生活の知恵で人生をバージョンアップ

生活の知恵で人生をバージョンアップ│知恵のガイド

子供の昼寝を簡単に!寝かしつけのコツや気を付けたいポイント

2017.8.20

子供のお昼寝タイムは、お母さんにとってやっと一息つける時間。

でも、なかなかお昼寝しないときも・・・。どうしたら簡単に寝てくれるのでしょうか?

そこで、寝かしつけのコツやポイントについてご紹介致します。

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

猫の行動範囲はどれくらい?家を出たまま帰らない猫の探し方

猫は発情期など、本能的な行動で家を出たくなってしまうことがあるのです。 ちょっとした冒険を楽し...

日本の男尊女卑意識は歴史的に根深い。反面、家庭ではその逆も

日本は歴史的にも男性優位の「男尊女卑」社会。しかし、近年は女性の社会進出が進み、女性の影響力も増して...

小学校の先生は大変?先生の本音、実はこうだった!

小学校の先生になることを夢見てたくさん勉強し、無事に先生になれたと、実際の教育現場を経験して先生たち...

ヤギが紙を食べるのは体に悪い?食べさせてはいけない理由

ヤギが紙を食べる姿は、童話やマンガでも定番ですが、実際にはどうなんでしょうか。 ヤギとふれあえ...

ハリネズミノ可愛い赤ちゃん!「はり」がチャームポイント

ハリネズミは背中のするどい「はり」がチャームポイントの可愛い動物です。 体は小さいのにインパクトの...

子猫がミルクを吐くときの原因は!?怖い病気が潜んでいる場合も

子猫がミルクを吐くのは、飲ませ方や量が関係している場合もあります。 しかし頻繁な嘔吐や下痢は病...

クワガタを捕まえた!エサを与える回数や量、頻度はこうしよう!

夏になるとよく子供がクワガタを捕まえてきませんか? 私も最初は嫌だったけれど今ではすっかり慣れ...

楽で高給な仕事は意外にもこんなにありました!

楽して高い給料をもらいたい!と誰もが思っているのではないでしょうか。 そんな仕事って本当にある...

子供と寝室は別がいい?それとも一緒?気になる1人寝について

子供が一人で寝るのを決めるのは親?それとも子供? 子供と寝室を別々にする時期はいつがいいのでし...

アゲハの幼虫がいなくなった!それにはちゃんと理由がある

つい先日、祖母のニンジン畑でアゲハの幼虫を発見しました。 とても活発で、蝶に羽化する瞬間を見て...

猫が猫用ベッドで寝ない原因や対策と飼い主と一緒に寝る理由

猫のために買った新しい猫用ベッド、気に入ってくれるかと思ったのに寝ないのはどうして? 色々買っ...

子供が奇声をあげる!原因を理解して対策しましょう!

子供をつれてのお出かけ。静かにしなくてはいけない場所で奇声をあげたりする事が・・・ なにか対策...

退職する方へお礼がしたい!プレゼントする時におすすめなもの

職場でお世話になった方が、退職することに。今までのお礼の気持ちとして何かプレゼントを渡したいのですが...

人差し指と薬指、どっちが長い?女性の指で性格がわかる!

自分の手をじっくりみたことがありますか? 実は今、人差し指と薬指のどちらかが長いことで、性格ま...

子供の昼寝の起こし方。起こす?寝かせておく?子供の昼寝事情

子供が昼寝をすると、夜寝る時間に影響が出ることありますよね? 起こした方がいいのが、寝かせてお...

スポンサーリンク

子供のお昼寝は生活リズムと環境で寝かしつけがスムーズに!

