生活の知恵で人生をバージョンアップ

生活の知恵で人生をバージョンアップ│知恵のガイド

赤ちゃんの心拍が弱い・・・正常な心拍は?流産の可能性について

2017.11.21

赤ちゃんの心拍が弱いと言われてしまうととても心配になりますよね。元気に生まれてきてくれるのか不安に思うことでしょう。

赤ちゃんの心拍が弱いと、どのようなことが起きている可能性があるのでしょうか。心拍が弱いと流産になるの?

赤ちゃんの心拍についてお伝えします。

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

アデノイド切除手術にはデメリットがある?手術で生じる問題とは

喉の奥のリンパ組織で出来ている「アデノイド」は、幼児期にその大きさがピークになり、大人になるにつれて...

赤ちゃんを寝かしつけようとすると泣く理由、そんな時の対処法

赤ちゃんを寝かしつけする時に、スムーズに寝かせられていますか? 赤ちゃんが泣くのですごく大変で...

アトピーで皮膚が変色してしまったら。治すために必要なこと

アトピー性皮膚炎になると皮膚が浅黒く変色してしまうことがあります。 これは炎症によりメラニン色...

寝起きの辛い吐き気!妊娠初期の対策方法!

妊娠がわかりママになる喜びと同時に、避けては通ることのできないの妊娠初期の「つわり」の吐き気。 ...

突発性難聴でステロイドが効かないときの対処方法や治療法

突発性難聴でステロイドが効かないときにはいったいどうしたらいいのでしょうか? 対処方法や治療法...

排卵日が終った後に腹痛やガスでお腹が張る原因と対策はコレ!

排卵日が終った後、お腹の張りや腹痛・ガスに悩まされたことはありませんか? 排卵の後にこのような...

夫にイライラする!更年期の症状はこんなにあった!

最近イライラしたり、疲れやすかったり、ほてったり・・・。更年期なのかな? 更年期になるとこんな症状...

産後の入院中に寂しいと感じる理由はどんなこと?その気持ちとは

産後の入院中に無性に寂しくなる時がありますが、それはどんな理由があるのでしょうか? それはホルモン...

夜に心臓がドキドキ!動悸の原因や対策について

夜にいきなり心臓がドキドキして眠れない…動悸が起こると焦りますし不安になりますよね。 なんで突...

子供が歩く時期の平均は?平均より遅くても気にしないで!

子供の成長はとても早いもので、その成長のスピードに驚いてしまうこともあります。 子供の年齢が1...

ウイルスは生物ではない?生物との違いと共通点とは

インフルエンザなどでおなじみのウイルス。細菌とはどう違うのでしょうか。 また、ウイルスは「生物...

正座で身長が縮むってホント?身長と正座の関係性について

正座をすると身長が縮むって聞いたことありませんか? それって本当なのでしょうか?平均身長が年々...

MRI検査を受ける時の服装はこうしよう!注意点を教えます!

MRI検査を受ける時、どういった服装で行けばよいのか迷いますよね? 注意事項を読んでみると「金属N...

ロキソニンの効果とは?マラソン時の服用は注意が必要!

鎮痛剤として知られているロキソニンですが、今ではマラソンランナーに欠かせないものとなっているようです...

ジムのプールで歩くことによるダイエット効果について解説!

ジムのプールに通ってダイエットしたい!そう思っても泳ぎに自信がないからと諦めてしまった人もいるのでは...

