生活の知恵で人生をバージョンアップ

生活の知恵で人生をバージョンアップ│知恵のガイド

夜のオムツ外しのポイントはコレ!ママ焦らないで

2017.8.31

夜のオムツ外しが、なかなか進まない・・・。悩んでるママを多いのでは?

オムツ外しは子供の体の発達にも大きく関係してきます。

焦らずに時期を待つことが大切ですよ!焦らず怒らず根気よく夜のオムツ外しと付き合っていきましょう。

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

大学生がサークルを辞めるかどうか迷ったときの対処方法について

大学生のほとんどはサークルに入っているってホント?合わないなら、すぐに辞めたほうがいい?部活よりも辞...

親が病気で介護が必要になっても仕事は続けられますよ

親が病気になったら自分が面倒を見なくては!と仕事を辞めてしまう方も少なくはありません。 しかし...

ペットボトルストローはこぼれないところがいい!オススメです

ペットボトルストローというのを使ったことはありますか? ペットボトルストローはこぼれないので...

dvシェルターに入りたい!期間やルールはある?条件などを調査

配偶者からのdv被害から逃れるためにある“シェルター”ですが、どのようなところなのでしょうか? ...

犬のシャンプーを冬にする場合、こんな所に注意をして下さいね

冬場の犬のシャンプー、皆さんどうしていますか? 特に家でシャンプーをする場合は風邪をひいてしま...

母親が過干渉だと拒食症のリスクが高くなる?拒食症の原因とは

拒食症になってしまう原因として、母親が過干渉ということが挙げられます。 お母さん自身は気が付い...

バナナが冷蔵庫内で真っ黒に!バナナにはこんな効果があった!

食べようと思ったらいつの間にかバナナが真っ黒に・・・。 傷むからと、冷蔵庫で保存をする人も多い...

パート勤めでの旦那との家事分担、旦那が手伝ってくれる方法とは

パート勤めで共働きの時、旦那さんは協力的に家事を手伝ってくれてますか? 世の中の旦那さんはどの...

インコアレルギーがあるってホント?気になるその症状とは

インコに対してアレルギー症状を発症してしまう場合があるのはご存知ですか? 鳥類に対して強いアレ...

洗濯にはお湯か水、どちらが良いか紹介します。洗濯のコツも!

毎日の洗濯、どうせならキレイに仕上げたいですよね。 洗濯するときは水道水だけですか?洗剤が溶け...

大学進学で東京へ!楽しい大学生活を送るためには

地方から東京の大学に進学するのは、新しい環境にドキドキしつつ新しい出会いにわくわくもしますよね。 ...

夫が育児に不参加!夫が育児に協力してくれるようにする方法とは

赤ちゃんが産まれたら夫にも育児を手伝ってもらいたいと思いますすよね。 一日中赤ちゃんのお世話や...

夫が育児に非協力的だとお悩みのママへ

夫が育児に非協力だと悩むママは多くいますね。 「イクメン」や「カジメン」など言われる昨今ですが、基...

子供が出来たら旦那が変わった?自他ともに認める変化!

子供が苦手だった旦那も、実際に自分の子供が出来ると「変わった」と感じる事は多いはず。 ではどん...

赤ちゃんの服は何枚必要?月齢や季節ごとに考えよう

出産準備で赤ちゃんの服を用意すると思いますが、何枚準備すべきか悩みますよね。 生まれたばかりの...

スポンサーリンク

夜のオムツ外しは、時期を待つことが大切

日中はオムツが外れても、夜はなかなかオムツを外す事が出来ない。という方多いのではないでしょうか。

どうして失敗しちゃうの?と焦らないで、子供の体の発達とともに夜のオムツも取れていきますよ。

どういうことかというと、夜のおしっこは昼間とは違い膀胱の発育が大きく関係するからです。

  • おしっこを溜めることができる位の膀胱の大きさ
  • おしっこの量を抑えるホルモンが分泌すされる事
  • おしっこが溜まったと感じたら目が覚めるようになる事

これらの事がすべて整うと夜のオムツが外れるようになります。ですから日中に出来るのに、夜はおねしょをしてしまう事を悩まないで下さいね。また子供を怒ったりもしないで下さい。

