生活の知恵で人生をバージョンアップ

生活の知恵で人生をバージョンアップ│知恵のガイド

子供が奇声をあげる!原因を理解して対策しましょう!

2017.8.20

子供をつれてのお出かけ。静かにしなくてはいけない場所で奇声をあげたりする事が・・・

なにか対策はないのでしょうか?

調べてみると、奇声をあげる原因を理解して対策することが大事な事のようですよ!

子供のOOが大きく関連しているようなのです。

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

江戸時代はどんな生活をしていた?庶民の暮らしぶりについて

江戸時代の庶民の生活はどんな生活をしていたのか、気になりませんか? 時代劇のような長屋暮らしは...

犬にマダニがついてしまった時の取り方や考えられる病気を紹介

今年の春に愛犬を連れてキャンプに行きました。 お散歩がてら遊歩道を歩いたり、のんびり過ごして家に帰...

クワガタを捕まえた!エサを与える回数や量、頻度はこうしよう!

夏になるとよく子供がクワガタを捕まえてきませんか? 私も最初は嫌だったけれど今ではすっかり慣れ...

猫の食欲を抑えるには栄養の見直しと遊ぶことが重要だった!

猫の食欲が旺盛過ぎて肥満が心配。食欲を抑えるにはどうしたらいい? 猫の食欲があり過ぎるのはスト...

人差し指と薬指、どっちが長い?女性の指で性格がわかる!

自分の手をじっくりみたことがありますか? 実は今、人差し指と薬指のどちらかが長いことで、性格ま...

ハリネズミノ可愛い赤ちゃん!「はり」がチャームポイント

ハリネズミは背中のするどい「はり」がチャームポイントの可愛い動物です。 体は小さいのにインパクトの...

猫が鼻水・鼻づまりで辛そう。ベビーグッズで吸引できる!

猫が鼻水を垂らしているとき、人間の育児グッズである鼻水の吸引器が使えます。 鼻水を垂らしたまま...

猫は同じご飯だと飽きることもあるの?猫が喜ぶご飯のヒント

猫がいつものご飯を食べてくれない。もしかして同じものばかりだと飽きることもあるの? 猫は味覚は...

彼との旅行の費用分担はどうしてる?費用分担の理想と現実

彼との旅行で費用の分担はどうしていますか?割り勘?彼が多めに?全額彼が負担? 彼に多めに払って...

「主人」と「旦那」の使い方!世間一般ではどう使い分けているのか検証!

皆さんはご主人様のことを人に話すとき、呼び名はどう使っていますか? 世間一般では「主人」「旦那...

アゲハの幼虫がいなくなった!それにはちゃんと理由がある

つい先日、祖母のニンジン畑でアゲハの幼虫を発見しました。 とても活発で、蝶に羽化する瞬間を見て...

子供の昼寝を簡単に!寝かしつけのコツや気を付けたいポイント

子供のお昼寝タイムは、お母さんにとってやっと一息つける時間。 でも、なかなかお昼寝しないときも...

ハリネズミの赤ちゃんって可愛い!ハリの役割を紹介

ハリネズミってハリがとげとげしていて痛そうだけれど、顔は穏やかな可愛らしい表情をしているんですよね。...

イチゴにナメクジは天敵!手軽なナメクジ対策ありますよ

大事に育てているイチゴが虫にやられてる!それはナメクジの仕業かもしれません。 ナメクジ対策をし...

子猫がミルクを吐くときの原因は!?怖い病気が潜んでいる場合も

子猫がミルクを吐くのは、飲ませ方や量が関係している場合もあります。 しかし頻繁な嘔吐や下痢は病...

スポンサーリンク

2歳前後の子供が奇声を出す!対策はありますか?

2歳前後の子供はイヤイヤ期が到来する頃ですよね。この頃は奇声を出すことも多くなってきます。子供を連れて静かにしなければいけない所などにお出かけする時、お母さんはドキドキする事もありますよね。こんな時は前もってちゃんと子供に説明をしましょう。優しい口調で言い聞かせます。

もし、子供が不安で奇声を出している時、お母さんが他の人と長話をしていたりしませんか?放っておかないように気をつけましょう。奇声を出したらその場から退席するか、子供を抱きしめてあげるなどで、不安になっている子供の情緒を安定させてあげることが大切です。