スポンサーリンク

赤ちゃんの心拍が弱い・・・流産を経験したママの体験談

赤ちゃんの心拍が確認できると流産の可能性は低くなります。

ですが、確認された心拍が弱いと、一概に安心も出来ないことがあるようです。体験談をご紹介します。

「先生に心拍を確認できたと言われてほっとしたのもつかの間、心拍が弱いからまだ安心できないと言われました。

その3日後に心拍がなくなっているのが確認され、流産という結果に・・・。

先生には母体に責任はなく、染色体異常が流産の原因だから」気を落とさないようにと言われましたが、やっぱりショックでしたよ。

友人も同じような経験をしたようですが、別の病院を受診したところ、薬を処方してもらって無事に出産できたのだとか。

心拍が弱い場合、赤ちゃん側の問題のことが多いようですが、違う可能性もあるので、ほかの病院を受診するのも一つの方法だと思いました。」

赤ちゃんの心拍が弱い?心拍の正常値

妊娠初期の心拍の正常値は

・妊娠5週・・・90~100/分
・妊娠9週・・・170~180/分

というようになりこの頃をピークにして段々心拍数が下がっていきます。
この頃に心拍が正常値よりも少ないと、流産のリスクが高くなってしまいます。

赤ちゃんの心拍を確認すると脈の状態を調べることが出来ます。

脈が速すぎたり遅すぎたりする場合は、心臓に欠陥がある可能性もあります。

また、胎児機能不全を発見することも出来ます。

妊娠36週になるとノンストレステストを受けて赤ちゃんが出産に耐えられるかの検査を行います。この検査で心拍数が正常値に入っていれば、赤ちゃんは出産に耐えられる状態だと判断することが出来るのです。

心拍の正常値は120~160/分になります。

赤ちゃんの心拍が弱い・早すぎるときに考えられること

胎児の心拍が基準値よりも弱い場合は危険なことが多いのでしょうか?

心拍が遅い・早いの判断は、基準値の範囲内であるかどうかで判断されます。

基準の範囲から多少ずれていても、過ぎに心配なことが起きてしまうというわけではありません。

しかし、大幅にずれて遅くなっているという時は、胎盤機能の低下や赤ちゃんが弱っているということが考えられます。

そういった場合は再検査を行ったり入院、帝王切開という方法をとることになります。

胎児の心拍が早い場合はどのようなことが考えられるのでしょうか。

胎児の心拍が180/分以上の状態が続いてしまうと、胎児頻脈性不整脈の可能性が出てきます。

自然と良くなっていくことが多い症状です。

ですが、この症状が長引いてしまうと赤ちゃんのお腹や胸に水がたかって胎児水腫になってしまう可能性も考えられます。

胎児水腫になってしまうと、赤ちゃんが亡くなってしまう危険もありmなすので、早期に発見して治療を行うことが大切になります。

心拍が弱い時に考えられる繋留流産

繋留流産をしてしまった時、原因は胎児側にあることがほとんどです。

染色体の異常で赤ちゃんが育たないことが原因で流産してしまうことになり、気を付けて生活していたとしても防ぐことのできない流産になります。

繋留流産は赤ちゃんの心拍が停止していても子宮内に胎盤があることで妊娠している反応を示し、つわりの症状も続きます。

兆候がみられることは少ないですが、下記のような場合に繋留流産と判断されることが多いです。

・妊娠6~7週に胎芽を確認することが出来ない
・妊娠7~8週に心拍を確認できない
・心拍の確認は出来たが弱い
・赤ちゃんの成長の早さが極端に遅い

赤ちゃんの成長には個人差があるため、上記のことに当てはまっていたとしても必ず流産してしまうというわけではありません。

医師の話をよく聞いて対処するようにしましょう。

妊娠7週頃には胎児の確認が出来るようになる

妊娠7週目頃になるとエコー検査で胎児の様子を確認できるようになります。

エコー写真で赤ちゃんを確認することで妊娠を実感する妊婦さんも多いでしょう。この頃には心拍が確認できることが多くなり、心拍の確認が出来ると流産の可能性も15パーセントから5パーセントへと低くなります。

妊娠7週目は心臓が形成される時期で、血液を全身に送る為に心臓が動きだします。

赤ちゃんが元気に育ってくれるか心配になるママも多いでしょうが、心拍を確認することが出来ればまずは一安心です!

プレッシャーからも解放されることでしょう。

赤ちゃんによってはこの頃に心拍が確認できないこともあります。

ですが、赤ちゃんの成長には個人差があるため、あまり心配しすぎずに赤ちゃんの成長を願うようにしましょう。

ストレスは母体にも赤ちゃんにも悪影響です。

ゆったりとした気持ちで過ごすようにし、赤ちゃんの成長を信じて待ってあげてくださいね。

 - 医療・健康