生活の知恵で人生をバージョンアップ

生活の知恵で人生をバージョンアップ│知恵のガイド

子供を叱るとき寝る前はNG!?叱るのにタイミングは大切

2017.9.10

子供を叱るときは、やはり悪いことをしたタイミングで叱るのが一番ですよね。

しかし、寝る前に子供を叱るのはやめた方が良いそうです。

そこで、子供を寝る前に叱るのは良くない理由や叱るタイミングについてご紹介致します。

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

子供が夕飯を食べない時はこんな原因が考えられます

子供が夕飯を食べないと悩んでいるママ少なくないのではないでしょうか。 どうして夕飯を食べたくな...

子供が頭を洗うのを嫌がる時には、こんな洗い方を工夫しよう!

子供が頭を洗う時に大泣きして困っているママも多いのではないでしょうか? みなさんの家ではどんな...

子供のわがままは自我の芽生え!4歳児のわがままと向き合う方法

子供も4歳になると自我も芽生え、体格も良くなり、わがままがパワーアップします…。 魔の2歳児を...

高2は勉強にやる気がでない?その原因と対策を紹介します!

高2で勉強のやる気がでない人はいませんか?どうして勉強のやる気がでないのでしょうか? 原因の1...

高校の同窓会を行く?行かない?悩んでいる人必見!

高校の同窓会の知らせが来たけど、なんだか乗り気ではない…と返事をどうしようか悩んでいる人必見! ...

うちの子供は勉強ができない!お母さんのお悩みにお答えします!

「うちの子供はどうして勉強が出来ないのかしら・・・」そんな悩みを抱えている親御さんもたくさんいますよ...

自閉症のコミュニケーションには絵カードが効果的!その作り方

人とのコミュニケーションが苦手な自閉症にとって、絵カードは言葉と同じなのです。 目からの刺激に...

子供がトラブルを近所で起こしたときの対応について

子供が近所でトラブルを…。一番多いのは騒音ではないでしょうか? 近所でトラブルを起こしたときに...

別居をすることになって子供が転校しなければならない時の対処法

両親の離婚を前提として別居をすることになった時、子供に直接関係してくる問題は「転校」の事です。 ...

中学生の勉強に親は介入すべき?親としての関わり方を教えます

小学校とは違い、より専門的になる中学校の勉強。そこでつまづいてしまう中学生が多いといいます。 ...

高校の校則『ゆるい』と『厳しい』偏差値との関係性

高校の校則、あなたの高校は『ゆるい』と思いますか? 『厳しい』と感じますか? 調べてみる...

高校生の子供が勉強しないことで悩んでも仕方ありません!

高校生の子どもが勉強をしないことに頭を悩ませているお母さんはたくさんいますよね? でも、もう高...

兄弟姉妹を差別する親、どうして平等じゃないの?実態を調査!

物心ついた時から、兄弟姉妹間で親から差別を受けていると感じている人も実は多いのではないでしょうか。 ...

子供を二人目持つかどうか、経済的な不安で迷っている人へ

子供を一人授かった後に悩むのが、二人目問題です。調べてみると、経済的な理由で二人目を諦めてしまう家庭...

高校や大学の部活マネージャーの役割とは?実態を調査しました

高校や大学の部活のマネージャーというのは、一体どんな仕事をしているのでしょうか? また、部...

スポンサーリンク

寝る前に子供を叱るのはダメな理由とは

子供が悪いことをした時に、叱ることは大切です。叱ることで、「悪いことをした」「これをしてはいけない」と学習するからです。

しかし、子供を叱ってはいけないタイミングもあるそうです。例えば、子供を寝る前に叱るのは良くないそうです。

それは、子供を寝る前に叱ると、子供が健やかに眠れないということが理由です。しかし、なかなかそうもいかない時もありますよね・・・やはりそのことをやった時点で叱らないのでは意味がないという意見もあります。

他にも、食事のときに叱るのも、消化に良くないので叱ってはいけないそうです。
しかし、その場合も食事のときにお行儀が悪いのであれば、それを正さなくてはならないですよね。

