生活の知恵で人生をバージョンアップ

生活の知恵で人生をバージョンアップ│知恵のガイド

タルト生地のサクサク感がたまらない!手作りタルトに挑戦

2017.8.24

私は数あるケーキの中から選ぶのは必ずタルトです。
季節のフルーツにクリーム、タルト生地のサクサク感が大好きです。

あんまり好きなので、自分でたくさん作ってみてはどうかと考えました。
家でも、お店のようなサクサクなタルト生地を作ることができるのかを調べてみました
上手に作るコツを紹介します。

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

料理ができない男性はモテない!?料理男子が求められる理由

あなたは料理ができない男性とできる男性、どっちが好きですか? 共働き世帯も増えている昨今。今は...

幼稚園の子供に喜んでもらいたいお弁当がひどい理由とは?!

子供が幼稚園に入園すると毎日何を作ろうか悩みますますよね。良かれと思って作った地味なお弁当が周りから...

バターの代用でサラダ油を使うことはできる?使う時の注意点

お菓子作りに使うことの多いバターですが、サラダ油で代用することは可能なのでしょうか。 味や風味...

離乳食で野菜が柔らかくならない_02時にはこんな方法が便利

離乳食で使う野菜は、離乳食時期に合わせた固さに調理します。 野菜の中でも、ニンジンを柔らかくす...

バナナを冷蔵庫に入れると黒くなるワケと、黒くならない方法

バナナを冷やして食べようと冷蔵庫にいれておいたら、真っ黒になっていた…これって食べられるの? ...

セロリの葉っぱは栄養満点!たくさん食べられるレシピを紹介

私はセロリが大好きです。子供の時は苦く感じてしまい苦手だったけれど、今では独特の強い香りも大好物! ...

新婚なのに料理が苦痛・・・あなただけじゃない!こんな方法も!

料理はあまりしたことがない。なにを作っていいのかわからない。 新婚なのに?だから?料理が苦痛に...

食事中に料理の写真を撮るのはマナー違反?気になる疑問解決!

最近飲食店でよく見る光景があります。提供された料理を写真に撮ることです。 いろんな角度で料理を...

餃子に入れるのはキャベツ?白菜?作り方のコツ教えます!

餃子を作る時に入れる葉物野菜はキャベツ?それとも白菜? キャベツを使う時よりも白菜を使う時の方...

ごぼうをささがきにしたら赤い!その理由や保存方法を紹介!

ごぼうをささがきや千切りにしようとしたら、表面や中が赤くなっていたことはありませんか? ごぼう...

レタスとキャベツ、女性に嬉しい栄養素が豊富な野菜なんです!

日頃よく食べる機会の多い、レタスとキャベツ。 冷蔵庫に入っていることも多い野菜ですよね。 ...

離乳食にだしのきいたおかゆや相性の良い食材をご紹介!

離乳食で、白いおかゆをなかなか食べてくれないという赤ちゃんも多くいます。 離乳食がなかなか進ま...

世界中で大人気!日本の食文化が海外で広まっている!

日本の食文化は海外から見ると驚くことがたくさんあり、味以外の部分でも興味を持たれることがあります。 ...

ファミレスのバイトは楽しいことばかり!その理由を教えます!

飲食店のバイトの中でも人気の「ファミレス」。実際に長期間働く人も多いと言います。 ファミレスのバイ...

野菜の上手な冷凍方法!冷凍温野菜を作って時短料理

料理の時短や節約のため、温野菜を冷凍庫にストックしておくと便利です。 市販の冷凍温野菜ミックス...

スポンサーリンク

タルトの生地をサクサクにする3つのポイント

まずタルトの生地をサクサクにしたいなら3つのポイントを頭に入れえておきましょう。

卵は常温

タルト生地に使用する卵は、早めに冷蔵庫から取り出して卵黄と卵白に分けて常温にしておきましょう。
常温にしておくことで、他の材料との混ざりが良くなるのです。

生地は手早く仕上げる

タルトの生地を作る時には手早く完成させることが大切です。

生地を伸ばす時に、短時間で仕上げないと生地がだれてしまい、タルト型へのせるときに型崩れしたりちぎれたりしてしまいます。

生地がだれてべたつかないようにするポイントは、生地を冷蔵庫で冷やす時点である程度、生地を薄くしておくというところがポイントです。

伸ばす厚みは均等ではなくてもOK。
先にのばしておけば、型にのせるときもさっと仕上げることができます。

生地は麺棒を使って伸ばしていきましょう。

冷めてから型から外す

焼きあがった生地は自然と冷めるのを待って型から外しましょう。
型のまま冷蔵庫で冷やしてしまうと、バターなどが固まり型からきれいに外すことができなくなります。
また熱いうちに外そうとすると、まだ生地が柔らかく生地をダメにしてしまいます。

