでしょうか。おやつは家で手作りしたもの、自然食品の物を...

高校を卒業するのは寂しい!みんなのエピソードを見てみよう

卒業式が近づくと寂しい気持ちになりますね・・・。 寂しい気持はどうやって乗り越えたらいいの?寂...

高2は勉強にやる気がでない?その原因と対策を紹介します!

高2で勉強のやる気がでない人はいませんか?どうして勉強のやる気がでないのでしょうか? 原因の1...

2歳の子供に毎日イライラ!そんな時には子供と距離を置いて

2歳の子供。魔の2歳児ですね。 そんな我が子にイライラしてしまう…。 罪悪感もありつつ、疲れてへ...

スポンサーリンク

1歳の子供を寝かしつける方法・・・体を動かす

ハイハイの頃までの赤ちゃんは、あまり行動範囲も広くなく、ママの周りで活動していることが多いです。でも1歳を過ぎて歩き始めるようになると、一気に行動範囲が広がります

ミルクから取っていた栄養も、食事からとれるようになってきて、体力もたくさんついてきます。
体力がついてきたこのころの赤ちゃんは、たくさん体を動かすことで夜にぐっすり眠れるようになります。
日中たくさん遊んで体を動かし、寝やすいように適度に体を疲れさせてあげましょう。

・会談や坂道を上る
・お散歩に行く
・公園で遊ぶ

日常生活のこういったことも、赤ちゃんにとっては楽しい経験になります。

太陽の下でたくさん遊べば、夜には睡眠を促すホルモンが分泌され、ぐっすりと眠ってくれるようになります。

1歳の子供の寝かしつけ・・・ユニークな裏技も!

赤ちゃんを寝かしつけるにはこんな方法もあります。

■眉間をこする

赤ちゃんが寝ない時、赤ちゃんの眉間を素早くこすってあげましょう。そうするとなぜかすんなり眠りに入る赤ちゃんもいます。でも、嫌がる赤ちゃんもいますので、無理矢理やるのは禁物です。

■寝たふり

ママが何をしても寝ない時は、寝たふりをして寝てますアピールをしましょう。赤ちゃんはどうにかしてママを起こそうと一生懸命になると思いますが、何をされても起きないこと!そのうち諦めて寝ます。

■本の読み聞かせ

赤ちゃんのお気に入りの絵本を読み聞かせてあげましょう。その子によって眠りに入るスイッチを入れてくれる本が違いますので、色々読んで確かめてみましょう。

1歳の子供の寝かしつけ・・・先輩ママたちの場合

子供の寝かしつけで、実際にママたちが試して効果のあったものをご紹介します。
今夜からの寝かしつけでぜひ試してみてください。

・背中を優しくさする
・スマホや携帯の着メロで子供の好きな歌を流す
・子供の好きな歌を歌う
・寝ない時はおんぶ紐でおんぶ
・そのまま一緒に寝てしまう
・日中たくさん遊ぶ
・子供の両足を持って揺さぶる、交互に行う
・パパも一緒に川の字になって寝て世間話
・ママが仰向けになってお腹の上に乗せてゆらゆら

先輩ママたちは、こんな風にして子供を寝かしつけてきたようです。

どんな風にするのが一番寝やすいかはその子によって違いますが、寝かしつけで悩んでるママたちは一度試してみてください。

リラックスした状態で寝かしつけをしてあげるのも良いようです。

生活スタイルを見直してスムーズな寝かしつけを!

夜なかなか子供が寝てくれないという時は、一日の生活スタイルを見直してみるのもいいですよ!

■起きたらしっかり朝日を浴び、夜は静かに過ごす

朝日を浴びると、メラトニンという睡眠に必要になるホルモンが分泌されます。カーテンを開けて朝日を浴びさせてあげることで、メラトニンの分泌が行われます。

メラトニンは朝日を浴びてから14時間ほどたつ頃に多く分泌されるようになりますので、朝6時に起きた場合は夜8時ころに分泌され始めます。

ですが、しっかり朝日を浴びていても、夜に明るいところで過ごしていてはメラトニンは出てきません。

寝る前は部屋を暗くして、メラトニンがきちんと分泌されるようにしましょう。

子供が寝る1時間前くらいからは、部屋の灯りを少し暗くしてあげましょう。

■毎朝決まった時間に起きる

いつもバラバラの時間い起きていては、生活のリズムを整えることが出来ません。

起きる時間をいつも同じにして、体内時計を調整してあげましょう。

寝る時間も一定の方が、生活のリズムを整えるためには良いことです。

子供を寝かしつける時に気を付けたいこと

スムーズな寝かしつけの為に気を付けることをご紹介します。

■夕方に寝せない

夕方はママが忙しく家事をしてることもあり、退屈になった子供はいつの間にか寝てしまうことがあります。夕方に寝てしまうと夜寝れなくなりますので、寝せないようにしましょう。

■寝る前のルーティーン

寝る前に本を読む、寝る前にぬいぐるみと布団に入るなど、眠りに入りやすくするための行動をとって安心して眠りに入れるようにしましょう。

■部屋を暗く、静かに

寝る時間が近くなってきたら、テレビを消して静かにし、お部屋の灯りも暗くします。スマホの灯りは脳を刺激しますので、子供に画面を見せないようにしましょう。
寝る前に興奮するような遊びもしない方がいいです。

■おっぱいで寝かしつけない

この方法を取っていると、おっぱいが内と寝られなくなってしまいます。
ママも楽かもしれませんが、別の方法にしてください。

子供を寝かしつける時、ママがイライラしているとそのことが伝わって余計に寝てくれなくなることがあります。

家事が終っていない!自分の時間が欲しい!と思うかもしれませんが、なかなか寝てくれない時は思い切って諦めることも肝心です。

 - 学習・教育