また、出かけるときに叱るのも、叱るタイミングとしては良くないそうです。

寝る前は叱らない!日本とアメリカで違う子供を叱るタイミング

子供をしつけのために叱ることは大切です。しかし、怒りに任せて感情的に叱るのは良くありません。
叱られた子供が素直に聞いてくれるといいのですが、そうすんなりといかないのが子供ですよね。

ですから、親だって子供に対していら立つこともあるでしょう。でも、子供を叱るときはできるだけ感情をコントロールするように気を付けましょう。

また、日本とアメリカでは子供を叱るタイミングに違いがあるそうです。
例えば、日本では子供が悪いことをしたらすぐにその場で叱ることが多いですよね。

それがアメリカの場合は、子供が悪いことをしたとき、一度その場から遠ざけて自分で考えさせる時間を与えるそうです。

そうして、子供が冷静になったところで、親も同じく冷静にそのことについて何が悪いのかを叱ることができるそうです。

どうしても感情的に子供を叱ってしまうという人は、子の方法を使ってみるのも良いかもしれませんね。

子供が寝ないときも、寝る前に叱るのは良くない!?

夜寝る時間になると、遊び出してなかなか寝ない子っていますよね。
そのような子には、「はやく寝なさい!」とばかり叱るのは逆効果です。

夜なかなか寝ない子は、昼間にたくさん体を動かして遊ぶことが大切です。

そして、「夜は〇時に寝る!」「お布団の上では遊ばない!」と約束をすることが大事です。
この約束を守れば、こんなにいいことがあるよという風に、寝ることで良いイメージを持たせることも良いでしょう。

もちろん、うるさく遊びだしてから対処するのでは結局叱ることになってしまうので、約束をしたらすぐに、布団へと誘導しましょう。

静かに布団で横になることができたら、すかさず静かに寝ていることについて褒めてあげましょう。

そうすることで、それが正しいということを教えるのです。

例え、遊びだしたとしても、「静かに寝る約束だよね~」と叱るのではなく優しく声かけしましょう。

後は寝たふりをしていると、自然と寝てくれようになるでしょう。

すぐにはうまくはいかないかもしれませんが、根気よく毎日繰り返していると、だんだん静かに寝るようになるはずですよ。

約束を守ることができたら、翌朝には必ずたくさん褒めてあげましょう。

子供のおねしょを叱るのは逆効果!?夜中に起こすのもやめよう!

子供のおねしょが心配で、子供を夜中に起こしてトイレに促すようなことはやめましょう。

子供は寝ている間におしっこの量を調節する「抗利尿ホルモン」が分泌されるので、寝ている子供を夜中に無理に起こすのは良くありません。

子供のおねしょが心配であれば、寝る前の水分補給を控えることが大切です。
寝る2時間前には水分をあまり取らないようにしましょう。

おねしょをしたことで子供を責めたり、叱ったりするのはよくありません。

おねしょをしてしまうのは、身体の機能の発達や成長によるものなので、叱ったことで本人の不安になる逆効果になることも考えられます。

成長にはそれぞれ個人差がありますので、その子の成長のタイミングを見守りましょう。
また、子供の身体を冷やさないことも大切です。

身体が冷えることでおしっこを溜める機能がうまく働かなくなるからです。
ですから、あたたかくして寝かせるようにしましょう。

子供の叱るタイミングは寝る前よりも朝起きてからが良い!?

ある大学の研究では、子供を叱るのは寝る前よりも朝起きてから叱る方が良いという研究報告があります。

これは、夜寝る前に叱ることで、体内時計に乱れが生じ、良い眠りに付けなくなるということからです。

しかし、子供のしつけとして考えると、朝起きてから昨日したことについて叱られても、そのことについて忘れてしまっていたり、悪いことをしたときに叱られないことで、それをしても叱られないのかという風に学習してしまう可能性もあります。

そして、寝る前にすれば叱られないと覚えてしまうかもしれません。

いずれにしても、子供の叱るタイミングとは難しいですよね。

 - 学習・教育