生活の知恵で人生をバージョンアップ

生活の知恵で人生をバージョンアップ│知恵のガイド

自閉症のコミュニケーションには絵カードが効果的!その作り方

2017.11.14

人とのコミュニケーションが苦手な自閉症にとって、絵カードは言葉と同じなのです。

目からの刺激に対する理解が得意な自閉症にとって、絵カードはとても便利なアイテムです。

そこで、効果的な絵カードの作り方についてご紹介致します。

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

高校を卒業するのは寂しい!みんなのエピソードを見てみよう

卒業式が近づくと寂しい気持ちになりますね・・・。 寂しい気持はどうやって乗り越えたらいいの?寂...

赤ちゃん用の布団はいつまで使えるか調べてみました!

赤ちゃんの布団やベビーベッドはいつまで使えるの? 個人差はありますが、平均は〇歳くらいでした。...

心理学を大学で学ぶと楽しい!こんな意見があります

心理学には、犯罪心理学・社会心理学・発達心理学・恋愛心理学など様々な分野があります。 身近でい...

学校で友達グループに入るヒントや方法を教えます!

入学時だけでなく、クラス替えなどで悩むのが友達関係。既にグループ化された輪の中に入るのはとても難しい...

赤ちゃんが母親を区別できるのはなぜ?その疑問、解決します!

生後間もない赤ちゃんが母親を区別できるのはどうしてなのでしょうか?不思議に思う人もいるかもしれません...

犬と子供が仲良く暮らすために守るべきルールを考える

犬と一緒に駆け回り、疲れて昼寝する子供。そんな微笑ましい姿、心が癒されますよね。 乳母のように子供...

東京での大学生活は楽しい?東京の大学生に何が楽しいか質問

憧れの東京での大学生活は楽しい事で溢れていそうですよね! 実際に東京で大学生活を送るとどんな楽...

子供はどんな顔も可愛い!子供を可愛いと思う瞬間をご紹介!

子供の顔はどうしてこんなにも可愛いのでしょうか? 子供の顔が可愛く見えるのには、こんな理由があ...

幼稚園の年少さんが帰宅後に昼寝をしたら夜寝なくて困った!

幼稚園から帰ってきたら、たくさん遊んで疲れたのかお昼寝する年少さん。 お昼寝をすると、今度は夜がな...

子供を叱るとき寝る前はNG!?叱るのにタイミングは大切

子供を叱るときは、やはり悪いことをしたタイミングで叱るのが一番ですよね。 しかし、寝る前に子供...

高校の同窓会を行く?行かない?悩んでいる人必見!

高校の同窓会の知らせが来たけど、なんだか乗り気ではない…と返事をどうしようか悩んでいる人必見! ...

子供を抱っこしていいのはいつまで?愛情を伝えるのは大切

子供ってすぐ抱っこして欲しがりますが、それはいつまで続くのかと不安なお母さんもいるのではないでしょう...

中学生の子供が勉強に取組むには、やる気より気づきが大切

中学生は勉強にやる気が起きない時期でもあります。 思春期で夢見がちな彼らに「勉強しなさい」なん...

小学校の授業の時間割の組み立てについてご紹介

小学校の授業の時間割は、いったいどのように決まっているのでしょうか? 時間割が毎日、毎週変わる...

高校生の子供が勉強しないことで悩んでも仕方ありません!

高校生の子どもが勉強をしないことに頭を悩ませているお母さんはたくさんいますよね? でも、もう高...

スポンサーリンク

自閉症児の絵カードの作り方って大変?

言語がまだない、コミュニケーションが苦手な自閉症児にとって、絵カードを活用することは、とても有効的な手段です。

彼らは、絵カードによって先の見通しを持つことができたり、次の行動もスムーズに行うことができるのです。

特に、まだ幼少の時だと、理解の認識が浅く、身の回りの支度にも時間がかかりますよね。

そんな時にも、自分の身支度を示す絵カードを使うことで、その順番通り動くことが出来たりします。

これにより、お母さんも本人も登園前の朝のストレスが少し軽減されるのではないでしょうか?

