生活の知恵で人生をバージョンアップ

生活の知恵で人生をバージョンアップ│知恵のガイド

赤ちゃんを寝かしつけようとすると泣く理由、そんな時の対処法

2017.9.9

赤ちゃんを寝かしつけする時に、スムーズに寝かせられていますか?

赤ちゃんが泣くのですごく大変でストレスを感じている・・・と言うママも多いのではないでしょうか?

そんな時にはどう対処して乗り越えれば良いのかを、調べまとめてみました。

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

子供と一緒に飛行機旅行で耳がキーン!耳抜きの方法とは

子供と飛行機に乗って楽しい旅行へ出かよう! でも、飛行機に乗っていて耳がキーンってなったことは...

髪の表面が縮れて雨の日が辛い…くせ毛の原因と対処法!

雨の日や湿度の高い日に、憂鬱なのは…髪です。 髪の表面が縮れたり、変な癖が出たり。 朝の...

虫垂炎の手術の麻酔の種類や方法とは?気になる虫垂炎について

右下腹部に強い痛み・・・。もしかて、虫垂炎!? 虫垂炎の手術とはいったいどんなものなの?手術で...

腱鞘炎の注射でしびれは治まる?腱鞘炎の治療と予防について

なんだか腕や指や肘が痛い・・・なんてことはありませんか? もしかしたらその症状腱鞘炎かも!?治...

独り言が多い人って病気?電車で独り言を言う人の心理とは

独り言を言っている人を見かけたことはありませんか?電車や公共の場所で独り言を言っている人を見かけるこ...

水分で体重が増加!?水分とダイエットの関係を探ってみた!

水分をとりすぎると体重が増加するって本当? 水だけで太る事はありませんが、体重の増加と水分とは...

子供のお腹が大きいのは子供メタボ!?その原因と対処法

子供が小さいうちは沢山食べて大きくなって欲しいと、つい好きな物を食べさせてしまいがちですよね。 ...

納豆を毎日、子供に食べさせてる?納豆についてをご紹介!

納豆は体にいいとよく言うので子供に毎日食べさせている方も多いのではないでしょうか? しかし、毎...

ロキソニンの効果とは?マラソン時の服用は注意が必要!

鎮痛剤として知られているロキソニンですが、今ではマラソンランナーに欠かせないものとなっているようです...

長く続く咳は背中や腹筋に筋肉痛を引き起こすことがある

咳が続く喘息や、ひどい風邪。そのうち背中に痛みが…もしかして筋肉痛? 風邪などで出る咳は、身構...

爪が黄色くない!?マニキュアの正しい方法とネイルケア

マニキュアを取ったあと、爪が黄色くなっていたら要注意ですよ! では、どうして爪が黄色くなってし...

歯医者の通院期間が長い理由とは?良い歯医者を見つけよう

歯医者って通院期間が長くかかると思いませんか? 長くかかると通うのが段々面倒になってしまって、...

目の周りのヘルペスは眼科の病院へ!悪化すると怖い角膜ヘルペス

ヘルペスは口の周りだけでなく、目の周辺にできることもあります。この場合は眼科の病院も受診してください...

ジムのプールで歩くことによるダイエット効果について解説!

ジムのプールに通ってダイエットしたい!そう思っても泳ぎに自信がないからと諦めてしまった人もいるのでは...

どうして?!牛乳だけではカルシウムを充分取れない理由

カルシウムが取れる食品で思い出すのは、なんといっても牛乳ですよね! ところが、牛乳では思ったよ...

スポンサーリンク

赤ちゃんを寝かしつけようとすると泣く時には、環境を見直そう

赤ちゃんが眠たそうにしているので寝かしつけようとすると、何故か泣かれると言う体験をしたママも多いのではないでしょうか?

そんな時には赤ちゃんはどんな状態の気持ちなのでしょうか?

