生活の知恵で人生をバージョンアップ

生活の知恵で人生をバージョンアップ│知恵のガイド

実母でも同居となると難しい。共同生活を円滑に進めるためには

2017.8.21

「同居」と言えば「嫁姑問題」と思われがちですが最近では「実母と娘」と言うスタイルも多いようです。

夫の親と同居するのではなく妻の親と同居するパターンも少なくないようです。

夫の母親より自分の母親と同居した方がトラブルが少ないと思われがちですが血のつながった親子だからこそ難しい問題もあるようです。

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

服を捨てる時は燃えるゴミ?その他の処分方法もご紹介

服はいらなくなったら捨てる?燃えるゴミに出しちゃう? 服も素材によっては分別が必要な場合もあり...

意外!独身男性はこんな休日を過ごしています

独身男性は休日に何をしているのか?気になりませんか。 休日を持て余している?それとも趣味に没頭...

友達が多いアピールをする人ってどう思う?周囲からの反応とは

たくさん友達がいり乗ってとってもいいことだと思いますが、わざわざそのことを周囲にアピールしてくる人っ...

お米に小さい虫が・・・でもきちんと対処すれば食べられます!

お米の中に小さい虫が・・・そんな経験ありませんか? でも大丈夫!きちんと対処すれば、虫がついて...

浴室の換気扇から水滴がポタリ!?簡単に防ぐ方法とは

浴室の換気扇や天井から水滴が・・・。冷たい水滴にドキッとした経験ありませんか? こんな水滴、意...

猫が人間の食べ物を食べるとどうなるの?パンが良くない理由

人間が当たり前に食べていても、猫に与えてはいけない食べ物や与えないことが望ましい食べ物がたくさんあり...

祖母の葬儀に孫は参列するのは当たり前?世間の常識とは

祖母が亡くなったと連絡が入った場合、孫は葬儀に参列するべき悩んでしまう人も多くいませんか? 一...

友達の結婚式は祝福したいけど、人気がある子には嫉妬する心理

友達の結婚式に招待されたら嬉しいけど、素直に喜べないときもあるもの。 特に人気がある可愛い子な...

酒に酔って記憶がない!思い出すことができる場合できない場合

酒に酔って記憶がない経験はありますか?思い出すことができなくても脳には記憶されている可能性もあります...

産後で仕事を(パート)始める時期や仕事復帰のポイントと注意点

今の時代、共働き夫婦が多く見られることから産後にすぐ、(パート)などで職場復帰をするワーキングマザー...

結婚式が遠方なら要チェック!結婚式の荷物や服装のポイント

遠方での結婚式に出席する場合、どうしても荷物が多くなってしまいがちですよね。 持ち物や当日荷物...

家を建てるなら外観はやっぱりおしゃれにしたい!

家の新築を考えた時に、女性ならやっぱりおしゃれな外観に憧れます。 家づくり関係の雑誌を見たり、...

男性の一人暮らし、ご飯はやっぱり自炊が最強!

男性の一人暮らしのご飯は、どうしてもコンビニやスーパーのお弁当が多くなりがちですよね。 節約や...

赤ちゃんから保育園に預けるのは心配だけれどメリットもあります

保育園に赤ちゃんを預けるのは、どのママさんも心配になっちゃいますよね! 小さい赤ちゃんなら尚更...

主人と旦那の呼び方の違いについてをご紹介します!

自分の夫の事をなんて呼んだらいいのか悩んでいる主婦の方もいるのではないでしょうか? 主人…旦那...

スポンサーリンク

実母との同居を難しいと感じるのはナゼ?

自分の親と同居する話になったことがありますか?

