生活の知恵で人生をバージョンアップ

生活の知恵で人生をバージョンアップ│知恵のガイド

夫が育児に非協力的だとお悩みのママへ

2017.9.1

夫が育児に非協力だと悩むママは多くいますね。
「イクメン」や「カジメン」など言われる昨今ですが、基本的には男性に育児本能は備わっていないようです。

「ちょっと手伝ってよ」は禁句です。
具体的に「○○して欲しいんだけど、お願い」と言いましょう。
男性は察することができないのですから…

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

めざせ節約!献立の立て方を変えて節約上手になろう!

毎日の献立に頭を悩ませる人は多いものです。 昨日はあれを作ったし、一昨日はあれを作ったし、○○...

仕事と家庭どちらを優先!?日本は世界的に見ても少数派です

「日本人は働き過ぎ」そう言われていますが、なかなかそこから抜け出せん。 しかし、今は女性も仕事...

新婚でも料理上手になる!料理下手から脱却する方法

新婚の時の悩みのひとつに、「料理が下手」ということがあるでしょう。 誰でも慣れない事をすると、...

酒に酔って記憶がない!思い出すことができる場合できない場合

酒に酔って記憶がない経験はありますか?思い出すことができなくても脳には記憶されている可能性もあります...

ラインの友達は何人いる?大学生へのアンケート

ラインの友達の人数、他の人と比べると少ないのかな…、と思ったことはありませんか? 気になるけど、自...

柴犬と暮らす。子犬の甘噛みはできるだけ早い時期からしつけを!

柴犬のぽってりした子犬がじゃれて甘噛みをしてくる。そのしぐさは確かに愛らしいものです。 しかし...

dvシェルターに入りたい!期間やルールはある?条件などを調査

配偶者からのdv被害から逃れるためにある“シェルター”ですが、どのようなところなのでしょうか? ...

夫が育児に不参加!夫が育児に協力してくれるようにする方法とは

赤ちゃんが産まれたら夫にも育児を手伝ってもらいたいと思いますすよね。 一日中赤ちゃんのお世話や...

人付き合いが苦手だって、子育ては出来る!

人付き合いが苦手だと子育てって難しい?そう悩んでる方意外と多いのでは? 子供同士だけでなく、マ...

玄関ドアの鍵に簡易的な鍵を追加して防犯対策!2ロックを基本に

玄関のドアや勝手口の鍵はいくつですか?一つしかないという方は、ピッキングされやすいので注意が必要です...

洗濯にはお湯か水、どちらが良いか紹介します。洗濯のコツも!

毎日の洗濯、どうせならキレイに仕上げたいですよね。 洗濯するときは水道水だけですか?洗剤が溶け...

シンクのサビの予防方法とは?意外なものがサビ落としになる

ステンレスのシンクは錆びないはずじゃ・・・!? いつの間にかキッチンのシンクが錆びてしまってい...

鳥をペットにしたい!静かに飼える鳥って?オススメ騒音対策

鳥をペットにする場合、静かに飼うことはできるのでしょうか。そもそもマンションで飼うのは大丈夫? ...

夜のオムツ外しのポイントはコレ!ママ焦らないで

夜のオムツ外しが、なかなか進まない・・・。悩んでるママを多いのでは? オムツ外しは子供の体の発...

祖母の葬儀に孫は参列するのは当たり前?世間の常識とは

祖母が亡くなったと連絡が入った場合、孫は葬儀に参列するべき悩んでしまう人も多くいませんか? 一...

スポンサーリンク

夫が育児に非協力的なのは理由があります

女は生まれながらにして女であるが、男は男に育てなければ男にならないと言います。

育児については男女の差がはっきり出てしまうのではないのでしょうか?
女性は教えられなくても何となく赤ちゃんの様子を感じ取り育児をすることができますが、男性はオムツが濡れて気持ち悪がって泣いている赤ちゃんの横でスマホをいじり続けたりできますからね。

これもよく言われることですが、女性と男性では脳の作りが違うからなのだとか。
さらに、女性には子供を産み育てるというプログラムの組み込まれた遺伝子がしっかりと備わっているそうです。
なので、女性は自分の体内で命を守り育むことを抵抗なく受け入れることができるのでしょう。

