生活の知恵で人生をバージョンアップ

生活の知恵で人生をバージョンアップ│知恵のガイド

猫が人間の食べ物を食べるとどうなるの?パンが良くない理由

2017.9.23

人間が当たり前に食べていても、猫に与えてはいけない食べ物や与えないことが望ましい食べ物がたくさんあります。

パンもその一つで、小麦やイースト、塩分も猫の体にとっては良いものではありません。
猫がパンを食べると体の中でどんなことが起きるの?食べさせてはいけない食品やその影響などをまとめました。

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

30代から女の価値が下がる?!そう言われる理由を徹底調査

一生懸命仕事をして素敵な男性と出会う時間もなく、気が付いたら30代を迎えてしまったという女性もいます...

子猫の野良を飼うなら、まずは動物病院で診察を済ませましょう

子猫ってかわいいですよね~。野良の子猫を見つけたら家に連れて帰ってしまいたくなります。 しかし...

新生児の準備品をリストアップ!1月生まれの場合

新生児の準備には何が必要なの?1月生まれだと何か特別に準備するものはある? 赤ちゃん用品って本...

こんな夜中に電話が!友達から夜中に電話が来た時の対処法

「もうこんな時間!そろそろ寝ようかな」「眠いから早く寝たい!」夜中になると眠くなるのが人間の本能です...

赤ちゃんの前髪につむじを発見!性格に影響するウワサの真相

赤ちゃんの前髪にあるクセは、もしかして“つむじ”!? 頭をよく見ると、つむじが二つあると驚かれ...

パート勤めでの旦那との家事分担、旦那が手伝ってくれる方法とは

パート勤めで共働きの時、旦那さんは協力的に家事を手伝ってくれてますか? 世の中の旦那さんはどの...

退職の挨拶で渡すお菓子の選び方や渡すポイントについて

会社を退職するとき、退職の挨拶としてお菓子を用意する人も多いと思います。 お菓子買うべきか迷っ...

犬のシャンプーを冬にする場合、こんな所に注意をして下さいね

冬場の犬のシャンプー、皆さんどうしていますか? 特に家でシャンプーをする場合は風邪をひいてしま...

ストレスとイライラが涙になってあふれそう!その理由と対処法

常に感じているストレス、気づかずにため込んだイライラ。思いがけず涙があふれることはありませんか? ...

洗濯にはお湯か水、どちらが良いか紹介します。洗濯のコツも!

毎日の洗濯、どうせならキレイに仕上げたいですよね。 洗濯するときは水道水だけですか?洗剤が溶け...

親が病気で介護が必要になっても仕事は続けられますよ

親が病気になったら自分が面倒を見なくては!と仕事を辞めてしまう方も少なくはありません。 しかし...

水道の蛇口が回らない時の対処方法をご紹介

水道の蛇口が回らない、きつくて回りづらい。そんな経験をした方いらっしゃいませんか? そんな時、...

服を捨てる時は燃えるゴミ?その他の処分方法もご紹介

服はいらなくなったら捨てる?燃えるゴミに出しちゃう? 服も素材によっては分別が必要な場合もあり...

インコアレルギーがあるってホント?気になるその症状とは

インコに対してアレルギー症状を発症してしまう場合があるのはご存知ですか? 鳥類に対して強いアレ...

旦那が料理に文句をつける!いい加減にして欲しい!

旦那さんが料理に文句をつける家庭って多いですよね? どこに文句を付けますか? メニューですか?味...

スポンサーリンク

パンは猫などの肉食動物には消化しにくい食べ物

猫は肉食動物です。穀類や野菜を中心に食べる人間とは、身体的な構造に違いがあります。

人間のような雑食性の動物の体は、食べるものに合った消化酵素で消化し栄養として吸収します。

猫などの肉食動物は、肉の主な成分であるタンパク質や脂質を消化する働きに優れています。逆に野菜や炭水化物は、過剰に摂取すると消化しきれずに胃腸で発酵してしまうことがあります。