友人の話ですが夫の両親との同居を避けるために自分の親と同居を始めました。お姑さんと暮らすより絶対にいいはずと思いデメリットは何も考えずに実行したそうです。いざ実母と暮らし始めると想像していた暮らしと全く違っていたそうです。

友人は高校を卒業と同時に進学のために一人暮らしを始めました。それから就職をして結婚。実母と15年離れて暮らしていました。娘としてお世話してもらっていた記憶しかないため同居をすると当然、家事や子育てを実母に頼ろうを思っていました。

ところがいったん娘の世話から離れた実母はもう娘を独り立ちした立派な女性と認識してしまっているため自分の方が「お世話してもらおう」と同居に応じたのです。同居を始める時からお互いの認識がずれていたのですね。これではいくら実母でもストレスフリーで同居生活を営むことは難しいですよね。

実母との同居が難しい理由はいくつもある

どうしてうまくいかないのでしょうか?

・ライフスタイルの違い
・ジェネレーションギャップ
・価値観の違い
・食べ物の趣味嗜好の違い
・実母だからこそ遠慮がない

などがあげられますよね。親の立場からすると子供なんだから親のライフスタイルに合わせるべき、と考えるようです。子の立場からすると自分たちの生活優先で親のことなんていちいちかまってられない!と言うのが本音でしょう。

お互いに少しづづ不満が募り、蓄積されてしまってはもう時すでに遅しのようです。母と娘だとお互いに遠慮がない分ストレートに不満をぶつけ合いすぎたり歩み寄ろうとしないそうです。

実母との同居が難しいのは経済的理由?

「同居」を始めるきっかけが経済的な理由だとしたら…?

例えば自分たちの生活が経済的に苦しい環境にあり、実母との同居によりそれが解消されることがきっかけだったとしたらどうでしょう?この場合はっきりとした上下関係ができてしまいますよね?

この場合は「親の言うことを聞く」立場になってしまってもやむを得ないと思います。親の経済的理由により同居を始めたのなら「親は子に従え」だと思います。こういった生活スタイルをわきまえないでいいたいことを言ってしまうのが母親に多くみられると思います。特に専業主婦を長年続けてきた母親にこの傾向が多くみられるようです。

「生活させてもらっている」という感覚がないので厄介なようです。こういった価値観のすり合わせができないことが実の母親と言えども同居を難しくさせているようですね。

実母の小言やグチをスルーするテクニックを身に着けて!

ストレスなく同居生活を送るコツってあるのでしょうか?

例えばお互いルーツを作ったり、役割分担を明確にすることで解消されることもあるでしょう。ですが、実母との同居が難しいと感じている人の多くに「小言を聞かされる」と言うのがあります。

「いちいち」自分の思っていることを口に出してしまうのがオンナなんですよね。自分も含めて…その上娘に対してだと遠慮がなく思いついたことを思いついたままに口に出してしまうんですよね。その解決しようのない「小言」「グチ」に付き合わされることにうんざりしている人が多いようです。

夫でも夫の親でも自分の親でもこの「解決できないストレス」が生じてしまうと生活が苦しくなってきてしまいますよね。対処法を自分で見つけるしかないのでしょうか。

実母との同居を円滑に進めるためには?

そんな実母との同居を乗り切るためのコツをご紹介できればと思うのですが…とは言っても、多分、同居のに対する問題点の解決策ってないんだと思うんです。

役割分担やきまりを決めてもその約束事が守られないからイライラしてしまうでしょうし、役割やきまりが果たされればそれはそれで「やってあげてるのに」と恩に着せられる感じに言われてしまいませんか?

役割分担やきまりを決めることは大切ですがその役割を果たされなく、きまりを破られてもいちいち怒らないこと、気にせずにやり過ごすことが大切なのではないのでしょうか?小言は不満やグチをいちいち受け止めないことも大切です。右から左へ受け流してください。お母さんはしゃべりたいだけ。そのことを解消しようとも解決しようともしていません。

何か言われても受け止めないで華麗にスルーする技を身に付けましょう!親の考えをただすことは無理でしょう。自分が柔軟な対応をとれるようにスキルアップするしかないでしょうね。逃げ出すことができないから悩んでしまうんですよね。

きっと、お互いに感謝できる日が来ると思ってお母さんとの同居生活をどうにか乗り切ってください。もし、本当に、本当に限界がきたならいつでも同居は解消できます。今ではないけれど、いつかは解消できんです。「同居は解消できる」と言う呪文を唱えながら頑張りましょう!

 - 生活