生活の知恵で人生をバージョンアップ

生活の知恵で人生をバージョンアップ│知恵のガイド

子供が歩く時期の平均は?平均より遅くても気にしないで!

2017.9.10

子供の成長はとても早いもので、その成長のスピードに驚いてしまうこともあります。

子供の年齢が1歳くらいになると、そろそろ歩き始めるのでは?とわくわくしながら見守っているママもいることでしょう。でもなかなか歩く様子がないと、反対に心配になってしまうものです。

子供が歩き始める平均の時期はいつ頃なのでしょうか?子供が歩き始めるのには個人差があるので、なかなか歩かなくても見守ることが大切です。

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

独り言が多い人って病気?電車で独り言を言う人の心理とは

独り言を言っている人を見かけたことはありませんか?電車や公共の場所で独り言を言っている人を見かけるこ...

腱鞘炎の注射でしびれは治まる?腱鞘炎の治療と予防について

なんだか腕や指や肘が痛い・・・なんてことはありませんか? もしかしたらその症状腱鞘炎かも!?治...

初産は予定日を超過しやすい!リラックスして赤ちゃんを待とう!

初産の場合、赤ちゃんが産まれてくる予定日よりも遅れて産まれてくることがあります。 初めて出産を...

大学は休学した方がいいの?うつ病になって学校に行けない

気分が沈んでしまう、やる気がまったく起きないこの症状は「うつ病?」 うつ病が理由で大学を休学す...

赤ちゃんがタオルを噛む行動の原因と対処方法

小さい赤ちゃんがタオル噛むことは、よくある行動です。 子育てが一段落したママはそんな仕草を見る...

目の周りのヘルペスは眼科の病院へ!悪化すると怖い角膜ヘルペス

ヘルペスは口の周りだけでなく、目の周辺にできることもあります。この場合は眼科の病院も受診してください...

夜に心臓がドキドキ!動悸の原因や対策について

夜にいきなり心臓がドキドキして眠れない…動悸が起こると焦りますし不安になりますよね。 なんで突...

耳の付け根が切れる”耳切れ”の原因をご紹介!

耳の付け根が切れてとっても痛い…。 何だか膿も出てきてどう対処していいのやら…と苦痛に耐えてい...

うつ病の夫にイライラ。病気だとわかってはいるけれど…

うつ病を、発症してしまった夫に対して、イライラしてしまう。 「病気だから仕方がない」と、わかってい...

朝食にパンを食べるがんになる?その噂の真相を調査!

パンは朝食の定番ですよね?我が家ももう何年も朝食は毎日、パンです。 ですが、朝食にパンを食べる...

酒とタバコとコーヒーが体に与える影響を調べました

酒、タバコ、コーヒーなどの嗜好品。 タバコは辞めたいと思ってもなかなか辞められないという方も多...

妊婦さんの胃痛は病院に行くべき?正しい対処法はコレ!

赤ちゃんを妊娠した妊婦さんの体は、それまでと違って色々な体の変化が見られるようになります。 つ...

アデノイド切除手術にはデメリットがある?手術で生じる問題とは

喉の奥のリンパ組織で出来ている「アデノイド」は、幼児期にその大きさがピークになり、大人になるにつれて...

食事中の水分は太る原因?水分の取り方が重要なんです!

水分をとりすぎると、太る原因になってしまう?むくみや水太りの原因に? 食事のとり方や水分の取り...

水分で体重が増加!?水分とダイエットの関係を探ってみた!

水分をとりすぎると体重が増加するって本当? 水だけで太る事はありませんが、体重の増加と水分とは...

スポンサーリンク

子供が歩く平均の年齢って何歳?

赤ちゃんが歩き始める時期の平均は大体1歳前後であることが多いです。

ですが、体格や重さ、成長のスピードでかなり違いが出てきます。

8ヶ月や9ヶ月頃に歩き始める赤ちゃんもいれば、1歳半頃に歩き始める赤ちゃんもいます。
個人差がありますので、1歳を過ぎても歩かないからと言って、心配する必要はありません。

体重が軽いと歩くのが早い、兄弟がいると歩くのが早いなど、色々な説がありますが、体のバランスや筋肉、骨の発達がしっかりできてくると、赤ちゃんが自分で歩けるようになります。

周りのお友達と比べて歩くのが遅いと不安になってしまうこともありますよね。

でも、ママは焦らないで、赤ちゃんの成長を見守っててあげましょう。

平均の年齢が1歳というのは、あくまでも目安にすぎません。

歩く年齢が平均より早い子供には弊害があるの?

