生活の知恵で人生をバージョンアップ

生活の知恵で人生をバージョンアップ│知恵のガイド

夫が育児に非協力的だとお悩みのママへ

2017.9.1

夫が育児に非協力だと悩むママは多くいますね。
「イクメン」や「カジメン」など言われる昨今ですが、基本的には男性に育児本能は備わっていないようです。

「ちょっと手伝ってよ」は禁句です。
具体的に「○○して欲しいんだけど、お願い」と言いましょう。
男性は察することができないのですから…

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

春に活動を始めるイヤな虫!部屋に侵入させないためにすべきこと

春になると、どこからともなく出てきた虫が部屋のあちこちにチョロチョロ……。 たとえ数ミリの小さ...

退職の挨拶で渡すお菓子の選び方や渡すポイントについて

会社を退職するとき、退職の挨拶としてお菓子を用意する人も多いと思います。 お菓子買うべきか迷っ...

dvシェルターに入りたい!期間やルールはある?条件などを調査

配偶者からのdv被害から逃れるためにある“シェルター”ですが、どのようなところなのでしょうか? ...

男の一人暮らしにかかる生活費についてじっくり考えよう!

大学生や社会人になって一人暮らしを始める男性も多いのでしょう。 その時に気になるのが「生活費」...

猫のキッチン侵入対策は「キッチンは嫌い」と思わせること!

キッチンは猫が興味を引く物で溢れています。でも、調理器具には猫にとって危険なものもいっぱい。 ...

車の運転中のイライラの気をつけたい注意点と解消方法!

頭ではわかっていても車の運転中に、ついついイライラしてしまうことはありませんか? そんな時にはどん...

幼稚園の年少さんからの習い事!今は当たり前の時代です

幼稚園の年少さんから習い事を始めるなんて早すぎる! いえいえ、今の時代は幼稚園の年少から習い事をす...

ステンレス水筒の洗浄・消毒の注意点と目からウロコの洗い方

ステンレス水筒は軽くて丈夫。レジャーや普段のお弁当と合わせて使っている人も多いでしょう。 直飲...

赤ちゃんの前髪につむじを発見!性格に影響するウワサの真相

赤ちゃんの前髪にあるクセは、もしかして“つむじ”!? 頭をよく見ると、つむじが二つあると驚かれ...

新婚でも料理上手になる!料理下手から脱却する方法

新婚の時の悩みのひとつに、「料理が下手」ということがあるでしょう。 誰でも慣れない事をすると、...

意外!独身男性はこんな休日を過ごしています

独身男性は休日に何をしているのか?気になりませんか。 休日を持て余している?それとも趣味に没頭...

30代から女の価値が下がる?!そう言われる理由を徹底調査

一生懸命仕事をして素敵な男性と出会う時間もなく、気が付いたら30代を迎えてしまったという女性もいます...

胎児の体重の増やし方とは?胎児の体重について紹介します

胎児の体重に関係のある栄養素にはどんなものがあるのでしょうか? 妊娠中の過ごし方で、胎児の成長...

お米に小さい虫が・・・でもきちんと対処すれば食べられます!

お米の中に小さい虫が・・・そんな経験ありませんか? でも大丈夫!きちんと対処すれば、虫がついて...

産後で仕事を(パート)始める時期や仕事復帰のポイントと注意点

今の時代、共働き夫婦が多く見られることから産後にすぐ、(パート)などで職場復帰をするワーキングマザー...

スポンサーリンク

夫が育児に非協力的なのは理由があります

女は生まれながらにして女であるが、男は男に育てなければ男にならないと言います。

育児については男女の差がはっきり出てしまうのではないのでしょうか?
女性は教えられなくても何となく赤ちゃんの様子を感じ取り育児をすることができますが、男性はオムツが濡れて気持ち悪がって泣いている赤ちゃんの横でスマホをいじり続けたりできますからね。

これもよく言われることですが、女性と男性では脳の作りが違うからなのだとか。
さらに、女性には子供を産み育てるというプログラムの組み込まれた遺伝子がしっかりと備わっているそうです。
なので、女性は自分の体内で命を守り育むことを抵抗なく受け入れることができるのでしょう。

