生活の知恵で人生をバージョンアップ

生活の知恵で人生をバージョンアップ│知恵のガイド

赤ちゃんから保育園に預けるのは心配だけれどメリットもあります

2017.8.23

保育園に赤ちゃんを預けるのは、どのママさんも心配になっちゃいますよね!

小さい赤ちゃんなら尚更ではないでしょうか?
でも、早くから預けることにいろんなメリットがありますよ!

保育園に赤ちゃんを預ける時はこうしましょう!体験談も紹介します

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

家を建てるなら外観はやっぱりおしゃれにしたい!

家の新築を考えた時に、女性ならやっぱりおしゃれな外観に憧れます。 家づくり関係の雑誌を見たり、...

女性の一人暮らしの場合はどうする?引っ越しの挨拶事情をご紹介

女性が一人暮らしを始める場合、ご近所さんへは挨拶に行くべきかどうか悩みどころですよね。 調べて...

大学生のうちに遊びたい!家から通えばなにかとお得!

大学生のうちに遊んでおきたい! 思う存分大学生活を謳歌するためにはやっぱり実家から通うのが一番...

息子はこんなにかわいい!父親になって知った事!

父親は娘がかわいいとよく聞きますが、息子ももちろんかわいいのです! 今までは、子育ては辛いと思...

服を捨てるときは燃えるゴミ?燃えないゴミ?出し方について

着なくなった服、着れなくなった服・・・これって何ゴミになるの? かさ張る洋服のゴミの出し方とは...

子猫の野良を飼うなら、まずは動物病院で診察を済ませましょう

子猫ってかわいいですよね~。野良の子猫を見つけたら家に連れて帰ってしまいたくなります。 しかし...

幼稚園の年少さんからの習い事!今は当たり前の時代です

幼稚園の年少さんから習い事を始めるなんて早すぎる! いえいえ、今の時代は幼稚園の年少から習い事をす...

胎児の体重の増やし方とは?胎児の体重について紹介します

胎児の体重に関係のある栄養素にはどんなものがあるのでしょうか? 妊娠中の過ごし方で、胎児の成長...

義母から同居の話をされたらどうする?上手に拒否する方法!

結婚前に旦那には義母との同居はやんわり拒否してたけど、いずれは同居しないとやっぱりダメなもの? ...

玄関ドアの鍵に簡易的な鍵を追加して防犯対策!2ロックを基本に

玄関のドアや勝手口の鍵はいくつですか?一つしかないという方は、ピッキングされやすいので注意が必要です...

近所の子供の騒音!困った時の対処法について

近所の子供がうるさくて迷惑しているという人も多くいるのではないでしょうか? 子供が元気なのはい...

食器洗いの時に洗剤を使わないのはアリなんです!

毎日の食器洗い、みなさんは洗剤を使いますか?ほとんどの方が使っていると答えるでしょう。 ですが、そ...

誕生日には頑張っている自分にプレゼント!大人女子の誕生日事情

誕生日に自分へのご褒美でプレゼントを買うという女性が増えてきています。 誕生日だからこそ、頑張...

ステンレス水筒の洗浄・消毒の注意点と目からウロコの洗い方

ステンレス水筒は軽くて丈夫。レジャーや普段のお弁当と合わせて使っている人も多いでしょう。 直飲...

道路の雪を溶かすための融雪剤。実は身近な○○が使われている

道路の雪や氷を溶かすための融雪剤や、凍らないための凍結防止剤。アレっていったい何でできているの? ...

スポンサーリンク

赤ちゃん から保育園に行かせるのは心配?子供の成長には関係ない

10ヵ月で保育園に預け入れ、現在2歳6ヵ月になったというママのお話しを紹介します。

赤ちゃんを保育園にいれることで心配なのが、周りの子と比べて子供の成長に影響がでるのかどうかという事があると思います。

うちの子は、特にそういったものは感じていません。
預けていた時間は、朝7:30から夕方6:00と長い時間お世話になっていましたが、情緒が不安定になるとかの様子はみられませんでしたよ。
1歳を過ぎたころから歩き、1歳半で2語文を話しだしてオムツがとれたのは2歳半です。
今現在なんの問題もなく成長していて、もしこれから何かがあったとしても、0歳から預けているからだ・・・とはならないと思います。

子供の成長というのは本当にさまざまです。
もし親が他の子との違いを感じても、それは保育園のせいではないと思います。
プロの保育士さんたちを信頼して預けても大丈夫ですよ。

人見知りな赤ちゃんを保育園に預けるのが心配!対処法は?

