生活の知恵で人生をバージョンアップ

生活の知恵で人生をバージョンアップ│知恵のガイド

陣痛で苦しむ妻へ、旦那が出来る対応とは・・・

2017.9.21

陣痛中、奥さんは想像を絶する痛みに襲われています。そんな時、旦那はどのような対応をすれば良いのでしょうか?

奥さんの気持ちを最優先に、的確なサポートをしてあげてください。

陣痛中の妻に対して旦那が出来る対応をご紹介します。

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

境界性人格障害の特徴とは?女性に見られる特徴について

境界性人格障害と言う言葉を知っていますか?あまり聞きなれない言葉かもしれませんが、あなたの身近な女性...

子供と一緒に飛行機旅行で耳がキーン!耳抜きの方法とは

子供と飛行機に乗って楽しい旅行へ出かよう! でも、飛行機に乗っていて耳がキーンってなったことは...

食事中の水分は太る原因?水分の取り方が重要なんです!

水分をとりすぎると、太る原因になってしまう?むくみや水太りの原因に? 食事のとり方や水分の取り...

会社の保険証で病院で診察をすると内容などバレるのだろうか

病気の疑いがある時に、会社の保険証で病院に行く事がありますが行く病院によっては会社にその情報がバレる...

スピーチで緊張するときに使える薬とは?緊張の和らげ方

大勢の前でスピーチや大切なプレゼンのときには緊張してしまうものです。 あまりにも緊張していると...

職場でアスペルガーの人への具体的な対応について

職場で一緒に仕事をしていて、なんとなく違和感のある同僚や上司、部下はいませんか?冗談が通じなかったり...

赤ちゃんがタオルを噛む行動の原因と対処方法

小さい赤ちゃんがタオル噛むことは、よくある行動です。 子育てが一段落したママはそんな仕草を見る...

朝食にパンを食べるがんになる?その噂の真相を調査!

パンは朝食の定番ですよね?我が家ももう何年も朝食は毎日、パンです。 ですが、朝食にパンを食べる...

肉から摂取する栄養は主にタンパク質。食べないとどうなるのか

肉、食べてますか? 長生きしたければ肉を食べろ! VS 長生きしたければ肉は食べるな! どちらが...

入院している人へ出す手紙の例文 友達や上司などケース別に紹介

友達が入院したらとても心配ですよね。入院している友達は心細くなっているでしょう。 そんな時に手紙や...

夢が怖い!眠れない・・・怖い夢を見ないための方法!

怖い夢を見て眠れないなんて経験がある人はいませんか?楽しい夢は忘れてしまうのに、怖い夢は忘れられない...

腱鞘炎の注射でしびれは治まる?腱鞘炎の治療と予防について

なんだか腕や指や肘が痛い・・・なんてことはありませんか? もしかしたらその症状腱鞘炎かも!?治...

歯医者の通院期間が長い理由とは?良い歯医者を見つけよう

歯医者って通院期間が長くかかると思いませんか? 長くかかると通うのが段々面倒になってしまって、...

胎児の心拍が遅い!考えられる原因と心拍の正常値について

検診で「胎児の心拍が遅い」と言われてしまったら、赤ちゃんのことが心配になってしまいますよね。 ...

子供が歩く時期の平均は?平均より遅くても気にしないで!

子供の成長はとても早いもので、その成長のスピードに驚いてしまうこともあります。 子供の年齢が1...

スポンサーリンク

妻が陣痛で苦しんでいる時、旦那に出来る対応とは

●何を言われても寛容な気持ちで受け止める
陣痛中というのは、女性は痛みのあまり思ってもみないことを言ってしまったりします。想像を絶する痛みで、男性が経験すると気絶すると言われているほどです。その為、陣痛中はどんなことを言われても優しく受け止め、見守ってあげてください。

●マッサージ
陣痛中は、マッサージをしてあげると楽になるようです。特に、腰や尾てい骨付近を押すと良いんだとか。奥様の希望をしっかりと聞いたうえでマッサージしてあげてください。

●水分補給のお手伝い
陣痛中は動くのも辛く、口を開けるのも大変になるほど。そんな時の為に、ストローを用意しておくと便利です。しっかりと水分補給のお手伝いをしてあげてください。

●汗を拭く
いきむときに汗が出る他、痛みで脂汗も出てきます。そんな時に汗を拭いてあげると、女性も心が落ち着くはず。

●呼吸法をどうするか
呼吸法をどうするのかは、事前に話し合っておいた方が良いかもしれません。呼吸法を一緒にして欲しい女性にとっては強力なサポートとなりますが、一人で集中したいという場合は逆にストレスになる可能性があるからです。