子供のお昼寝の時間は、毎日の規則正しい生活によって決まってきます。それによって、寝かしつけもスムーズになるでしょう。

起きる時間や離乳食の時間、お風呂の時間や寝る時間など、生活のリズムを時間で決めることで、次に何をするべきか予測して行動することができます。そうすることで、赤ちゃんもお母さんもお互いに過ごしやすくなるでしょう。また、朝太陽の光を浴びることや、午前中に運動させてあげることも大切です。

朝起きたらお散歩をして、お昼の離乳食を食べてからお昼寝をする。これを毎日繰り返してあげることで、自然と生活リズムが整って、赤ちゃんもその時間になると、すぐにお昼寝するようになるでしょう。

お昼寝をするときは、夜寝かせる部屋と同じにするのも良いでしょう。寝るときはこの場所で寝ると赤ちゃんも覚えることで、より寝かしつけもスムーズになるでしょう。

プロに聞く!子供の昼寝の寝かしつけのコツとは

保育園では、決まった時間にみんないっせいにお昼寝をします。でも、必ずみんながすぐに寝てくれる訳ではありません。そんなとき、寝かしつけのプロの保育士さんはどうしているのか聞いてみました。

保育士さんは子供を寝かしつけるときに、子供に密着して、子供の呼吸のリズムに合わせて耳元で「スース―」と寝息のように囁くそうです。はじめは少し大きめの声で「スース―」と言い、だんだんその声を小さくしていくのがコツだそうです。

そうすることで、なかなか寝付けないという子供をうまく眠りに誘うことができるのです。このとき、お昼寝や就寝の時間がいつも寝ている時間であるのが大切です。

また、オムツが汚れていたり、喉が渇いている、部屋が明るくないかなど、眠りの妨げになることがないようにしましょう。子供の寝かしつけに困っている人は、ぜひ試してみてはいかがでしょうか。

子供の昼寝の寝かしつけには、時間と遊びに気をつけよう!

子供のお昼寝は、午前中に外で散歩などしてから、お昼ご飯の後が良いでしょう。ただ、お昼寝を長い時間寝かせてしまうと、夜は寝なくなってしまいます。なので、お昼寝はだいたい1時間半くらいが良いでしょう。

お昼寝から起こしてあげる時も、急に起こされると子供はぐずります。好きなビデオなどをかけてあげることで、自然と目を覚ますように誘ってあげると良いでしょう。子供の寝かしつけには、外にお散歩したり、公園で遊ぶなど適度に体を動かすことが大切です。

雨で外に遊びに行けないときは、マットレスなどを敷いてお家で運動させてあげるのも良いでしょう。ただし、遊ぶ時間にも注意が必要です。遊ぶのは、午前中から昼過ぎくらいにしておきましょう。昼寝の後も遊んではじゃいでいると、興奮して夜は眠れなくなってしまうかもしれませんよ。

子供に体力がつくと昼寝はしなくなる

子供は、2歳くらいから遊ぶことでどんどん体力が付いています。体力がついてくると、昼寝がだんだん浅くなってきます。

だからと言って、お昼過ぎても外でクタクタに疲れるまで遊ぶと、そのあと帰ってからバタリと寝てしまうでしょう。これは昼寝ではなく、夕寝になります。夕寝をすると、夜眠れなくなったり、夜ご飯を食べなかったことで、夜起きてきたりもするでしょう。

3歳くらいになると、昼寝をしなくなり、夜にまとまって寝るようになるでしょう。これは、たくさん寝る体力がついたということです。

保育園では、みんな決まった時間にお昼寝をします。午前中にたっぷり遊んで、お昼ご飯を食べてお腹いっぱいになったところでお昼寝をします。いつも家では昼寝をしない子も、昼寝の時間だとわかっているのでみんなととりあえず寝ようとします。保育園ってすごいですよね!

子供の昼寝の寝かしつけに!手や耳などのマッサージ

子供の昼寝の寝かしつけに、手や耳などのマッサージしてあげると良いそうです。体温を調整してあげることで子供の寝つきは良くなります。

手のひらや足の裏などを温めるようにマッサージしてあげると、寝つきやすくなります。タオルなどで包みこんであげるのも良いでしょう。耳や耳たぶはくすぐったがる子もいるでしょうが、マッサージには有効的です。綿棒で軽くくすぐるのも良いそうです。

また、大人でも肩こりで寝つきが悪くなることがありますよね。赤ちゃんもハイハイなどによって、凝り固まった首や肩などをほぐしてあげましょう。血行がよくなって寝つきも良くなるそうです。

他にも、額や頭、背中などをマッサージのようにさすってあげるのも、寝かしつけに良いでしょう。寝かしつけにマッサージをすることで、子供のお昼寝しやすいポイントを見つけておくと良いかもしれませんね。

 - 雑学・知識