生活の知恵で人生をバージョンアップ

生活の知恵で人生をバージョンアップ│知恵のガイド

子供のお腹が大きいのは子供メタボ!?その原因と対処法

2017.9.10

子供が小さいうちは沢山食べて大きくなって欲しいと、つい好きな物を食べさせてしまいがちですよね。

しかし、そのままでは子供のお腹がポッコリと大きい「子供メタボ」の危険性があります。

そこで、子供のお腹が大きい原因とその対処法についてご紹介致します。

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

出産での入院中の食事は食堂で食べるのがいい?病院選びの基準

出産する時に病院を選ぶ時には、どんなことを基準にして選びますか? 中には入院中の食事を美味しく...

子供と一緒に飛行機旅行で耳がキーン!耳抜きの方法とは

子供と飛行機に乗って楽しい旅行へ出かよう! でも、飛行機に乗っていて耳がキーンってなったことは...

納豆を毎日、子供に食べさせてる?納豆についてをご紹介!

納豆は体にいいとよく言うので子供に毎日食べさせている方も多いのではないでしょうか? しかし、毎...

会社の保険証で病院で診察をすると内容などバレるのだろうか

病気の疑いがある時に、会社の保険証で病院に行く事がありますが行く病院によっては会社にその情報がバレる...

子供が歩く時期の平均は?平均より遅くても気にしないで!

子供の成長はとても早いもので、その成長のスピードに驚いてしまうこともあります。 子供の年齢が1...

髪の表面が縮れて雨の日が辛い…くせ毛の原因と対処法!

雨の日や湿度の高い日に、憂鬱なのは…髪です。 髪の表面が縮れたり、変な癖が出たり。 朝の...

スピーチで緊張するときに使える薬とは?緊張の和らげ方

大勢の前でスピーチや大切なプレゼンのときには緊張してしまうものです。 あまりにも緊張していると...

耳にイヤホンをつけると痛い!こんな症状が出る時の原因はコレだ

耳にイヤホンを装着すると痛い・・・。そんな事ありませんか? その痛みの原因はただ単にイヤホンが...

赤ちゃんの心拍が弱い・・・正常な心拍は?流産の可能性について

赤ちゃんの心拍が弱いと言われてしまうととても心配になりますよね。元気に生まれてきてくれるのか不安に思...

水分で体重が増加!?水分とダイエットの関係を探ってみた!

水分をとりすぎると体重が増加するって本当? 水だけで太る事はありませんが、体重の増加と水分とは...

矯正後のリテーナーは喋りにくいってホント?理由やお手入れ方法

矯正後に「リテーナー」を付けることは知っていますか? 矯正は矯正器具を外したら矯正完了ではあり...

ジムのプールで歩くことによるダイエット効果について解説!

ジムのプールに通ってダイエットしたい!そう思っても泳ぎに自信がないからと諦めてしまった人もいるのでは...

乳児の熱に冷えピタはアリ!?その注意点と熱の対処法

乳児が熱を出したとき、つい熱を出した時によく貼る「冷えピタ」を使いがちですよね。 でも、これって実...

赤ちゃんの歩く時期が遅い!歩けるようになる目安の年齢

赤ちゃんがなかなか歩かず、歩くのが遅いと心配しているママたちもいますよね!赤ちゃんが歩く時期には個人...

鎖骨を骨折してしまったときのお風呂や着替え、治療法

鎖骨を骨折してしまったら、あまり動かさない方が良いそうですが、お風呂は入っても良いのでしょうか? ...

スポンサーリンク

子供のお腹が大きいのは、「子供メタボ」!?

よく中年のおじさんに多いポッコリお腹。これは、「内臓脂肪型肥満」と呼ばれ、内臓に脂肪がついてしまうことで肥満になった状態のことです。

そして、この状態に高血糖や高血圧、高脂血症のうち2つ以上が当てはまってしまうと「メタボリック症候群(メタボ)」と言われます。

メタボになってしまうと、10年後に脳や心臓など命に関わる病気になってしまう可能性があるそうです。

そして、それが最近子供のうちから大きなお腹が目立つ「子供メタボ」も増えているのです。

子供メタボのままでいると、20代など若いうちからも脳や心臓など命に関わる病気になってしまう可能性がでてきてしまうのです。

ですから、子供メタボを放っておくことはとても危険なことなのです。

子供のお腹が大きい!はやめの肥満対策を!