時期が来れば必ずオムツが取れますよ。

夜のオムツ外しに失敗しても、親は怒ってはいけません

夜のオムツ外しにはホルモンが関係している事に少し触れましたが、このホルモン抗利尿ホルモンと言って、オムツ外しの重要なポイントとなってきます。

抗利尿ホルモンが出る事により、夜間のおしっこの量を抑える事が出来るのですが、何しろホルモンと名の付くものはストレスによって影響を受けやすい。

夜のおねしょを怒られたりすると、子供もストレスを感じ自律神経を乱してまう事もあります。

その結果ホルモンの分泌に影響がでてしまう。なんて事も・・・。

またおねしょを防ごうと夜中にトイレへ連れて行こうとするのもNG。

抗利尿ホルモンは夜寝ている間に分泌されるので、夜の眠りを妨げる事により分泌が正常に行われなかったり、おしっこをすぐにさせてしまう事で膀胱が大きくなるのを防いでしまったりと無理に夜トイレに連れて行くのはメリットがないんです。

夜のオムツ外し、成功したらうんと褒めてあげて!

夜のオムツはずれには個人差があります。

日中のオムツ外れと同時に夜もオムツが外れる子も中にはいるでしょう。

うちの子の夜のオムツはまだ取れない。と焦らずに気長にその時を待ちましょう。

そして朝起きてオムツが濡れていない時はうんと褒めて、一緒に喜んでくださいね。

たま~に、偶然?と思う位の頻度から、徐々に何日かに1日、そして最近夜おしっこしてない?と言う位におねしょの無い日が多くなっていきます。

気が付けばパンツでも大丈夫!という日が必ずやってきますよ。

でも最初に言ったように個人差があるので、それがいつなのか一概には言えません。

子どものプレッシャーにならないように、自然に発達を見守ってあげて下さい。

またオムツ外しカレンダーなどを作ると子供もやる気が出る場合も、子供が大好きなシールを購入して、成功した日はカレンダーにペタリ。

子どもも楽しくオムツ外しに取り組めるのでは♪

夜オムツにたっぷり!寝る前に水分を摂りすぎかも

夜のオムツ外しを焦る事はありませんが、あまりにもオムツにたっぷりとおしっこをしている場合は、いつもの生活を振り返ってみましょう。

寝る前にアイスを食べたり、お水やお茶、ジュースなどをたくさん飲んだりしていませんか?それでは大人だって朝までトイレ我慢できませんよね。

大きいお子さんなら起きるのが面倒で、えーい!しちゃえ。とオムツにおしっこしているかもしれません。

まずは寝る前の水分を控える事から始めてみましょう。それだけで夜中のおしっこの量がへるかもしれません。
また周りの子の夜のオムツが外れだして、そろそろいい時期?と感じたら一度パンツでチャレンジを。

布団が心配な場合は防水シーツを利用すればOK。

失敗しても怒ったり、焦ったりする必要はありませんが、チャレンジしてみる価値はあるかも知れません。

夜のオムツ外し、時期が来たら面倒くさがっちゃダメ

パンツにチャレンジ!

そんな時期が来たら急に始めず、子供にもちゃんと言い聞かせてあげて下さい。

そう、イメージトレーニングしてみるんです。

ママやパパと一緒でパンツで寝るんだよ。という事や、夜寝る前には飲物を少なくしようねなど、注意事項も子供に理由と一緒に話します。

また「寝ている時におしっこがしたくて目が覚めたらママを起こしてね。」と子供に伝えるのも重要です。

ママは子供に起こされたら、眠たくても、面倒くさくてもすぐに起きてあげて下さいね。

そして夜中だって、めちゃめちゃ褒めてあげて下さい。

子どもは親に褒められる事で自信につながります。

起こしてくれる日が何日か続いても、あたりまえと思わずに褒めまくってください。

親もオムツ外しの間は面倒くさがらない事、眠たいから「今日はいいよ」なんて日を作ると、たちまち元のおねしょの日々に戻ってしまうかもしれません。

オムツ外しの時期とチャンスを逃さないで下さいね。

 - 生活