生活の知恵で人生をバージョンアップ

生活の知恵で人生をバージョンアップ│知恵のガイド

旦那さんのお小遣いの内訳は知っている?旦那のお小遣い事情

2017.8.29

あなたは旦那さんにお小遣いをどのくらいあげていますか?

お小遣いはお給料の収入の1割と言われていますが、相場はどのくらい?お小遣いの内訳はちゃんと知っている?

気になる旦那さんのお小遣いについてまとめてみました。

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

東京は田舎の違いとは?気になる違いを調べてみました

日本の首都である「東京」この最先端の場所である東京と「田舎」の違いとはどんなものなのでしょうか? ...

トイレの水垢汚れをそうじするなら○○○を上手に使えば簡単!

こまめにトイレそうじをしていても気付くと蓄積されている水垢汚れ・・・ついてしまった水垢汚れは落とすの...

男の一人暮らしにかかる生活費についてじっくり考えよう!

大学生や社会人になって一人暮らしを始める男性も多いのでしょう。 その時に気になるのが「生活費」...

大学生のうちに遊びたい!家から通えばなにかとお得!

大学生のうちに遊んでおきたい! 思う存分大学生活を謳歌するためにはやっぱり実家から通うのが一番...

赤ちゃんの服は何枚必要?月齢や季節ごとに考えよう

出産準備で赤ちゃんの服を用意すると思いますが、何枚準備すべきか悩みますよね。 生まれたばかりの...

女性の一人暮らしの場合はどうする?引っ越しの挨拶事情をご紹介

女性が一人暮らしを始める場合、ご近所さんへは挨拶に行くべきかどうか悩みどころですよね。 調べて...

お葬式のときの服装とは?ネックレスのマナーについて

お葬式のときの服装は、いち大人としてきちんとしておきたいものですよね。 意外と知らないお葬式の...

ステンレス水筒の洗浄・消毒の注意点と目からウロコの洗い方

ステンレス水筒は軽くて丈夫。レジャーや普段のお弁当と合わせて使っている人も多いでしょう。 直飲...

パート勤めでの旦那との家事分担、旦那が手伝ってくれる方法とは

パート勤めで共働きの時、旦那さんは協力的に家事を手伝ってくれてますか? 世の中の旦那さんはどの...

学生で一人暮らしの人におすすめ!食事の節約方法

学生の一人暮らしでは食事を自炊して食費を節約している人も多いでしょう。 しかし、食材を色々買う...

家を建てるなら外観はやっぱりおしゃれにしたい!

家の新築を考えた時に、女性ならやっぱりおしゃれな外観に憧れます。 家づくり関係の雑誌を見たり、...

子猫の野良を飼うなら、まずは動物病院で診察を済ませましょう

子猫ってかわいいですよね~。野良の子猫を見つけたら家に連れて帰ってしまいたくなります。 しかし...

旦那は仕事が忙しい・・・その時あなたが出来ることはコレ!

「旦那は仕事で忙しい人」こんな旦那さんがパートナーの奥様もたくさんいますよね。 仕事が忙しいと...

実母でも同居となると難しい。共同生活を円滑に進めるためには

「同居」と言えば「嫁姑問題」と思われがちですが最近では「実母と娘」と言うスタイルも多いようです。 ...

旦那が料理に文句をつける!いい加減にして欲しい!

旦那さんが料理に文句をつける家庭って多いですよね? どこに文句を付けますか? メニューですか?味...

スポンサーリンク

旦那さんのお小遣いどのくらい渡している?その内訳は?

■1万円
・お昼代、飲み会、理容代、ガソリン代は別。コンビニでビールやおつまみ買ったり、飲み物を買ったりして毎月全部使っている感じ。1万円あると結構買えるので私はこの金額で十分だと思っています。

■三万円
・お昼は毎日手作りお弁当。たばことコーヒー、ガソリン代と雑誌を買ってます。少しずつ貯めて子供のおもちゃ、私の誕生日にちょっとしたプレゼントを買ってくれます。
趣味もないし、お酒も飲まないのであまり使わない。

■五万円
・五万だけどカードも使っています。タバコ代と飲食代。足りない時はカードも使ってるし、五万円じゃ全然足りないみたい。

・昼食代、飲み代を含めて。ある程度の年齢(40代半ば)管理職なので部下と食事や飲みに行った時に多く出せないのはカッコが悪いと思うので。
趣味が読書なので毎月本や雑誌を購入している。飲み代よりも本の方が高いかも?本当はもう少しあげたいけど5万が限界。

・月5万円。後はボーナス時に臨時で5万円。たばこや、飲み物、散髪代に使っています。

旦那の小遣いはいくら?内訳はどうなっているの?

