生活の知恵で人生をバージョンアップ

生活の知恵で人生をバージョンアップ│知恵のガイド

夜のオムツ外しのポイントはコレ!ママ焦らないで

2017.8.31

夜のオムツ外しが、なかなか進まない・・・。悩んでるママを多いのでは?

オムツ外しは子供の体の発達にも大きく関係してきます。

焦らずに時期を待つことが大切ですよ!焦らず怒らず根気よく夜のオムツ外しと付き合っていきましょう。

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

結婚式をキャンセル!招待されたのに欠席する場合のマナーとは

結婚式に招待してもらったのに、都合がつかずにキャンセルしなくてはいけないことがありますよね。 ...

お葬式のときの服装とは?ネックレスのマナーについて

お葬式のときの服装は、いち大人としてきちんとしておきたいものですよね。 意外と知らないお葬式の...

運転免許証がゴールドだと利点が多い!出張中の方も必見!

運転免許証には3種類の色がありますが、ゴールド免許になった時の利点って何があるのでしょうか? ...

子供が昼寝から起きない時にママが出来る対処法や起きない原因

子供の成長にとって昼寝はとても良いものですが、寝たらなかなか起きないという場合は少し困ってしまいます...

親が病気で介護が必要になっても仕事は続けられますよ

親が病気になったら自分が面倒を見なくては!と仕事を辞めてしまう方も少なくはありません。 しかし...

意外!独身男性はこんな休日を過ごしています

独身男性は休日に何をしているのか?気になりませんか。 休日を持て余している?それとも趣味に没頭...

義母から同居の話をされたらどうする?上手に拒否する方法!

結婚前に旦那には義母との同居はやんわり拒否してたけど、いずれは同居しないとやっぱりダメなもの? ...

親に一人暮らしをしたいと言ったら心配で反対された!

親に一人暮らしをしたいと提案したら心配を理由に反対された。 もういい加減大人だからを自分の事は...

同性の友達がいない・・・こんな特徴がありました。

同性の友達が少ない・・・いない・・・なぜ?と思ったことはありませんか? 同性の友達が少ない人に...

産後、義母のことを苦手と感じるようになってしまいました

産後、義母のことを苦手と感じる人、多いようです。 私もその一人です。 みんながみんな、そうではな...

一人暮らしの洗濯物。女性物は基本的に室内干しがおススメです

一人暮らしを始めた女性がちょっと考えてしまう一つが洗濯物を干す場所。 外に干すと防犯上のリスク...

夫が育児に非協力的だとお悩みのママへ

夫が育児に非協力だと悩むママは多くいますね。 「イクメン」や「カジメン」など言われる昨今ですが、基...

赤ちゃんの前髪につむじを発見!性格に影響するウワサの真相

赤ちゃんの前髪にあるクセは、もしかして“つむじ”!? 頭をよく見ると、つむじが二つあると驚かれ...

浴室の換気扇から水滴がポタリ!?簡単に防ぐ方法とは

浴室の換気扇や天井から水滴が・・・。冷たい水滴にドキッとした経験ありませんか? こんな水滴、意...

30代から女の価値が下がる?!そう言われる理由を徹底調査

一生懸命仕事をして素敵な男性と出会う時間もなく、気が付いたら30代を迎えてしまったという女性もいます...

スポンサーリンク

夜のオムツ外しは、時期を待つことが大切

日中はオムツが外れても、夜はなかなかオムツを外す事が出来ない。という方多いのではないでしょうか。

どうして失敗しちゃうの?と焦らないで、子供の体の発達とともに夜のオムツも取れていきますよ。

どういうことかというと、夜のおしっこは昼間とは違い膀胱の発育が大きく関係するからです。

  • おしっこを溜めることができる位の膀胱の大きさ
  • おしっこの量を抑えるホルモンが分泌すされる事
  • おしっこが溜まったと感じたら目が覚めるようになる事

これらの事がすべて整うと夜のオムツが外れるようになります。ですから日中に出来るのに、夜はおねしょをしてしまう事を悩まないで下さいね。また子供を怒ったりもしないで下さい。