パンなどの炭水化物は、絶対に食べさせてはいけない物ではありませんが、猫の体にとって良くないものだと思っておいてください。

食べさせるとしても週1回程度、一度にドライフード2~3粒程度の量に留めておきましょう。

パンを与える量が多いと、腸内で発酵してガスが溜まることにより便秘になってしまったり、消化不良で下痢になる可能性があるのです。

一度食べて味が気にってしまうと、その後も食べたがるようになってしまうので、かわいいからといって人間の食べ物を与えるのは極力避けた方がいいでしょう。

パン以外にも猫にあげてはいけない食べ物はいろいろある

猫にパンを与えてはいけない理由は、いくつかあります。

◆パンのイースト菌が腸内で発酵してガスを発生させ便秘や下痢の原因になる

◆イースト菌が生み出すアルコールで中毒になる

◆人間と同じように小麦や卵にアレルギーを持つ猫がいる

◆パンに使われるわずかな塩分も猫にとっては腎臓病の原因になる

◆生地にレーズンが入ったものや、調理パンに玉ねぎが入っているものがある

イースト菌には一般的に「ドライイースト」と「生イースト」があり、ドライイーストを使用したパンでは弊害が出にくいとされています。

しかし、出来上がったパンから、そのどちらを使ったか見分けることは不可能です。

人間が何気なく食べているレーズンや玉ねぎなど、パンそのもの以外にも猫の体に害がある食品について知っておきましょう。

人間の食べ物には、それほど塩気を感じなくても加工の過程で塩分を含んだものが多くあります。

ほとんど塩味を感じない程度でも、猫がたびたび口にしていると塩分の摂りすぎで腎臓病を引き起こしてしまうことがあるのです。

パンだけじゃない!猫にとっては危険な食べ物といえばネギ!

私たちの食卓にはおなじみのネギ類(玉ねぎ、長ネギ、ニンニク、ニラなど)も、猫にとっては毒のようなもの。

猫以外にも多くの動物は、ネギ類を食べ「ネギ中毒」の状態になると溶結性貧血になってしまいます。

ネギ類に含まれる成分には、その働きによって赤血球が壊されて溶結性貧血を引き起こすものがあります。それだけではなく、血液を作り出す骨髄にまで悪影響を及ぼすことがわかっています。

◆ネギ中毒の症状
・元気がない、ふらつく
・心拍数の異常
・血色素尿
・下痢や嘔吐
・黄疸

軽症であれば、じきに回復しますが子猫や高齢の猫、アレルギーや病気がある猫は重症化することもあるので注意が必要です。

加熱しても猫にとって害のある成分には変化がないので、煮込んで溶けていたり煮汁に含まれているので与えないよう注意しましょう。

人間が食べているものの多くに、猫の体には良くないものがあることを念頭に置くべきですね。

パンは猫に「与える必要性がない」食べ物の一つ

猫と同じように多くの家庭で飼育されている犬は、猫と違って雑食性なので植物性の食べ物も栄養として摂り込むことができます。

しかし、本来純粋な肉食である猫は穀類などを食べても栄養として体に摂り込むことはできません。
逆に内臓に負担をかけて病気の原因になってしまいます。

パンの原料である小麦は、でんぷん質を多く含んだ栄養価の高い食物。猫は、このでんぷん質を消化・吸収する能力が犬の半分以下しかありません。

ペット用品を扱うショップなどで、犬のためのパンやケーキが販売されているのを見かけますが、猫用のパンはありませんよね?

猫にとってパンは食べても栄養にもならず、時に体調を崩す原因になるだけのものなのです。

パンを食べていると猫が欲しがってあまえてくる。パンを上げると喜んで食べている姿がかわいい。

そんな理由でパンを与えることは、結果的に猫のためにはならないのです。

猫には猫用の食べ物を。愛情があればこそ我慢を覚えさせて

室内飼いの猫が人間の食べ物を食べてしまうとしたら、その原因は人間が与えているか、猫の手が届くところに食べ物を置いているかのどちらかです。

食品は、猫が勝手に食べられないように戸棚や冷蔵庫にしまいましょう。ビニールや紙の袋など猫の爪と牙にかかれば、あっという間にビリビリに破られてしまいます。

食事のあとの食器はすぐに片付けるようにしてください。残ったものやソースなどを舐めたりしてしまいますからね。

そして、猫が人間の食べ物を食べてしまう理由の一番は「人間が与えてしまう」からではないでしょうか。甘えた声ですり寄られると、つい「少しなら」と与えてしまう。そんな心当たりはありませんか?

当たり前に食べているお菓子の塩分。与えすぎによる肥満。

かわいいからこそ健康に気を遣って、そこはグッと我慢するところです。

ねだられても与えない。人間の食べ物をこっそり食べないように管理する。それが続けば次第に食べ物に対する反応も変わってくるはず。

与えるなら、猫用のフードやおやつを決まった分量内で上げるようにしましょう。

 - 生活