生活の知恵で人生をバージョンアップ

生活の知恵で人生をバージョンアップ│知恵のガイド

アラフォーの男性が婚活を成功させるための秘訣やヒント

2017.9.23

婚活をしているアラフォー男性の多くが、婚活が思うように進まないことに悩みを持っています。

どうして思うように事が進まないのでしょうか・・・女性受けするポイントを正しく押さえてライバルたちに差を付けましょう!

婚活を成功させるためのヒントやポイントをまとめてみました。

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

田舎では結婚が早いという説は本当?トップは男女共に福島県

都会でバリバリ働いて、遊んで、たまに田舎に帰ると同級生がみんな結婚している!? 田舎では結婚が...

夫婦デートにオススメな服装は?楽しむための行動とは

夫婦デートにはどんな服装が行くのが良いのでしょうか? 夫婦だからと言って、せっかくの久しぶりの...

結婚式の出欠確認がまだ返ってこない!催促するときのポイント

結婚式の招待状を送った際、出欠確認のはがきが返ってこない人は必ずいるものです。 ゲストが確定し...

離婚の後の再婚は子供にこんな影響があります。こんな実例も!

ワケあって離婚・・・。それだけでも子供には影響を与えてしまいます。 更に再婚する場合には、...

旦那と主人どっちで呼ぶ?言い方や使い方についてご紹介!

結婚したら夫のことを旦那と呼んでいますか?それとも主人と呼んでいますか? 人によって言い方は違...

彼女と喧嘩!彼女に「冷めた」と言われたら修正は不可能かも

彼女と喧嘩をしてしまい、気が付いたら彼女の態度が冷たい・・・。もしかしたらもう愛情が冷めた?! ...

友達に戻りたいから彼氏に別れてほしい場合の対策

付き合って彼氏彼女の関係になったはいいけど、やっぱり友達に戻りたいから別れてほしい・・・でもどうすれ...

結婚式のご祝儀は親から子供へ渡すかどうか

おめでたい結婚式ですが、親子の関係でご祝儀は渡すものなのでしょうか? 友人や親せきからは当たり...

結婚式で花束贈呈を子供にしてもらったほうがいい?披露宴の演出

結婚式をこれから挙げる予定の方は、披露宴での花束贈呈の演出をどうしようか悩みますよね。 子供達...

会社の先輩と付き合うってアリ?社内恋愛のメリット・デメリット

会社の先輩と付き合う。 仕事でも、プライベートでもパートナーなんて素敵ですが、公私混同と言える...

旦那に子供の面倒を見て欲しい妻たちへ!旦那を変える方法とは

二人の子供なのに旦那がちっとも子供の面倒を見てくれなくて不満がたまって文句を行ってしまった経験はあり...

大学で女子にはどんな話しかけ方をする?話しかける方法とは

大学の女子に話しかけるときは一体どのようにすればいいのでしょうか? 上手な話しかけ方とは?自然...

35歳歳を過ぎたら結婚できる確率が下がる?結婚する方法とは

結婚したいと思っているのに結婚相手がいない!出会いすらない!と嘆いている人もいますよね。 必死...

旦那にイライラする!子なし夫婦の悩みとイライラ対策も!

旦那にイライラしてばかり・・・子なしの夫婦が、イライラしないようにするにはどうしたらいいのでしょうか...

中学校の先生が好き!アプローチの方法など対処法を紹介します!

中学校の先生が好き!こんな経験はありませんか? 先生が好きだけど、どんなアプローチをしたらいい...

スポンサーリンク

アラフォーの男性が婚活する時は○○でライバルに差をつける!

婚活ではライバルが沢山いますので、差を付けないと負けてしまうでしょう。中身が大切なのはもちろんですが、第一印象はとても大切です。

第一印象は見た目で決まりますが、ここで言う見た目とは顔のかっこよさや背の高さなどの事ではありません。女性にとって年齢に見合った落ち着きや清潔感がある男性というのは安心感を感じます。

婚活でも同じことですが、ありのままで良いという訳ではありません。もしも、中年太りが気になるようならトレーニングしたり、すっきりと清潔感のある髪型にするなど気を使うことは大切です。

なお、婚活の場には若い世代のライバルも来ています。しかし、若い世代は男性でもおしゃれに敏感ですが、周囲に合わせるよりも自分の好きなおしゃれを優先しがちです。

この、ファッションや髪形は若い世代のライバルが油断しがちで、差をつけやすいポイントです。ただし、無理に若作りするのはNGです。同じ世代で清潔感のある俳優のファッショや髪形を参考にしてみるといいでしょう。

アラフォー男性が婚活するなら色々な手段で出会いの数を増やそう

婚活には、結婚相談所・合コン・街コン・婚活パーティー・お見合い・ネット婚活など色々な方法があります。1人の女性と出会ってもその女性と上手く行く約束はありません。そこで、出会いの数を増やすのがおすすめです。

