生活の知恵で人生をバージョンアップ

生活の知恵で人生をバージョンアップ│知恵のガイド

小学校の運動会のかけっこ、早く走る為のポイントはコレ!

2017.9.22

小学校の運動会と言えば、すぐに思い浮かぶのが 「かけっこ」。

多くの小学校が運動会の種目に取り入れています。

子供にとってかけっこを早く走る事がで来ると嬉しいんですよね~。

そんなかけっこの速く走る為のコツをご紹介しちゃいます。家族で練習時に試してみて下さいね。

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

子育てに失敗したくない!後悔しないために出来ること

子育てをしていると、ついつい怒ってしまうことも多くいなりますよね。怒ってばかりでなく、褒めることも必...

高校の同窓会を行く?行かない?悩んでいる人必見!

高校の同窓会の知らせが来たけど、なんだか乗り気ではない…と返事をどうしようか悩んでいる人必見! ...

高校の校則『ゆるい』と『厳しい』偏差値との関係性

高校の校則、あなたの高校は『ゆるい』と思いますか? 『厳しい』と感じますか? 調べてみる...

小学生ならみんなしてる!?習い事をしてないのは間違いではない

今はほとんどの小学生が何かしら習い事をしているようです。 でも、中には家庭などの方針によっては...

子供が言葉につまる!その原因と対処法・考えられる病気について

子供が言葉を話している時、言葉がつまるような様子があれば心配になりますよね。 子供が言葉につま...

受験勉強をしない!勉強をしたくない原因・理由について

受験勉強をしてない・・・しなくてはいけない事はわかっていても、勉強をする気になれない・・・ こ...

赤ちゃん用の布団はいつまで使えるか調べてみました!

赤ちゃんの布団やベビーベッドはいつまで使えるの? 個人差はありますが、平均は〇歳くらいでした。...

英語は小学生のうちから?習い事で人気の英語教室について

「英語」英語を話すことができればかっこいいですよね? ですが、今の時代は小学生のうちから英語の授業...

別居をすることになって子供が転校しなければならない時の対処法

両親の離婚を前提として別居をすることになった時、子供に直接関係してくる問題は「転校」の事です。 ...

高校生の子供が勉強しないことで悩んでも仕方ありません!

高校生の子どもが勉強をしないことに頭を悩ませているお母さんはたくさんいますよね? でも、もう高...

高校や大学の部活マネージャーの役割とは?実態を調査しました

高校や大学の部活のマネージャーというのは、一体どんな仕事をしているのでしょうか? また、部...

高2は勉強にやる気がでない?その原因と対策を紹介します!

高2で勉強のやる気がでない人はいませんか?どうして勉強のやる気がでないのでしょうか? 原因の1...

子供を叱るとき寝る前はNG!?叱るのにタイミングは大切

子供を叱るときは、やはり悪いことをしたタイミングで叱るのが一番ですよね。 しかし、寝る前に子供...

子供のわがままは自我の芽生え!4歳児のわがままと向き合う方法

子供も4歳になると自我も芽生え、体格も良くなり、わがままがパワーアップします…。 魔の2歳児を...

子供はどんな顔も可愛い!子供を可愛いと思う瞬間をご紹介!

子供の顔はどうしてこんなにも可愛いのでしょうか? 子供の顔が可愛く見えるのには、こんな理由があ...

スポンサーリンク

小学校の運動会、かけっこで上位に入る為のコツとは

小学校の運動会で必ずと言っていいほどあるのは「かけっこ」ですよね。

運動が得意な子にとっては、自分の実力の見せどころと言ってもいいのではないでしょうか。しかし逆にかけっこが苦手な子も少なくありません。

そんな苦手な子は、どうしたら少しでも早く走る事ができるのか?上位に食い込むことが出来るのか?気になりますよね。
小学校は1年生と6年生では体力にも大きな差があります。かけっこも距離が1年ごとに変わってくる学校が多いようです。

まず1年生なら50メートル、2年生なら60メートルというように段々と距離が長くなっていき6年生では100メートル走という所が大半です。

1年生なら出だしのタイミングが勝負!本当に足の速い子なら少々、スタートのタイミングがずれても挽回できますが、1年生ならスピードにそれほど大きな差がないので、スタート時のタイミングが重要となってきます。
運動会が近づいたら子供と一緒にこの練習をしてみて下さい。