最近では街などを見渡すと、太り気味の子供が目についたりはしませんか?

これは子供の肥満が増加傾向であり、大きな問題になっている証拠なのです。その原因としてあげられるのが、昔とは違う食生活環境です。

食事の内容も脂肪や糖分の多い食事になり、さらにいつでも自分の好きな物を食べたいだけ食べられるような環境になっているからなのです。

そして、ゲームなどの人気により子供の運動不足も考えられます。

では、子供の身長と体重から計算できる学童期の子供の肥満度チェックをご紹介します。
学童期向けの場合・・・
ローレル指数 = 100×体重(kg)÷身長(m)÷身長(m)÷身長(÷)
身長110~129cm ⇒ 180以上
身長130~149cm ⇒ 170以上
身長150以上  ⇒ 160以上
※上記の値以上が「肥満」

ちなみに、子供の頃に肥満だと、成人になっても70%は肥満になると言われています。

そのため、はやめの肥満対策を心がけましょう。

子供のお腹が大きいのは、食の欧米化が原因!?

日本人の腸とはもともと欧米人に比べると長く、昔から食物繊維が豊富で、低脂肪の食事が日本人には合っていました。

それが、だんだん肉類や乳製品などの摂取が多くなることで、腸の中に食べた物が留まるようになってしまい便秘腹やガス腹へとなる傾向がみられてきました。

それにより、お腹が大きくなってしまうことが考えられます。これは大人だけではなく、子供も同じです。

また、お腹が大きくなってしまう便秘腹やガス腹はそれだけが原因ではありません。朝ご飯をきちんと食べていれば、腸の運動が活発化して食べた物がしっかりと肛門へと運ばれます。

しかし、朝ごはんを食べないでいると、腸の働きが低下してしまい、お腹にガスや便が溜まりやすくなってしまうのです。

こうして、お腹がポッコリと大きくなってしまうのです。

運動や睡眠により、子供メタボを解消しよう!

お腹についてしまった内臓脂肪を解消するためには、適度な運動をすることが大切です。
適度な全身運動をすることは、肥満の解消だけに限らず、体力の向上や気分転換、学習能力を上げることにも大切です。

できるだけ週3回くらいは運動をするように心がけましょう。小中学校の体育以外にも、子供が関心を示すようなスポーツを進めてみるのも良いでしょう。

毎日犬の散歩などを習慣にするのも良いかもしれませんね。

また、睡眠不足も肥満の原因にもなります。睡眠不足によって接触に関わる脳内のホルモンがバランスを乱してしまうのです。

十分な睡眠時間が取れていないと、食欲を抑えるホルモンが減ってしまい、逆に食欲を促すホルモンが増えてしまうそうです。

これにより、お腹が空いた状態が強くなってしまうのです。

肥満を解消するためには、適度な全身運動と睡眠が大切です。

子供のお腹痩せ対策に、効果的な食事とは

最近では、子供の肥満や子供メタボは深刻な問題になっています。

そんな子供の肥満や子供メタボを解消するためには、食事に気をつけなくてはなりません。

まずは、お菓子やジュースやケーキなどの甘い物をやめるのが一番です。それから、パンやチーズ、マーガリンなどの乳製品も太る原因になってしまうので気を付けましょう!

例え、甘い物を控えていてもなかなか痩せないのは、このような乳製品の過剰摂取が落とし穴かもしれません。

朝食にパンを食べることが多い家庭は、できるだけご飯食に切り替えましょう。

お腹痩せ対策には和食が効果的です。和食は油も少なく、カロリーも控えめで栄養のバランスもとても良いのです。

ご飯はあまり食べずにお菓子ばかり食べている、なんて子はお腹が出ていたりしませんか?

子供のお腹痩せには、まずはお菓子やジュースを食べさせないことが一番の近道かもしれませんね。

あとは、適度な運動と十分な睡眠に心がけましょう。

規則正しく生活することが、健康にもつながりますよ。

 - 医療・健康