男性には自分の子供をかわいいと思う気持ちがないわけではありません。
ですが、そのかわいいと思うのは女性のように本能から起こる感情ではなく大脳皮質がつかさどる理性によって感じる気持ちなのだとか。
ですから、男性のいわゆる「父性」は生まれながらにして持っているものではなく、経験しながら育てるものなのです。

夫の育児。非協力的なのは「子育て本能」が備わっていないから

男性は遺伝子や脳の仕組みに「子育て」プログラムが組み込まれていないことを説明しました。

ですから、女性が子育てに関して「どうしてこんなともわからないの?」と男性に感じてしまう事は仕方がない事なのです。だって本当にわからないのだから…

ですから、夫が育児に非協力的だと嘆いている場合ではないのです。
感情は抜きで仕事のように、することを教えてあげればいいのです。
そして、「1回言ったのだから次は言わなくてもやってくれるだろう」と言うのも通用しません。
して欲しい時にして欲しいことを毎回指示してくださいね。

男性は子育てではなく「作業」をしているだけですから。
「前回はこうだったから、次は○○」的なことを育児に関しては用いて考えることもないと思った方がいいです。

オムツは一回取り換えたら終了です。
一話完結なのです。
その点を肝に銘じて育児の依頼をしましょう。

夫が育児に非協力的なら、夫の世話もしない

何度言ってもわからない夫に対しては「しない」と言う選択もあります。
子育てにイレギュラーな出来事はつきもの。
例えば子供が夜中に熱を出したり、何度も吐いたりして寝ないで看病する夜もありますよね?
病院へ連れて行けば時間がかかるし、家事に手が回らないことも。

そんな時は「夕飯の支度ができないから何か自分で買ってきて食べてね」と言ってみましょう。
怒ってしまう旦那さんもいるかもしれませんが、大抵の人なら理解してくれるでしょう。
子供の世話をしない訳にはいきませんが、旦那さんは大人ですからね。自分の食事位どうにかしてもらいましょう。
もしも不機嫌になる旦那さんなら、おにぎりとインスタント味噌汁を用意しましょう。
食事を「抜き」にするわけにはいきませんからね。

ママの大変さをパパは感じ取ることができません

夫が育児に対して非協力的なら「私ばっかり」と言う感情が出てきてしまいがちですがちょっと待ってください!

私ばっかりと不平不満を旦那さんに言ってもわかってくれるわけではありません。
旦那さんに育児や家事の不平不満を言ってもきっと理解してくれることはないでしょう。
家事や育児のグチは女友達とするようにしましょうね。

旦那さんには「○○お願いしてもいい?」や「○○できる?」「○○して欲しいんだけど」などと具体的に頼みましょう。

「忙しいからちょっと手伝って」などと言うのはNGです。

あといっぺんに色々なことをお願いするのもNGです。
具体的に一つだけお願いしましょう。

そして、何かをしてもらった後には必ず「お礼」を言いましょうね。
「ありがとう!私がオムツを取り替えるよりも上手ね」や「パパに抱っこしてもらったら目線が高くなるから大喜びだね」など具体的に「持ち上げて」あげましょう。

そうすることにより「父性」が育ってくるのです。

わかって欲しいを捨てよう!

自分の不満を言う前に旦那さんへの感謝の気持ちを持っていますか?
自分が育児に格闘している間に旦那さんは仕事で格闘しているのです。

家に帰ってきてほっと一息つきたいのに「おかえりなさい」より前に「どうしてわかってくれないの」攻撃だと正直うんざりしてしまいますよね?

「お互いに」理解し合うことが必要です。

旦那さんは育児に「非協力的」なのではなく「何をしていいのかわからない」のです。

こっちは休日なんてなく、家事と育児に追われているのに自分は会社が休みだからと言ってソファーでゴロゴロ…
イライラMAXの光景ですよね。
でも、男性って奥さんがどんなにバタバタと忙しそうに働いていても何も感じない生き物なんですって!
女性なら「何か手伝おうか?」と言う「気遣い」が自然と生まれますが、男性はそんなこと思いもしないんですって。

ですから「こっちは忙しくしてるのに!」とイライラしても無駄です。

男性に対しては「言わないとわからない」「言ってもわからない」と思いましょう。

 - 生活