また6年生になると距離が長くなり体力も必要となってきます。力の配分を間違えるとゴール前で失速してしまう事も・・・。
配分を考えて走る事、また体力をつけるために日頃から運動が出来るとよりいいでしょう。

小学校の運動会のかけっこ、重要なポイントは○○

私は小さい頃から運動が苦手で、自分の事を運動音痴だと思っていました。しかし大人になり子供を産んで、今思うんです。最初から運動能力が劣っていたわけではないのでは?と。

足が遅い、運動が出来ないのは、自分が持っていた運動能力のせいではなく、小さい頃から運動をしなかったのが大きな問題だったように感じます。

今かけっこが苦手だと感じている子も、100メートルを全力で走り切る体力がないだけかもしれません。
小さい頃からたくさん運動する機会があれば体力も付き、スポーツのコツもつかめます。

例えばかけっこなら腕を振る事やももをあげる事が走りの速さにつながります。しかしこれだけの事でも結構な体力が必要です。体力がない子供はこのコツがつかめずに走るのが遅くなってしまう。そして運動が苦手だと思い込んでしまう事も少なくないはずです。

まずはどんな運動も体力をつける事が重要なポイントなのです!

だからと言って小さい頃からスポーツ教室に通わなくたって大丈夫、お友達と楽しく外遊びをする機会を増やすだけでも、子供に必要な体力は付いてくるものですよ。

小学校の運動会のかけっこにはやる気も大事!

かけっこは走り切る体力が必要という事をお話ししましたが、同じくらい大事な物があります。

それは子供の気持ち「やる気」です。どんなに体力があったって、子供がやる気を出さなければ速く走る事ができません。

大人にとっては運動会のかけっこなんだから、一生懸命走って当たり前ですよね。やる気を出して全力疾走するものだと思ってしまいますが、子供は違います。

どうせ遅いんだから走りたくない・・・。など最初からやる気を失ってしまう場合もすくなくありません。

こうなってしまっては速く走るなんて絶対無理です。

まずは子供をやる気にさせる事。1位を取れなくたって一生懸命頑張った後の達成感や運動の楽しさを教えてあげましょう。

その為には子供がやる気をなくすようなマイナスな言葉は使わない!いい所を褒めてあげて下さい。

またママやパパが子供と一緒に練習をして走ると、子供は走る事が楽しくなります。一緒に運動をして目標をたて、やる気を子供に持たせることも大切です。

かけっこを速く走るには姿勢にも気を付けてみよう

さて体力もやる気も付いたら、いよいよ技術的な事も練習に取り入れてみましょう。

速く走る為には姿勢を意識してみて下さい。走っている時に姿勢を正すのは意外と難しいものですよ。子供に教えるだけでなく、パパやママも一緒にやってみて下さいね。

ではなぜ姿勢が大事なのかというと、走る時に生み出す力が姿勢が悪いと速さに伝わらず、違う所に分散されてしまうからです。

姿勢を正して走る事により、力は真っすぐと前進する力に変える事ができます。

猫背にならないように、また頭が左右に揺れ力が分散されないように真っすぐな姿勢で走る事を意識してください。

気持ち的には糸で頭を真上につられているような感じで、走っている時以外にも普段から姿勢を正す事に注意をするといいですよ。

その他には走っている時の目線も重要です。下を向かずにゴールを見つめ視線がずれないように真っすぐと見つめて走ってください。

運動会のかけっこ力みすぎにも注意が必要です

速く走りたい!練習の成果を出すぞー!と意気込むと体に力が入ってしまいますよね。

速く走るには無駄な力みはNGです。余分な力は抜き気持ちをリラックスさせてください。

よく陸上選手などが走る前に手や足をぶらぶらさせたりしますよね。余計な力みが入ると早く走る邪魔になるだけではなくケガにつながってしまう事もあります。そんなことを防ぐために、体をリラックスさせる事が必要です。

また走る為には腕振り、もも上げが重要だと言われています。しかしそこに力を入れ過ぎてはいけません。腕を沢山振る!と考えてしまうと、どうしても力んでしまうので腕は肘を中心に後ろにしっかりと引く事を重視して下さい。

また手をギュッと握らずにパーにして開いて走ると力を抜くことが出来ます。試してみて下さいね!

 - 学習・教育