・ゆっくり慣らしていく。
まずは、ママが赤ちゃんを抱っこしたままの状態で、少しずつ相手との間を近づけていきましょう。
いきなり慣れていない人や知らない人が顔を出したり、抱っこするのはやめましょう。
そうした中で、少しづつ赤ちゃんが興味を持ち始めたのがみえたらスキンシップをとるようにしてください。
急がず焦らず、ゆっくりと赤ちゃんとの距離を縮めていくのが大事な事です。

・赤ちゃんに注目し過ぎない。
どうしても赤ちゃんに視線や話題がいってしまいますが、最初から注目されていると赤ちゃんは緊張状態になります。

相手との距離感を保ちながら、自然な雰囲気で会話をしてください。
ママが楽しそうな様子をみて赤ちゃんの緊張もほぐれていきます。

・赤ちゃんに怖くないことを教えてあげる。
「お医者さんだよ。ポンポンみるだけだから怖くないよ」
「あなたのおばあちゃんよ。優しいおばあちゃんだよ」
などと何度も優しく声をかけ、伝えてあげましょう。

保育園に預けた赤ちゃんの号泣が心配でたまりませんでした

私が働いている会社は産休や育休、時短での勤務が可能で社内制度が整っていたので安心していましたが、息子を「お試し保育」で保育園に預けてみたところ突然不安になりました。

「お試し保育」は息子が4か月のころに預けたのですが、保育園の先生に抱っこされてすぐに大号泣がはじまったのです。
こんなに大泣きしてこの先大丈夫なの?と不安になりました。
預けるまでは仕事のことで頭がいっぱいで、子供は保育園に預ければOKくらいにしか考えていませんでした。

息子が11か月になったころ「慣らし保育」をはじめましたが、やはり毎回大号泣です。
しかしその涙涙のお別れも、そう長くは続かなかったので安心して職場に戻ることが出来、子供の順応性ってすごいんだなと感じました。

保育園に通って他にもいいことがありました。それは「卒乳」です。
おっぱいが欲しくて泣いているのは可哀そうでしたが、ママ友の助言もあり頑張ったところ3日で卒乳することが出来ました!

子供を保育園に預ける時は・・・

■保育園の送迎は「サッ」と「ギュッ」で!

「保育園に行きたくない!」とごねる子供の話はよく聞きますし、子供がいる方なら一度くらいは経験があるのではないでしょうか。

グズったり、泣いている我が子を園に置いていくのは後ろ髪がひかれますが、そこはあえて「サッ」とお別れしましょう。
長引けば長引くほど離れがたくなります
冷たいように感じるかもしれませんが、「サッ」と離れるのも親の優しさです。

この時に気を付けたいのが、笑顔で送ることです!親が不安な顔はみせないようにしてください。

次はお迎えの時間です。お迎えのときは「ギュッ」として思いっきり甘えさせてあげましょう。
園で頑張っていたのですからご褒美です。
そしてちゃんとパパやママが迎えにきますよ、ということを感じさせてあげてください。

保育園の預けるメリットとは?

保育園に預けるメリットにはこんなことがありますよ!

・ママがリフレッシュできる!
仕事と育児の両立は本当に大変です!
子供と離れる時間が少しできるだけで、ママに余裕ができます。また、子育てだけでなく仕事の達成感も感じられ、やる気もアップしますね。

・子供の成長が早い!
家にママと二人でいるより、保育園で先生やお友達と過ごすことで毎日新鮮な出来事と出会います。
お友達に興味を持ったり、話し出すのも早いことが多いです。

・トイレトレーニングが早い!
もちろん個人差はありますが、園ではトイレの時間が決まっていますのでオムツを卒業する時期が早いです。
お友達のマネをしてみたり、影響を受けることもあります。
大変なトイレトレーニングを、園でしてもられるなんてありがたいですよね。

・自分の身の回りのことができる!
手洗いや片付けなど保育園での習慣で、身の回りのことを自分から進んでするようになります。

 - 生活