さらに、絵カードに慣れてくると、その後の指示やスケジュールにもどんどん活用することができますよ!

自分で作るのが苦手という方でも、インターネットなどでも販売されてますので、ぜひ試してみてはいかがでしょうか?

自閉症支援のための絵カードの作り方とは

自閉症の支援のために絵カードはとても有効的ですよね。

では、この絵カードはどのように作ったら良いのでしょうか?

自閉症の支援のために使われる絵カードは、インターネットなどによっても販売されています。

ただ、自分で作成すれば、コストも安く済みますし、その個人に合わせたカードを作ったりとバリエーションも豊富になります。

絵カードに必要なイラストをインターネットのフリー素材より使用すると簡単にできますよ。

自閉症の絵カードのためのサイトもありますのでオススメです。

これを印刷して、使いやすいサイズでラミネート加工してあげれば、例えカードを折ってしまっても安心ですし、破られることもありませんよね。

ちなみに、絵カードを使ったコミュニケーションを指導している講習会などもありますので、ぜひ活用してみてはいかがでしょうか。

自閉症の特性を理解した絵カードの作り方

自閉症の人たちの支援には、「視覚支援」というものがあります。

これは、自閉症の多くの人たちは、目で見えるものに対して瞬時に記憶することができるという特性を利用したものです。

これは、「写真記憶」という特性になります。

ですから、彼らに伝えたい情報はできるだけ「見える」すなわち「視覚化」するのです。
例えば、場所や時間、物、〇×(良い・悪い)など、これらをできるだけわかりやすく映像化して伝えます。

そして、これは自閉症の人たち、それぞれの理解に合わせて行わなければなりません。

絵カードはもちろん、写真や文字、具体的な物を使うことも有効です。

自閉症の人たちは、真面目なので目に入ってしまうと、それをやらなければならないと判断します。

だから、目からの刺激というものには、気を付けなくてならないのです。

自閉症児に絵カードをはじめる前のアプローチとは

自閉症のお子さんは、人の話を聞いて行動することが苦手です。

耳から聞いた情報よりも実際の言動が結びつかないことがよくあります。

そのため、保育園や幼稚園など集団生活ではなかなか難しいことが多いでしょう。

そのような傾向が強いお子さんの場合、視覚が優位になりやすいのです。

まずは、絵カードや現物を見せてあげることで、次の行動に移らせるということが大切です。

自閉症のお子さんは、言葉の理解が乏しい子も多いため、言葉ともの、行動うまく結びつかないのです。

そのためパニックを起こしてしまうことにもなります。

それにより、ストレスを抱えてしまうことにもなるので、気を付けましょう。

自閉症のお子さんに絵カードをはじめる前のアプローチとしては、まずは現物を見せていく方法からはじめるのがオススメです。

好きなお菓子やおもちゃなど、自閉症の子がそれを理解した上で行動に移ると良いでしょう。

自閉症の支援にはどんな絵カードが必要か?

まずは、表情が一目でみてわかりやすい絵カードを作成するのはオススメです。

笑う、泣く、怒る、困るなど、表情の絵カードは相手の気持ちを理解するためや、自分の気持ちを伝えるためにも有効的です。

彼らは、自分の気持ちをうまく伝えることができないことでパニックを起こすこともあるのです。

そして、相手の気持ちを汲み取ることも苦手なのです。

それから、動作の絵カードも必要です。

食べる、眠い、手伝って、など動作の絵カードを使うことで、自分の要求や困っていることを伝えることができます。

また、絵カードによって禁止事項を伝えることも大切です。

「走らない」「物は投げない」のような禁止事項は伝えるのが難しいのです。

「歩きましょう」「ゆっくりおきましょう」といった反対言葉で伝えるのも良いでしょう。

例えば、走る絵カードや、投げる絵カードに〇×(良い・悪い)のシールを上からすることでも、ダメということを伝えることもできます。

ダメなことがなかなか伝わらないときは、ぜひ試してみてくださいね。

 - 学習・教育