また、日中は外などでたくさん体を使って遊ばせてください。ストレス発散させてあげることで、奇声を出すことも少なくなりますよ。そして静かにしてほしい所で静かにすることが出来た時は、たくさん褒めてあげましょう!子供に言い聞かせるときは、命令するのではなく優しく「○○しようね」と言って一緒に行動しましょう。家で奇声を出す事、外で出す事の違いを繰り返して教えてあげる事も大切です。

2~3歳の子供の奇声の原因を知って対策をしましょう。

この頃の子供は自我が発達してきます。自分でやりたい事や伝えたい事がたくさんでてくるのです。しかし、まだ体も言葉も発達が十分ではないので、上手に表現したり実現する事ができない時があります。

こんな時、子供がまだどんなふうにしたらいいかがわからない事がストレスになって奇声をだしてしまうといったパターンもあります。この場合は、子供がやりたい事をできるだけ挑戦させてあげるようにしてください。上手に出来ないようなら少しお手伝いをしてあげて、子供が出来た所をたくさん褒めてあげましょう!

もし、子供が自分の気持ちや感情をどうやって表現してらいいかわからないで奇声をだして泣いていたら、お母さんはまず「~をしたかったんだね」「うまくできなくて悔しかったね」と、子供の代わりに気持ちを言ってあげましょう。優しく抱きしめて気持ちを落ち着かせてあげる事も大事です。

広汎性発達障害の子供が奇声を発した時の対策について。

広汎性発達障害の子供は、なんでもない事が脅威な事もあります。特別支援学校に中では、たくさんの人が集まる所、きまった場所で奇声をだす子供もいます。興奮してしまう子、たくさんの人やその人達の声が恐いという子、小さい子が泣く声や、咳やくしゃみがイヤな子もいるのです。このような時、周りを気にして無理して黙らせる事は効果がありません。

対策としては、言葉でわかってもらおうと思うよりも、見てわかってもらうようにする事が効果があります。覚えてほしい規則、禁止している事などは、絵やカードを利用して伝えましょう。

家族は子供が奇声を発する事はいつもだからと慣れていても、周りの人には心地良くない時もあるので、配慮も大切です。言い聞かせても奇声が止まらない時、公衆の場では席を外す、また電車なら下車する、レストランなら外に出るなどの配慮をしましょう。

子供が奇声を出す原因って?○○が大きく関連している!

1歳~3歳の頃の子供は言葉の発達が十分ではなく、自分の意思を表現することが難しい事がたくさんあります。このような時に、お父さんやお母さんの気を引くには声を出すことが1番の方法だと思いませんか?しかも大きい声で!これでうまくいったら、大きい声を出したらかまってもらえると、なんとなくわかり覚えてくものなのです。

突然ですが、あなたはカラオケが好きですか?大きな声で歌うとストレス発散になるようで、またカラオケに行きたいろ思う事がありますよね!もし、子供も同じならどうでしょう?大きな声を出した時、気持ちよく感じて快感を味わったら・・・またやりたくるのもわかります。決してしつけが悪い訳ではありません。子供の欲求が大きく関連しているのです。

大きな声を出すのは外出できてうれしいといった感情を表しているのかもしれません。なので、4歳頃の言葉もたくさん覚えて話し始める時には、大きな声を出すことも少しずつ減っていきます。子供が奇声を出してしまうのは、自分の感情を上手に表すことができない時だと考えてあげましょう。

5・6ヶ月の赤ちゃんが奇声をあげる・・・原因は?

突然赤ちゃんが、みんなが驚くような行動をすると、障害があるのかな?自閉症なのかも?と、考えてしまう事もあるかもしれません。でも、赤ちゃんが奇声をあげる事は全然めずらしいことではないです。

赤ちゃんが5ヶ月、6ヶ月になる頃は、耳で音を聞き取る能力が発達してきます。そして自分の声がわかるよになり、声を出すことが楽しくなってくるのです。なので奇声をあげるようになるのでしょう。このことは、耳が聞こえている証拠なのです。また、1歳から2歳の頃は、もう周囲の様子がわかるようになるので、奇声をあげる時は伝えたいことを上手に表現できない時でしょう。

子供がだんだんと大きくなっていくと、奇声をあげる事も少なくなっていきますよ。小さいときから言い聞かせて、いつまでも奇声を発する事がないようにしましょう。また、言葉を話せる3歳、4歳になってもコミュニケーションがちゃんととれなくてたくさん奇声をあげる場合は、自閉症の疑いがあるかもしれないと言われています。

 - 雑学・知識