真剣に結婚を考えている場合は、一番おすすめの方法は結婚相談所です。結婚相談所では事前に身元確認が行われていて安心ですし、相手の女性も結婚について真剣に考えている人が登録しているはずです。お互いのプロフィールを確認した上で、会いたいと思ってくれた人と会えるので、チャンスがあると言っていいでしょう。

しかし、結婚相談所は紹介してくれる女性の数が自分の思う人数に達しない場合もあります。そこで、結婚相談所に登録しても他の方法を利用して出会いの数を増やしましょう。

婚活パーティーや街コン、合コンも機会があれば積極的に参加しましょう。ただし、婚活パーティーや街コンでは参加者の年齢層が若くて浮いてしまうこともあるので、参加者の年齢層を事前に確認し合わない場合は無理に参加しない方が良いと思います。

なお、出会いは一期一会です。どんな出会い方でも自分の勘を信じて、進んでみましょう。

完璧な理想通りの人はいません。多少妥協点があるでしょう。また、結婚生活ではお互いに妥協することも大切となりますから、自分で妥協だと思っても、妥協することにうしろめたさなどを感じる必要はありません。きっと、理想と違うのは妥協ではなく、理想と違うけど許せるということだと思います。

アラフォー男性が婚活ターゲットとする20代女性の本音とは

アラフォーの男性で婚活に苦労する人がいます。苦労する理由は様々ですが、自分の市場価値を勘違いしターゲットを間違っている場合があります。

よくある40代男性の例として・・・部下からは仕事が出来る上司と慕われているし、スポーツをしているので30代に見られることもよくあります。お相手の女性は20代を希望します。

これは、かなりある例です。実年齢より若々しいから20代女性ともつり合うと思っているの事かもしれません。しかし、婚活では相手の意見を知ってターゲットを明確にすることが大切です。

この40代男性の場合は、20代女性をターゲットとしていますが、20代女性の意見としては、20歳近く年の離れた自分の親の方が年が近い可能性もある男性と結婚を望んでいる人はほとんどいません。

更に、実年齢を差し置いて若い女性と結婚したいと考えている男性に対して、非常に厳しい意見を持っています。はっきり言って、かなり年の差があって子供でもおかしくない程年の離れた女性を対象として見ていること自体気持ち悪いと思っている人も多いのです。

自分では若いつもりでも、20歳近く年の離れた女性から見ると、勘違いおじさんにしか見えないでしょう。仮に、本当に仕事が出来て部下から慕われる内面と若々しい見た目を持っているなら女性が放っておかないはずです。もしも、夢をみているのなら、現実を受け止めましょう。

アラフォー男性が婚活するなら収入や貯金額も大切

男性もアラフォーになれば、会社で管理職を任されるようになり、社会的地位が上がってくる人も増えてくる頃です。そのため、女性もアラフォー男性にはある程度の収入や社会的地位を期待します。女性は現実的なので、結婚をする場合は将来性も加味して相手の事を判断するでしょう。

どれくらいの年収を希望するかは人それぞれ違いますが、例えば40歳で非正規雇用の年収300万以下の男性がお見合いしても、将来性に不安があるので釣書の段階でお断りされるでしょう。厳しいようですが、それが現実です。
なお、年収や社会的地位だけが問題ではありません。貯金なども判断材料になります。アラフォーの男性なら社会人になって20年近く働いているはずですから、ある程度の貯金額があると予想出来ます。

しかし、貯金額が少ないと浪費家なのか?と思われてしまうでしょう。これが、30歳なら多少貯金額が少なくても、これから働ける期間も長いし出世することを想定すると気にならないかもしれません。

60歳まで働くとして、30歳の人はあと30年働く期間がありますが、40歳の人は20年と10年間も差があります。結婚して家を買う場合や子供の事などを考えると、この10年間は大きな差になります。

アラフォーの男性が婚活を成功させるために大切な事

若い時は趣味や仕事を通じて自然と女性と知り合って結婚する人も多いですが、アラフォーになるとそんな機会も減ってきてしまいます。

そこで、婚活を開始する人が増えるのですが、思ったより婚活がうまく進まずに苦労する人も多いです。婚活を成功させるためには、自分自身を客観視することが大切です。

婚活では、自分を客観視することが大切ですが、女性からどう見られているかと婚活という市場について客観視しましょう。正しい自己分析を行って効果的に自己アピール出来るかどうかで婚活を成功に導くことが出来るかが決まります。

実際、婚活しているアラフォー男性の多くは、他人からすると一目瞭然でも自分では自分の課題やアピールポイントが何なのか気付いていないことや間違っている事が多くあります。

自分では客観視出来ていると思っているかもしれませんが、意外と出来ていません。若い時は、周囲の人からアドバイスを受けたり厳しい指摘をされることがあったかもしれませんが、ある程度の年齢になるとそういうことが減っていきます。そのため、他人からどう思われているか知る機会も減るのです。

客観的に自己分析をして戦略的アピールの方法を見つけましょう。そのためには率直な意見を言ってくれる第三者に意見を聞いてみるのがおすすめです。

 - 恋愛・結婚