月15000円とボーナス年間6万円です。

タバコ、飲み物、お菓子、ボーナスの時は洋服に使っています。入社してから7年目の間に資格はほとんど取ってしまうので必要な本は揃えました。
夫の仕事に必要な本やテキスト代は家計費から出しています。「投資」として必要なものは購入しています。
自己啓発や仕事関係の本や雑誌については結婚して10年以上経ちますが一度も読んでいる姿をみてません。

昼食代も散髪代も別になります。なので15000円で大丈夫だと思っています。しかも5000円はクオカードにしています。お小遣いをもらうとすぐにギャンブルに使ってしまうので・・・。

サラリーマンなので飲み会も全然ないわけではありません。しかも管理職なので部下におごることもあります。それは15000円のお小遣いでやりくりとは言いません。

旦那のお小遣いは年収によって異なってくる内訳は?

夫のお小遣い世帯年収別

もちろん家族構成によってもお小遣いの金額は異なってきます。
世帯別年収の平均お小遣い(夫)
400万円以下  22.580円
400~600万円  26.920円
600~800万円  40.010円
800万円~   59.880円

収入が高ければお小遣いの金額も多くなります。

お小遣いは収入の1割
お小遣いの妥当な金額は収入の1割が妥当という意見が多いです。正しくは「世帯収入(手取り)合計の1割」を夫婦のお小遣いにすることが正解です。

注意するべき点は夫1人のお小遣いではなく、妻も合わせてになります。世帯収入の合計(手取り)が月40万円の家庭で夫のお小遣いで4万円使ってしまうと使いすぎになります。

夫のお小遣いの内訳
手取り収入の1割というルールもお小遣いの内訳に含むのかによって状況が違って来ます。夫のお小遣いの内訳としてあげられるものはこのようになっています。

・昼食代
・飲み物代
・交際費
・散髪代
・趣味のお金

旦那のお小遣いはなるべく減らしたい?納得できる金額にしよう!

旦那さんのお小遣いの金額を減らして節約したり理由はありますよね。

このように「貯蓄しておいたり、使う必要があるお金」について説明をしておかないと旦那さんも「毎日頑張って働いているのに金銭的に余裕がない?」と不安に思うかもしれません。

旦那さんのお小遣いについて話し合う内容としてどのくらいの金額が欲しいか、希望する額の欲しい理由を話してもらう。それに対して、妻は本当は月々どのくらいでやりくりして欲しいか、そのお小遣いの金額にしなければならない理由についてきちんと話しましょう。

夫婦二人が納得できる金額にお小遣いを設定し、お互いの要求を無理に押し通さないことがとても大切です。

円満な夫婦生活を続けるためにも、旦那さんが気持ちよく働くためにもお互いが納得するように設定しましょう。

旦那のお小遣いはいくらがいいの?ボーナスはどうしている?

ご主人の性格や職種によって各家庭によってお金の管理方法は違って来ます。
2つのパターンを紹介します。

・毎月お小遣いを渡す
お給料の月収の1割が平均と言われています。突然の出費(新年会、歓送迎会、忘年会、冠婚葬祭)はどのようにするのか。毎月渡している家庭は「このくらい使う」と言ってもらい必要な分だけ渡すことにしましょう。

・半年分で渡す
毎月やりくりするのは苦手な人いますよね。決まった口座に半年分入れることをお勧めします。やりくりをご主人に楽しんでもらう方法になります。

■ボーナスはどうする?
ボーナスは臨時に毎月のお給料以外に会社から支給されます。ご主人の働き方、仕事に対しての目的意識を上げるためには、日ごろの感謝の気持ちをプラスしてあげることにしましょう。

もしボーナス住宅ローンや教育資金になってしまうという家庭は、ボーナスの出る時期だけ夕食を豪華にしたり外食したりして「又明日から頑張ろう!」と言う気持ちになるようにするといいです。

 - 生活