生活の知恵で人生をバージョンアップ

生活の知恵で人生をバージョンアップ│知恵のガイド

境界性人格障害の特徴とは?女性に見られる特徴について

2017.11.12

境界性人格障害と言う言葉を知っていますか?あまり聞きなれない言葉かもしれませんが、あなたの身近な女性にも潜んでいるかもしれません。

境界性人格障害の特徴とは?女性に多い?女性に多く見られる境界性人格障害、気分の起伏が激しいのが特徴?

見分ける方法などご紹介します。

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

赤ちゃんの成長が遅い!成長のスピードについて!

他の子を気にしても仕方がない事というのは分かっていても、赤ちゃんの成長が遅いと感じたら何か問題がある...

バレエに大切なストレッチ。子供と一緒に行うようにしましょう

バレエにはストレッチや柔軟が必要不可欠ですよね? 子供にもレッスンだけではなく、自分でストレッチを...

酒とタバコとコーヒーが体に与える影響を調べました

酒、タバコ、コーヒーなどの嗜好品。 タバコは辞めたいと思ってもなかなか辞められないという方も多...

初産は予定日を超過しやすい!リラックスして赤ちゃんを待とう!

初産の場合、赤ちゃんが産まれてくる予定日よりも遅れて産まれてくることがあります。 初めて出産を...

貧血の原因は?貧血の種類、改善方法や改善期間をご紹介!

貧血で悩んでいる方は案外多いんです。改善の方法はどんなものがあるのでしょうか? そして改善する...

肉から摂取する栄養は主にタンパク質。食べないとどうなるのか

肉、食べてますか? 長生きしたければ肉を食べろ! VS 長生きしたければ肉は食べるな! どちらが...

赤ちゃんの心拍が弱い・・・正常な心拍は?流産の可能性について

赤ちゃんの心拍が弱いと言われてしまうととても心配になりますよね。元気に生まれてきてくれるのか不安に思...

突発性難聴でステロイドが効かないときの対処方法や治療法

突発性難聴でステロイドが効かないときにはいったいどうしたらいいのでしょうか? 対処方法や治療法...

声変わりと身長は関係があるの?本当のところを調査しました!

「声変わりすると背が伸びなくなる」という話を聞いたことはありませんか? この話、本当のところは...

自閉症と知的障害(重度)を併せ持つ人への適切な支援方法

自閉症の患者には、重度の知的障害を併せ持つことがあります。 そのような重度知的障害を伴う自閉症...

赤ちゃんを寝かしつけようとすると泣く理由、そんな時の対処法

赤ちゃんを寝かしつけする時に、スムーズに寝かせられていますか? 赤ちゃんが泣くのですごく大変で...

スピーチで緊張するときに使える薬とは?緊張の和らげ方

大勢の前でスピーチや大切なプレゼンのときには緊張してしまうものです。 あまりにも緊張していると...

寝起きの辛い吐き気!妊娠初期の対策方法!

妊娠がわかりママになる喜びと同時に、避けては通ることのできないの妊娠初期の「つわり」の吐き気。 ...

タバコに依存しない生活を送ろう!そのための秘策を教えます!

タバコだけは、健康に悪いとわかっていてもやめられない・・・そんな「タバコに依存している人」はまだまだ...

どうして?!牛乳だけではカルシウムを充分取れない理由

カルシウムが取れる食品で思い出すのは、なんといっても牛乳ですよね! ところが、牛乳では思ったよ...

スポンサーリンク

境界性人格障害の特徴とは?女性に多い?

日本で「人格障害」と呼ばれる人たちがいます。精神医学の分野では「パーソナリティ・ディスオーダー」と呼ばれています。

人間は人それぞれ「十人十色」。個性があるなかで発達していくものです。
前向きな人や几帳面な人もいれば、神経質で飽きっぽい人もいます。陽気な人がいる中で怒りっぽい人もいるなど、どんな性格なのかを上げればキリがありません。

ただし、その中の一部分だけが極端に偏ったようになり、社会生活を送るのが困難になってしまう人がいます。それが「人格障害」なのです。

その中でも、感情が極めて不安定で気分の波が激しく、強いイライラ感がとまらない、良い悪いを両極端でしか判断できないなどの症状を持つ人を「境界性人格障害」と呼びます。近年では「境界性パーソナリティ障害」とも呼びます。