男性には自分の子供をかわいいと思う気持ちがないわけではありません。
ですが、そのかわいいと思うのは女性のように本能から起こる感情ではなく大脳皮質がつかさどる理性によって感じる気持ちなのだとか。
ですから、男性のいわゆる「父性」は生まれながらにして持っているものではなく、経験しながら育てるものなのです。

夫の育児。非協力的なのは「子育て本能」が備わっていないから

男性は遺伝子や脳の仕組みに「子育て」プログラムが組み込まれていないことを説明しました。

ですから、女性が子育てに関して「どうしてこんなともわからないの?」と男性に感じてしまう事は仕方がない事なのです。だって本当にわからないのだから…

ですから、夫が育児に非協力的だと嘆いている場合ではないのです。
感情は抜きで仕事のように、することを教えてあげればいいのです。
そして、「1回言ったのだから次は言わなくてもやってくれるだろう」と言うのも通用しません。
して欲しい時にして欲しいことを毎回指示してくださいね。

男性は子育てではなく「作業」をしているだけですから。
「前回はこうだったから、次は○○」的なことを育児に関しては用いて考えることもないと思った方がいいです。

オムツは一回取り換えたら終了です。
一話完結なのです。
その点を肝に銘じて育児の依頼をしましょう。

夫が育児に非協力的なら、夫の世話もしない

何度言ってもわからない夫に対しては「しない」と言う選択もあります。
子育てにイレギュラーな出来事はつきもの。
例えば子供が夜中に熱を出したり、何度も吐いたりして寝ないで看病する夜もありますよね?
病院へ連れて行けば時間がかかるし、家事に手が回らないことも。

そんな時は「夕飯の支度ができないから何か自分で買ってきて食べてね」と言ってみましょう。
怒ってしまう旦那さんもいるかもしれませんが、大抵の人なら理解してくれるでしょう。
子供の世話をしない訳にはいきませんが、旦那さんは大人ですからね。自分の食事位どうにかしてもらいましょう。
もしも不機嫌になる旦那さんなら、おにぎりとインスタント味噌汁を用意しましょう。
食事を「抜き」にするわけにはいきませんからね。

ママの大変さをパパは感じ取ることができません

夫が育児に対して非協力的なら「私ばっかり」と言う感情が出てきてしまいがちですがちょっと待ってください!

私ばっかりと不平不満を旦那さんに言ってもわかってくれるわけではありません。
旦那さんに育児や家事の不平不満を言ってもきっと理解してくれることはないでしょう。
家事や育児のグチは女友達とするようにしましょうね。

旦那さんには「○○お願いしてもいい?」や「○○できる?」「○○して欲しいんだけど」などと具体的に頼みましょう。

「忙しいからちょっと手伝って」などと言うのはNGです。

あといっぺんに色々なことをお願いするのもNGです。
具体的に一つだけお願いしましょう。

そして、何かをしてもらった後には必ず「お礼」を言いましょうね。
「ありがとう!私がオムツを取り替えるよりも上手ね」や「パパに抱っこしてもらったら目線が高くなるから大喜びだね」など具体的に「持ち上げて」あげましょう。

そうすることにより「父性」が育ってくるのです。

わかって欲しいを捨てよう!

自分の不満を言う前に旦那さんへの感謝の気持ちを持っていますか?
自分が育児に格闘している間に旦那さんは仕事で格闘しているのです。

家に帰ってきてほっと一息つきたいのに「おかえりなさい」より前に「どうしてわかってくれないの」攻撃だと正直うんざりしてしまいますよね?

「お互いに」理解し合うことが必要です。

旦那さんは育児に「非協力的」なのではなく「何をしていいのかわからない」のです。

こっちは休日なんてなく、家事と育児に追われているのに自分は会社が休みだからと言ってソファーでゴロゴロ…
イライラMAXの光景ですよね。
でも、男性って奥さんがどんなにバタバタと忙しそうに働いていても何も感じない生き物なんですって!
女性なら「何か手伝おうか?」と言う「気遣い」が自然と生まれますが、男性はそんなこと思いもしないんですって。

ですから「こっちは忙しくしてるのに!」とイライラしても無駄です。

男性に対しては「言わないとわからない」「言ってもわからない」と思いましょう。

 - 生活