歩き始めるのが早い赤ちゃんに弊害が起きることはあるのでしょうか?

赤ちゃんが歩き始める前はハイハイをしますよね。
歩きはじめた時期が早いということは、ハイハイをしていた
期間が短いということになります。

ハイハイをしている時は赤ちゃんの腕や足の筋肉が鍛えられています。歩きだすのが早いと、この時期が短いために腕や足の筋肉が発達しないまま立つことになるので、O脚などになる心配があるようです。

赤ちゃんがハイハイし始めたら、児童館のような広い場所に連れて行って、思いっきりハイハイさせてあげましょう。

赤ちゃんが11ヶ月くらいになれば、ある程度の筋肉が発達していますので、こういった心配はあまりしなくても大丈夫です。

平均よりも歩くのが遅い子供の特徴は?

頭が大きくてぽっちゃりした赤ちゃんは、少し歩く時期が遅いことがあるようです。

ある保育士さんの話を聞くと、こういった体の特徴がある赤ちゃんは歩くのが遅い傾向にあるようで、重い頭や体を支えて歩くのは少し大変そうなのだとか。

体が細い赤ちゃんたちは頭が小さい子が多いらしいですが、細いからと言って早く歩きはじめるということでもないのだとか。

もしかしたら赤ちゃんの性格がとっても慎重なのかもしれません。

性格によっては、何をするときも慎重になり、伝い歩きの最中に転んでしまった経験をして嫌な思い出を忘れられないという可能性もあります。

立つことはできても、自分の足で一歩踏み出すというのは、なかなか勇気がいることなのかもしれません。

パパやママが赤ちゃんを見守っている時に不安そうにしていたら、赤ちゃんにそのことが伝わって赤ちゃんも緊張してしまいます。

赤ちゃんが頑張っている時は笑顔でしっかり褒めてあげてくださいね!

赤ちゃんが歩けるようになったのはどんな時?

赤ちゃんが歩けるようになってきたサインはどのようなものなのでしょうか?

成長の瞬間を見逃さない為にも、抑えておきたいポイントをお伝えします。

赤ちゃんが歩きはじめた時の一例をあげると

・ソファにつかまって立っているうちに歩いた
・つかまり立ちをしている時に名前を呼んだら歩いた
・つかまり立ちから自然に歩き出した

などといったことがあります。

いずれの場合も、つかまり立ちや伝い歩きのあとに歩き始めたようです。

赤ちゃんがつかまり立ちをするようになるということは、歩くときに必要な筋力や能力が身についてきたということになります。

逆に考えると、つかまり立ちが出来る環境になっていなければ、なかなか歩くことができないということになります。

赤ちゃんがハイハイしている時に危ないからと言ってものを避けてしまうと、つかまり立ちをする環境を奪っていることになりますので、適度につかまることが出来るものはおいておくようにしましょう。

赤ちゃんが歩かない・・・1歳半検診で相談を!

1歳を過ぎてもうすぐ1歳半・・・でもうちの子はなかなか歩かない・・・。

こんな風に不安になっているママもいますよね。
1歳半頃になっても赤ちゃんがなかなか歩かない時は、自治体で行われている1歳半検診を利用して相談してみると良いでしょう。

1歳半検診は、赤ちゃんの体や言葉の発達を見るために大切な検診になります。
この時期までに赤ちゃんが歩かない時は、保健婦さんや小児科のお医者さんに赤ちゃんのことを相談してみると良いです。

ママは赤ちゃんの成長のことを考えてとても不安になってしまうと思います。
でも、その悩みを一人で抱えこんでいても、何も解決はしないものです。

発達障害などがある場合は、専門のお医者さんに診てもらえば原因はわかります。

赤ちゃんの体の状態が気になるときは、専門知識のある方に相談してみましょう。

大切な赤ちゃんの成長です。ママたちは焦らずに温かい目で見守ってあげられると良いですが、不安な時は誰かの力を借りて、時には甘え、愛情を持って赤ちゃんを育てていきましょう。

 - 医療・健康