「神経症」と「統合失調症」という2つの心の病気の境界にあることから、「境界性」という言葉が使われています。

境界性人格障害は若い女性に多く、人口の約2%の人に見られるものです。

女性に多く見られる境界性人格障害、気分の起伏が激しいのが特徴

女性に多い「境界性人格障害」。
その特徴について詳しくご説明します。

・感情の起伏が激しい
無意識的にコントロールしてしまい、怒りや悲しみなどの負の感情で周囲を振り回したり傷付ける行為をしてしまいます。感情の発生が急速で激しすぎるあまり、自分でもその感情をほとんどコントロールできないと感じているのです。

・気分が急激に変化する
上機嫌だったのが急に不機嫌になるなど、感情の起伏が激しくなります。それも数十分~数時間単位でコロコロ変わるため、相手がどのような対応をすれば良いのかも分からず困惑するようになります。

・見捨てられ不安
相手の何気ない態度で、相手から永遠に見捨てられてしまったと感じてしまいます。ちょっとした批判的な言葉や、ふと見せてしまった冷たい態度にも敏感に反応し、1人になった途端を異常に強く感じて孤独感や疎外感に耐えられなってしまいます。パニックになり、自傷行為などへの欲求も高まってしまい、実際に自傷行為をしてしまう人も少なくありません。

境界性人格障害の女性かも?ある3つの特徴とは?

女性に多い境界性人格障害ですが、特に20代の若い女性に多いそうです。
境界性人格障害になってしまうと、ある3つの特徴が現れます。

①二極思考

これは、考え方が異常に両極端であり、良いか悪い、とても幸せかとても不幸などの2つしか物事を考えられなくなります。
あいまいな状態が理解できないばかりか、それを受け入れることさえできません。

②対人関係が上手く作れない

人に対しても「好き」か「嫌い」でしか判断できませんので、対人関係でも白黒つけたがることで対人関係を上手く作れなくなります。それも些細なことで判断してしまうので、大切にしてくれる人が「好きな人」であっても、LINEの返信がちょっとでも遅れればそれだけで「嫌いな人」と評価が逆転します。
また人への依存性も高いので、人をすぐに試そうとします。それも何度も。
特に恋人など一度心を開いた相手に対して依存しやすく、相手の気持ちを確かめるために不可解な行動を起こします。最初は「夜中でも平気で呼び出す」など簡単な要求であっても、最終的には実現できないような要求をしてきます。

③自傷行為

感情の起伏が激しいため、衝動的に自分を痛めつける行動を起こしてしまいます。リストカットや過食、睡眠薬などの過剰摂取などが挙げられます。

境界性人格障害を持つ女性は若い人が多い!?

深く付き合ってから境界性人格障害だとわかる事もありますが、出来れば見分ける方法を知りたいですよね。

今まで特徴をいくつか挙げてきましたが、他にも特徴はあります。

年齢が若い、また年齢より若く(幼く)見える人、他人の悪口を必要以上に口にする人も可能性があります。

また。以外なのが歯が汚い女性です。
他人に依存ばかりする、努力もせずに自立できない女性の多くは歯磨きをちゃんとしませんし歯医者へ行くこともあまりないようです。歯を磨くにしても、数日おきに1回磨くなどです。歯のことについて尋ねても、きっとその数少ない1回の歯磨きだけを取り上げて、「ちゃんと歯磨きしているわよ!」と怒鳴ってくるかもしれません。

境界性人格障害を持つ人は、物事を全てコインの裏表のように、白か黒か、100かマイナス100かでしか考えられません。
ほどほどや中間という考え方を持ちません。話し合いを持っても、好きじゃないのなら嫌いってことでしょ!といった思考になるのです。

境界性人格障害とは特徴が違う!?自己愛性人格について

境界性人格障害と似ている自己愛性人格(パーソナリティ)。
これは男性の方が多いそうです。

幼少期。変に溺愛されたり、肝心なところで気持ちを受け止めてもらえなかったことが原因となります。

境界性人格障害と根本的には同じで、根底には虚無感や見捨てられ不安などがあるのですが、境界性人格障害は寂しさをまぎらわすために他者に依存しますが、自己愛性人格は他者から称賛されることで自分の精神を保とうとします。

底辺の自分と最高の称賛をされるべき自分。この両極端の狭間を行ったり来たりするので、自分自身というものがありません。

また他者を極端に蔑んで弱い者の上に立とうとします。それによって自分の優位性を確認し、自分に力があるようにふるまうのです。
権力者や力のある人にはとりまくようになります。
他者の感情を理解することはないので、友達や家族であっても奴隷のように扱うことがあります。
自分の利用価値があるかどうかで判断しますので、女性の多い境界性人格障害とは似て非なるのです。

注意したところで、自分が当たり前、自分こそが正しいと思っているので、感謝することがあったとしてもそれは口だけの場合がほとんどです。注意しましょう。

 - 医療・健康