時期が来れば必ずオムツが取れますよ。

夜のオムツ外しに失敗しても、親は怒ってはいけません

夜のオムツ外しにはホルモンが関係している事に少し触れましたが、このホルモン抗利尿ホルモンと言って、オムツ外しの重要なポイントとなってきます。

抗利尿ホルモンが出る事により、夜間のおしっこの量を抑える事が出来るのですが、何しろホルモンと名の付くものはストレスによって影響を受けやすい。

夜のおねしょを怒られたりすると、子供もストレスを感じ自律神経を乱してまう事もあります。

その結果ホルモンの分泌に影響がでてしまう。なんて事も・・・。

またおねしょを防ごうと夜中にトイレへ連れて行こうとするのもNG。

抗利尿ホルモンは夜寝ている間に分泌されるので、夜の眠りを妨げる事により分泌が正常に行われなかったり、おしっこをすぐにさせてしまう事で膀胱が大きくなるのを防いでしまったりと無理に夜トイレに連れて行くのはメリットがないんです。

夜のオムツ外し、成功したらうんと褒めてあげて!

夜のオムツはずれには個人差があります。

日中のオムツ外れと同時に夜もオムツが外れる子も中にはいるでしょう。

うちの子の夜のオムツはまだ取れない。と焦らずに気長にその時を待ちましょう。

そして朝起きてオムツが濡れていない時はうんと褒めて、一緒に喜んでくださいね。

たま~に、偶然?と思う位の頻度から、徐々に何日かに1日、そして最近夜おしっこしてない?と言う位におねしょの無い日が多くなっていきます。

気が付けばパンツでも大丈夫!という日が必ずやってきますよ。

でも最初に言ったように個人差があるので、それがいつなのか一概には言えません。

子どものプレッシャーにならないように、自然に発達を見守ってあげて下さい。

またオムツ外しカレンダーなどを作ると子供もやる気が出る場合も、子供が大好きなシールを購入して、成功した日はカレンダーにペタリ。

子どもも楽しくオムツ外しに取り組めるのでは♪

夜オムツにたっぷり!寝る前に水分を摂りすぎかも

夜のオムツ外しを焦る事はありませんが、あまりにもオムツにたっぷりとおしっこをしている場合は、いつもの生活を振り返ってみましょう。

寝る前にアイスを食べたり、お水やお茶、ジュースなどをたくさん飲んだりしていませんか?それでは大人だって朝までトイレ我慢できませんよね。

大きいお子さんなら起きるのが面倒で、えーい!しちゃえ。とオムツにおしっこしているかもしれません。

まずは寝る前の水分を控える事から始めてみましょう。それだけで夜中のおしっこの量がへるかもしれません。
また周りの子の夜のオムツが外れだして、そろそろいい時期?と感じたら一度パンツでチャレンジを。

布団が心配な場合は防水シーツを利用すればOK。

失敗しても怒ったり、焦ったりする必要はありませんが、チャレンジしてみる価値はあるかも知れません。

夜のオムツ外し、時期が来たら面倒くさがっちゃダメ

パンツにチャレンジ!

そんな時期が来たら急に始めず、子供にもちゃんと言い聞かせてあげて下さい。

そう、イメージトレーニングしてみるんです。

ママやパパと一緒でパンツで寝るんだよ。という事や、夜寝る前には飲物を少なくしようねなど、注意事項も子供に理由と一緒に話します。

また「寝ている時におしっこがしたくて目が覚めたらママを起こしてね。」と子供に伝えるのも重要です。

ママは子供に起こされたら、眠たくても、面倒くさくてもすぐに起きてあげて下さいね。

そして夜中だって、めちゃめちゃ褒めてあげて下さい。

子どもは親に褒められる事で自信につながります。

起こしてくれる日が何日か続いても、あたりまえと思わずに褒めまくってください。

親もオムツ外しの間は面倒くさがらない事、眠たいから「今日はいいよ」なんて日を作ると、たちまち元のおねしょの日々に戻ってしまうかもしれません。

オムツ外しの時期とチャンスを逃さないで下さいね。

 - 生活