この3つのポイントを押さえて、手作りのサクサクタルトに挑戦してみて下さい。

タルトの生地がサクサクになるおすすめレシピ

サクサクな生地に仕上がるお勧めのタルト生地のレシピをご紹介していきます。
タルトの型は6号です。

【材料】
小麦粉・・・140グラム
バター・・・90グラム(常温にしておく)
卵黄・・・1個
お砂糖・・・40グラム

【つくり方】
ボウルにバターと砂糖を入れ白っぽいクリーム状になるまでよく混ぜます。

そこへ少しずつ卵黄を加え、混ぜていきます。
卵黄は混ざりにくいので一度にたくさん入れず少し入れてなじんだら次、と言う風にしてください。

卵黄がなじんだら小麦粉を入れて混ぜます。
生地がまとまったらある程度生地を麺棒で伸ばし、冷蔵庫で2時間くらい冷やし寝かせます。

この生地を冷やす工程は、生地をサクサクに仕上げるのに重要な部分です。
しっかり時間を待ちましょう。

時間が来たら、オーブンを180度に余熱します。
その間に手早く生地を薄く伸ばしタルト型へ移します。

タルトの型へ無事に移したら、重しをのせて30分焼きます。

生地が焦げつきそうなときには温度を160度へ変えても良いです。

焼きあがって粗熱が取れたら型から外し、お好みのクリームやフルーツを盛り付けて出来上がりです。

タルトのサクサク生地は意外と簡単に作れる!

タルトはサクサクの生地が美味しいスイーツです。
それに種類もとても豊富ですよね?
イチゴやもも、リンゴやブドウ、洋ナシなど果物との相性もバッチリ!
果物以外には、チーズタルト・チョコレートタルト・抹茶タルト・マロンタルト・プリンタルトなどなど・・・
タルト生地の上にのせるものを変えるだけでレシピは無限大です。
それにタルトはなんといっても見た目も豪華なのでおもてなしやプレゼントにも最適です。
タルトの生地さえマスターしてしまえば、自分でいろいろなタルトが作れちゃいます。
タルトは、以外と簡単に作れるものなのです。
タルトの型を選ぶ時にはテフロン加工のものや、底が抜けるタイプのものを選べば、失敗なくきれいに型から外すことができるのでお勧めです。

生地はクッキーと同じ要領なので、意外と簡単に作ることができるスイーツなんです。

タルトのサクサクな生地には種類がある!

タルトの生地には種類があるって知っていましたか?
材料はほぼ一緒ですが配合の違いで食感が変わってくるのです。

タルト生地には「パートシュクレ」と「パートブリゼ」などの種類があるのです。
お好みの生地や、作るタルトによって生地のレシピを調べてみてはどうでしょうか。

【パートシュクレ】

シュクレという言葉はフランス語でお砂糖です。
つまり、お砂糖の分量が多く生地に水分を含みません。甘みが多くカリッとした仕上がりです。カスタードクリームやチーズ、チョコレートなどの相性が抜群です

【パートブリゼ】
ブリゼという言葉はフランス語で「もろい」の意味があります。

パートシュクレよりも甘みが抑えられたあっさりとした生地で、キッシュなどにもおすすめの生地です。

この2つの生地をわかりやすく言うと、パートシュクレはクッキーのような甘くサクサクした生地、パートブリゼはザクザクした粗めの生地のイメージです。

お好みの生地でタルトを作ってみて下さい。

手作りのタルト生地を失敗しないで作るコツ

タルトの型へうまく移せない

タルトの生地を伸ばして型へ移そうとすると、ちぎれてボロボロになってしまう・・・
そんな時には、生地を伸ばすのに時間がかかりすぎているのかも。

どうしても柔らかくなってしまう時には、一度冷蔵庫で冷やしてから再度挑戦してみて下さい。
生地は柔らかくなる前に素早く伸ばして型へ移すのがコツです。

型から上手に外せない

せっかく焼き上げるところまで成功したのにそのあとの工程で失敗したことはありませんか?

型から外すのは自然と冷めて粗熱が取れてからですよ。
温かいうちは生地も柔らかく型崩れします。
また、タルトの型もテフロン加工や底が外れるものなどを選ぶのがコツです。

タルト生地が縮んでしまう

生地は焼くと縮んでしまいます。
縮む分を考えて型からカットする必要があるのです。これは経験と慣れも大切です。
繰り返し作り感覚を覚えるようにしましょう。

 - グルメ・料理