実は赤ちゃんは音や明るさにとても敏感で、着ている洋服などでも寝苦しくて眠れないと言う場合があるのです。

赤ちゃんがなかなか眠ってくれない時には、周りの環境を見直してみましょう。

部屋の温度や湿度などもチェックしてみましょう。
また、衣服も着せすぎていないか確認しましょう。赤ちゃんは体温が高いためママが薄着と思っても意外に暑い場合もあるのです。

大人より一枚薄着を心がけてみましょう。また室内であれば靴下なども必要ありません。着せすぎると汗疹の原因にもあるので気をつけましょう。

その他にも部屋の明るさや、布団などのかけすぎで暑くて起きてしまう場合もありますので、寝かせる時には周りの環境を見直してみてください。

寝かしつけで赤ちゃんが泣く時には、こんな理由が考えられる

赤ちゃんを寝かしつけようとして、赤ちゃんが泣く時にはお腹が空いている時があります。
さっき母乳やミルクを飲ませたばかりなのに・・・と思うことがあっても満足するくらい足りてない時があります。

そんな時は、ミルクをほんの少し作って飲ませてみましょう。
以外にもそのまま眠りについてしまった・・・なんてこともあります。

その他にもオムツが濡れていて気持ち悪いなど、汗をかいて気持ちが悪いなども考えられますので清潔なものに取り換えてあげましょう。

また静かな環境で過ごしている赤ちゃんにとって騒がしい音や、部屋が明るすぎると眠りになかなかつけないこともありますので、静かな環境で寝かしてあげましょう。

さらに寝るタイミングを逃してしまった時には、なかなか眠ることができずにぐずって泣いてしまうこともあり、ママも困ってしまうこともありますよね。

そんな時はママもリラックスして、空気を入れ替えるなどをして赤ちゃんを眠りへ導いてあげましょう。

寝かしつけで泣く赤ちゃんにはこんな方法が効果的

赤ちゃんが抱っこしても泣きやまず眠りに付けない時には、赤ちゃんと一緒に添い寝して背中をトントンしてあげたり、優しく撫でてあげたりするとママの温もりや匂いや声などで落ち着いて眠りにつける場合があります。

我が家の娘はまゆげを撫でられると気持ちが良いのか、すぐに眠りについていました。

また、赤ちゃん向けのCDや子守唄など音楽など癒される曲などを聞かせる方法も良いでしょう。

この時に注意してほしいことは添い寝をしながら寝かせてるうちに、ママも一緒に寝てしまうと小さな赤ちゃんに危険を及ぼすこともありますので、あくまでも添い寝をすることをしっかり頭にいれましょう。

また音楽なども興奮するような曲だと、赤ちゃんを興奮させてしまうこともありますのでリラックスできる曲をきちんと選ぶことをおすすめします。

赤ちゃんの寝かしつけは「寝るための癖」をしっかりつけること

赤ちゃんは車に乗るとすぐに眠ってしまいますよね。
それは何故でしょうか?実はお腹にいた時の心地よい揺れと同じように、気持ちよく眠りにつくことができるのです。

赤ちゃんが夜になってもなかなか寝ない時に、車でドライブしたらすぐに眠ってくれた。
しかし翌日もやはり眠りにつけず、ドライブをしそれを何度も繰り返すのは正直大変ですよね。

我が家の子供たちは、赤ちゃんの時から「寝るための癖」をつけていました。
夜9時になると電気を消しおしゃぶりを加えさえベビーラックに入れ、キャスターがついているのでコロコロ揺らしながら子守歌を歌うとすぐに寝てくれました。

なので外出時にベビーカーに乗せても良く眠ってくれたので、寝かしつけでこまることはほとんどありませんでした。

もし寝かしつけで困っているママがいたら、小さなときからの「寝るための癖」はきちんとつけておくことをおくことが大事です。

お母さんがイライラしていると赤ちゃんは不安になる。

赤ちゃんを寝かしつけようとして、どんなことをしても泣き止まない時ママもどうしたら良いかイライラしてしまうこともありますよね。

そんなママの表情や気持ちは赤ちゃんって、すごくわかるものなんです。
ママが楽しくて幸せな気持ちでいると赤ちゃんはとても気持ちが穏やかになります。
しかしママが不安な気持ちで寂しくしていると、赤ちゃんはママの精神状態が不安定だと感じるのです。

特に寝かしつけの時に早く寝なさい!という気持ちでいると、赤ちゃんは不安になり泣いてしまうのです。

優しい気持ちでリラックスし温かいぬくもりを感じさせてあげることが、赤ちゃんにとっては安心できるので、ママがイライラする時には一度深呼吸する、気分転換などをしてイライラを解消させましょう。

 - 医療・健康