陣痛で苦しんでいる横で、旦那なこんな対応をしていたケースも・・・

いよいよ陣痛が・・・!夫にサポートを頼もうとした時、夫は一生懸命メールを打っていたんです。

「え!?」と思いましたが、陣痛が来たから押して欲しいとお願いすると、急いで押してくれました。そしてまた陣痛の波が来た時に夫を見ると、再びメールを打っていたのです。

気になって覗いてみると、自分の母親に「痛がってるよ~もうすぐ産まれそうだよ!」「あと1時間くらいかな~」という内容のメールを送っていました。出産中継のメールを送っていたのです。

怒りたくもなりましたが、きっとお義母さんも心配しているんだろうなぁとそこはグッと堪えました。

しかし、陣痛が遠のくたびにメールを送る旦那を見てだんだんとイライラしてきてしまったのです。「出産中継はしなくていいから!もうすぐ産まれるんだから、産まれたら連絡して!」と心の中では叫んでいたものの、それを伝える余裕すらありませんでした。

もういよいよ産まれそう!というタイミングでもまだメールをしていたため、さすがに「もうメールはやめてよ!」と絶叫すると、やめてくれました。

いざ赤ちゃんが産まれると、夫は赤ちゃんにデレデレでメールをすることを忘れているようで、そんな姿に少し安心しました。

旦那はどう対応すべき?陣痛について知っておきたい事

陣痛が始まると、通常は約24時間で出産と言われています。もちろん例外もあり、2時間の超スピード出産の場合もあれば、48時間の長丁場となる場合も。日頃からしっかりと運動をし、予定日前には睡眠もとっておくなどして出産に備えておきましょう。

赤ちゃんが産まれる時というのは、子宮口が10cmに開いてから約2時間です。最初に2cmほど子宮口が開いてから、一気に開く場合もあります。

そして陣痛周期は15分に一度、1分ほどの痛みから始まります。徐々に陣痛がくる間隔が短くなってきて、間隔が2分になったらもうすぐ出産です。

旦那さんの食事というのは、一般的に出ません。そのため、事前にコンビニで飲み物や食べ物を買っておくことをおすすめします。もし奥さんが痛みで食事を食べられない場合には、代わりに食べることも出来ます。

男性用のシャワールームも基本的には無いため、陣痛が長く続く場合は数日お風呂に入れないこともあります。

医師や助産師さんが内診を行う際には、旦那さんは外に出されますので、その隙にお手洗いを済ませることをお勧めします。

陣痛中の妻にこんな思いをさせないで!旦那のあるべき対応とは

家の心配をさせないで!

出産を控えている入院中の奥さんが、「旦那の夜ご飯どうしよう・・・」と心配しているケースがあります。とても優しい奥様ですが、これから命がけで子供を産もうとしている時に、そんな心配をされている夫というのもいかがなものでしょうか。

出産後最低でも一ヶ月間、奥さんは家事をすることも出来ません。それなのに、数日間の生活ですら心配される夫というのは、出産後も戦力になると思われていないということです。「俺の心配はしなくて大丈夫だから、頑張って!しっかり準備して待ってるよ。」と言えるくらいになれたら頼もしいですね。

家族で出産待ち

「もうすぐ産まれそう」という連絡を受けて病院へやってきたお姑さん親戚が大集結し、「まだ産まれないの?」と陣痛室へ催促することがあります。陣痛真っただ中の奥さんは、正気を失い「帰って!!」なんて言ってしまうことも・・・。トラブルにならないためにも、陣痛開始時点で呼ぶのはやめた方が良いでしょう。

どう対応する?立ち合い出産をする際の旦那の心得

立ち会い出産というのは、ただ隣にいれば良いというものではありません。夫として、どのような対応をすれば良いのでしょうか?知っておくべき心得をご紹介します。

●妊娠・出産に関して理解しておく

奥さんは妊娠・出産に関しての情報収集を事前にしているものです。しかし旦那さんは、妊娠・出産に伴うリスクや当日の流れなどを理解していない人も多いのです。これらを理解しておくことで、当日陣痛で苦しむ奥さんを的確にサポートすることが出来ます。両親学級などに参加し、事前に知識をつけておくと良いでしょう。

●主役は奥さんと赤ちゃん

出産の際は、とにかく奥さんをサポートしてあげてください。「自分はこうしてあげたい」ということでは無く、「奥さんがどうして欲しいのか」を優先に考えましょう。とにかく、奥さんが気持ちよく出産出来るように手助けをすることが重要になります。

●血が怖いなら無理しない

出産の際には、大量に血も見ることになります。血を見て分娩室で夫が倒れてしまった・・・なんて話も聞きますので、怖いのであれば無理せず立ち合いは控えましょう。

 - 医療・健康